2016年07月22日 (金)激励の言葉をありがとうございます&
ゼネラル・エグゼクティブ・プレミアムディレクターに。。。

最近失言をした有働由美子です。
その失言について、
厳しいおとがめのファックスもいただきましたが
(なんのことかわからない方は、
わからないままで結構ですので、
ネット検索とかしないように。。。)
それ以上に激励のお手紙葉書をいただきまして、
本当にありがたいやら、
申し訳ないやら情けないやらの気持ちでいっぱいです。

なかには、
「正直なところが可愛いのですよ」という激励に加え、
「次回からは、もし自分に振られたらこう答えると
自分で自分にインタビューしておきましょう」

という的確なアドバイスや

「漏らしたことのない人には気持ちがわからないだけです。
私にはわかります。自暴自棄にならないで」

という共感というか、

その人にまでまた告白させてしまったという、
さらなる自責の念に駆られた上に、
一般的にはあんな失言で自暴自棄にまでなるのか、
そこまでなってなかった、、、と
また自分のデリカシーのなさにがっかりしたりと、
失言の余波にのみこまれております。

今後は、口を慎み、いや生き方自体を慎み、
粗相のないよう生きていきたいと思います。

だからというわけではないのですが、
今週、以下の写真のようなことになってしまいました。






20160722.JPG

ああ、ああ、あの、
ゼネラル・エグゼクティブ・プレミアムディレクター様の部屋に。。。

投稿者:有働由美子 | 投稿時間:18:30 | カテゴリ:有働由美子 キャスター | 固定リンク


2016年07月15日 (金)謎のペンション

どうも、最近「あさイチ」にあまり出ていなくて
「あれ?あさイチリポーターだよね?」なんて
言われてしまっている俊吉です。

実はここ最近、とあるペンションに行っております。

28071501.png
 
富士山の麓にあるこの建物の名前は、
「ペンション 笑けずり」。

今週のプレミアムトークのゲスト、
尾上松也さんが話していた
「爆笑ファクトリーハウス 笑けずり」という番組の舞台です!
尾上松也さんがナビゲーターを務めるこの番組は、
オーディションで選ばれた
『荒けずり』な無名お笑い芸人達が
合宿をしながらしのぎを削り磨かれるという、
お笑いドキュメンタリー(!?)番組です。
毎回、超有名芸人さん達が先生として
訪れてお笑いの授業をしてくれるという
夢のような合宿でもあります。
しかし・・・

2016071503.png
 
ここに私が現れるとき、何かが起きます・・・。

そう、番組のタイトル通り、
誰かが『けずられる』のです。
つまり、面白くない人はどんどん消えていく。
なんともサバイバルなお笑い番組です。

実は、去年第1シーズンの放送があったのですが、
そこで最後までけずられずに残り優勝したのが
あさイチの「ピカピカ学園」でおなじみ、
お笑い芸人のピンボケたろうさんの
コンビ「ザ・パーフェクト」なのです!
毎回出される「お題」に悩み、
苦しみ、そして絞り出す、
そんな苛酷な合宿を勝ち抜いたからこそ、
今のブレイクがあります。
次に出てくる、無名だけど面白い若手芸人は誰か!?
放送は、BSプレミアムで9月2日(金)夜10時から。
その前の週には、
去年の放送をおさらいする「第0話」も放送されます。
ぜひご覧ください^^

今回はおもいっきり番宣でした。すみません^^;
雄大な富士山を見ながら私も頑張ります!
もちろん、あさイチのロケも並行してやってますよ~

2016071501.png
 

投稿者:佐藤俊吉 | 投稿時間:18:00 | カテゴリ:佐藤俊吉 アナウンサー | 固定リンク


2016年07月08日 (金)「いくつになっても嬉しいもの」

こんにちは、リポーターの古野です。
私ごとで恐縮ですが、先日、年齢を一つ重ねました。

30を超えた頃から年や誕生日に対して、
あまり頓着しなくなっていまして、
書類などで自分の年齢を記入するときに
「え?いくつだったっけ??」ってことが毎回…。
この日もいつもと変わらない一日だったのですが、
後輩女子から連絡が…。

呼び出されて渡されたのは誕生日プレゼントとメッセージカード。
何?何?と開けてみたところ・・・
2016070801.jpg
出てきたのは、「マンゴー!!!」

2016070802.png
宮崎で働くもう一人の後輩が手配して、
2人がサプライズで用意してくれたものでした。

忙しい後輩たちが覚えていてくれて、
時間を割いてくれたことに心から感激し、
ありがたい気持ちで一杯に。
渡してくれた後輩の顔を見ていたらウルウルとしてきました。
年を取ると涙もろくなると言いますが、
こういうことなのかしら?

「あさイチ」では柳澤さん、いのっちさん、
有働さん、中谷さんなどなど、

素敵に年を重ね、
輝いている人生の先輩を間近で見させて頂いています。
いくつになっても好奇心旺盛、
楽しいことを追求していく姿に刺激をうけ、
私もそんな大人になりたいなぁって改めて思った一日でした。
(って、十分大人なんですが…)

投稿者:古野晶子 | 投稿時間:18:00 | カテゴリ:古野晶子 アナウンサー | 固定リンク


2016年07月02日 (土)「怖いもの...」

みなさん、怖いものってなんですか?
私、雨宮は、饅頭こわい!
(申し訳ありません。
ついつい落語ネタを入れたくなってしまいました。)

6月29日に放送した「夏の恐怖SP」では
アンガールズの田中さんがヘビを怖がる実験をおこないました。
じつは田中さんが行う前に、私も実験に挑戦したんです!
2016070101.JPG
オンエアはされずとも、頑張って体を張りました。

恐怖の決め手となるのが
「体温」「心拍数」「ストレスホルモン・コルチゾール」の変化です。
こちらは田中さんと私とディレクターのコルチゾール量の表です。
2016070102.jpg
田中さんはヘビに出会って、2倍も上がっていますが…
雨宮の数値、変わらない。そして、低い…。
おかしいな~、
日々、それなりにストレスを感じていると思うんですが。

いや、でも本当にヘビは怖かったんです!!
2016070103.JPG
怖いフリじゃないですから、本当に怖かった。
その場から動けなくなりました。

この回を担当したのが、こちらのディレクター。
2016070104.jpg
超絶スタイルのいい美人さんなんですが
意外と天然なところもある、かわいらしい女性です。
私はそんなパーフェクトヒューマンな女性が怖いです。
(あ…本音は、もちろんうらやましいです。笑)

「恐怖」がテーマでも、
ロケは終始笑いに包まれた楽しい現場でした。
以上、本当に怖いものは、
ハト・にわとり・カラスな雨宮でした。

投稿者:雨宮萌果 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:雨宮萌果 アナウンサー | 固定リンク


2016年06月25日 (土)特選エンタ、リニューアル

いきなりまず、写真から。
2016062501.JPG
この派手なというより、斬新な髪型。
金髪でも目立つNHKで、
金と黒の真ん中ストライプで出局するという
腹の据わりよう、ただものではございません。

そんな方に私、コントロールされています。
というより、
完全に支配されているんです。
でもそれが喜びに変わってきて・・・・・・・・。

私が担当している
金曜日の「特選エンタ」のコーナー。
半年ほど前から、
大きく変わったのはご存じ、で・す・よ・ね?

何が変わったのだ?と思っている皆さん。
悲しすぎます・・・・。
今年に入って
特選エンタは大きな歴史の分水嶺を迎えたんです。

それがこちら
2016062502.jpg
音楽コーナーの衣装・茶系ゴールド、ラメ入ってます。

そう、コーナーの衣装。
かつては、映画紹介でも
音楽紹介でも、書籍紹介でも
特選販売員として、
黄色のエプロンが私の正装でした。
廣田アナからその正装を受け継ぎ
重みを感じながらこのコーナーを担当してきました。
それはそれで良かったのですが、
黄色のエプロンから路線を変えよう!
と考えたのが、衣装担当ディレクター、
金と黒のストライプがトレードマークのIさんなんです。

それにしても、この新しい衣装。
普段の私なら絶対着ません。
初めて見たときは、
「派手シブ過ぎる・・・・。
今年48才になる自分が着るなんてこっぱずかしい。
いやいや、それよりNHKアナウンサーとして、
許されるんだろうか?」
などと考えたものです。

でもいざ、着てみると、なんとなく心地よい。
しかも何回着ても、
スタッフが、「目立つね~」と反応してくれ、
これまでになかった新鮮な気分を味わえます。
さらに先日は、あのハリウッドスター、
ジョディー・フォスターさんを 
腕を組んでエスコート。
昔の黄色のエプロンのままだったら
そんな演出ありえません。
この新衣装のおかげで
素敵な経験させてもらいました。

実はこうした衣装、
映画紹介や書籍紹介など内容により変わります。
書籍の時などは、季節や紹介する本によって、
腕につけるアームカバーの色まで変えたりしています。
そんなところにもIディレクターのこだわりがあるのです。
注目してください。

2016062503.JPG
私の衣装を支配するIディレクター、
これからも私を開発してください!

よろしくお願いします。

投稿者:中谷文彦 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:中谷文彦 アナウンサー | 固定リンク


2016年06月11日 (土)慣れないことはするもんじゃない・・・

一年に、一度くらいあるんです!
手作り弁当持参で出勤する日が。
前の晩の残り物を詰めてくるだけなんですが、
「今日は、ちゃんと女子しているって感じ~♪」
と少々鼻が高くなりますよね!なりますよね!

職場に電子レンジがあるので、
とりあえず、温めます。

2016061101.png 

で、食べようとした瞬間・・・

 2016061102.png

開かない!!

ふたを開けてチンした後、
すぐふたを閉めて持ち運んだら
開かなくなってしまったのです!
どう頑張っても無理!!

お弁当と5分くらい格闘していたら、
隣の席の古野先輩が帰ってきまして、
一緒に解決法をネット検索してくださいました。
古野さんありがとうございます(涙)
ホント優しい(涙)
しかも、
「これブログネタになるんじゃない?
料理もしていますよってアピールにもなるし♪」
と写真も撮ってくださってありがとうございます(涙)

ネット検索の結果、
もう一度レンジで温めて、
温かいうちにフタをあければいいのでは!という結論に。
無事、開けることができました(涙)

2016061103.png

(お弁当にロールキャベツ入れて、
汁こぼれるじゃないかというご批判は重々承知です。)

まあ、こんな話はどうでも良いんですが、
今年度、三輪はあさイチの他に
「ファミリーヒストリー」
(総合 木曜夜7時半~)
と「サンドウィッチマンの天使のつくり笑い」
(ラジオ第一 火曜夜9時5分~)
も担当しています!(急に番宣)

お時間ありましたらぜひ、ご覧ください!

投稿者:三輪秀香 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:三輪秀香 アナウンサー | 固定リンク


2016年06月04日 (土)右手は熊本、左手は大分

瀬田宙大です。
皆さんはことしの大型連休どのように過ごしましたか?
私は大分県の湯布院で過ごしました。
きっかけは地震の後、
最初に取材でお邪魔した益城町での出会いでした。

益城町では避難所に設けられた救護所など
医療の現場を取材させてもらいました。
そのとき大分県から派遣された
モバイルファーマシー=キャンピングカーを改良した動く薬局と
大分県薬剤師会の方々と出会いました。

2016060401.jpg

当時は地元の医師・薬剤師らと協力して
医療体制を急ピッチで整えていました。
あれからおよそ1ヶ月、
益城町の医療を地域に戻すべく救護所は閉鎖。
先月29日、モバイルファーマシーも
益城町を離れることになったと先日連絡をもらいました。

益城町での取材中、
大分から派遣された薬剤師の女性が
「大分も気になる」と仰っていたのが
ずっと引っかかっていました。
私自身、地震の直前、
温泉地を紹介する企画のロケで大分県にお邪魔していたので
お会いした皆さんは大丈夫だろうかという思いもありました。

お薬手帳の重要性を中心にお伝えした4月20日の放送後
すぐ大分県に入りました。

25日の放送でもお伝えしたとおり
湯布院の温泉街はほかの地域と比べ
被害は限定的で再開しているお店が多かったものの、
およそ3キロ山側に入ると状況は大きく違い、
家の片付けばかりで気持ちが持たないからと
田畑を耕している男性や
70年に渡り大切にしてきた家を壊すことを
決めた女性らと出会いました。
家の外構や塀が地震で倒れ、
道路にはみ出してしまい危ないのでと、
ハンマーで砕いているご家族もいらっしゃいました。
お話を伺ったあと少しですがお手伝いさせてもらいました。
ブロック塀を叩き割りながら、
大切な家を自らの手で壊さなければならない気持ちにふれ
言葉もありませんでした。

その後、再び大分県に入ったのは28日。
温泉観光地・湯布院が
どのように連休を迎えるのかお話を伺うためでした。
「右手は熊本、左手は大分」「九州はひとつだ」
という言葉にすべて集約されていますが、
その基礎は湯布院を協力して作り上げてきたんだという自信と
仲間意識にあると感じました。

2016060402.jpg

連休初日、温泉街の中心で
取材を続けていたところ震度5強の揺れが。
訪れていた多くの観光客は
道の真ん中に集まり身を寄せ合っていましたが、
その人たちを守るようにすぐに「大丈夫ですか」と
声をかける地元の皆さんに少しの安心をもらいました。
一日でも早く、地震前の活気が戻ることを願います。

先月末は大分県別府市にお邪魔しました。
別府市の中心部は一見地震の被害を感じませんが、
山側の地域を中心に
大きく崩れた箇所やブルーシートを目にしました。
その場所は通学路にもなっていて
子供たちが行き来していました。
日常と非日常が重なる登下校は複雑な気持ちになります。
それは子供たちも同じようです。

地震から二ヶ月となる
6月13日(月)の「あさイチ」では
子供たちのいまを見つめ、何が出来るのかお伝えします。


最後にこちら。

2016060403.jpg

先日番組でお伝えした熊本県西原村特産のシルクスイート、
きめ細かな口当たりと甘さが魅力の「から芋」です。
西原村にある「農業復興ボランティアセンター」では
いまもボランティアを募集しています。
番組でもお伝えした活気にあふれる”明るい避難所”の
運営の応援も含めよろしくお願いします。


九州は私にとって心のふるさとです。
社会人として、放送人として、
アナウンサーとしての礎はすべて九州にあります。
何度も被災した地域と東京を行き来するなか
刻一刻と変化する状況に、
私自身も頭がついていかない日もありました。
少しでも前を向ける人が
増えることをただただ祈るばかりです。
そして自分に何が出来るのか
日々考えて放送と向き合いたいと思います。

投稿者:瀬田宙大 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:瀬田宙大 アナウンサー | 固定リンク


2016年05月28日 (土)「そんなバナナ!」という近況報告

お久しぶりです。ヤナギーです。
前回、ブログを担当した時、
最後に「次回のブログは桜が満開の頃かな?」と書きました。
ところがどっこい、
時はめぐって、そろそろ梅雨入りかな?
という季節になってしまいました。
ヤナギーはこの間、
ちょうど大型連休が始まる直前でしたが、
かぜをひいてダウンしてしまいました。
しかし今はすっかり回復。
相も変わらず切れの悪い駄洒落を連発し、
イノッチや有働さんをはじめ
みなさんのひんしゅくをかうという、
いつも通りの日常を取り戻しています。
こんなことを書くと
「かぜが治らないほうがよかったのでは!」
という悪口も聞こえてきそうですが、
安心して下さい!私は大丈夫です。
年をとると、いわゆる「老人力」もついて、
ちょっとやそっとの罵詈雑言には
まったくめげなくなりました。
しかも物忘れも“順調”に進んで、
いやなことはすぐに忘れてしまい、
翌日に持ち越すこともなくなりました。
おかげでストレスも減って実に健康そのものです。

そんな訳で、
5月26日の「どうなのヤナギー」のコーナーでは、
いわゆる「パナマ文書」に
端を発した税金逃れの問題を取り上げ、
ヤナギーはやりたい放題、言いたい放題でした。
パナマを身近に感じて頂こうと「パナマ帽」をかぶって登場。
「似合うよ!」というイノッチや
ゲストのみなさんの掛け声で図にのり、
金持ちだけが得をして、
つつましく暮らす正直者がバカをみる、
「そんなバナナ!」ことがあってはならな~い!と絶叫。
納得がいかないことには、みんなで「ずる~い!」「せこ~い!」と
声をあげ続けよう!と檄を飛ばしで
コーナーを締めくくりました。
我ながら「困ったもんじゃの~!」と
度し難い自らのバカさ加減に呆れていますが、
みなさん!これがヤナギーなんです。
どうか諦めて下さい!
季節は鬱陶しい梅雨、
そして猛暑?の夏へと向かいます。
バナナでも食べて元気に厳しい季節を乗り切りましょう。
近況報告でした。
ではまた。

2016052801.JPG

投稿者:柳澤秀夫 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:柳澤秀夫 解説委員 | 固定リンク


2016年05月21日 (土)「ナレ死、そしてイノッチの誕生日ミュージカル」

有働です。
あさイチのブログなのにすみませんが、
大河ドラマ「真田丸」の語りを担当しています。
あさイチ宛のファックスメールに、
「●●武将をナレ死させないで」
という嘆願が届きます。
ナレ死=武将の死がナレーションで
表現されるということだそうです。

私も、最初のころ思いました。
大河一話の出だしの語りで
「信玄の死から九年」ってもう武田信玄死んでるしぃ~、
二話では息子の勝頼さんを葬り去り、
武田家滅亡を、台本3行で終わらせてしまったし、
四話では織田信長さんを、
炎の中で兜が崩れ落ちる映像だけで、
「天下統一を目前に、織田信長が、死んだ」って
一行やん!と。。。

なんか、私が殺ってるわけではない、
あくまで三谷幸喜さんの作なのですが、
嘆願などをいただくにつれ、
申し訳ない気持ちが芽生え、
罪悪感さえ生まれております。。
台本をいただくと、誰かの死亡のくだりがないかを、
まず探すようになってしまいました。職業病です。
ま、でも、このナレ死、癖にもなってしまって、
この武将の死はどう読もうかとわくわくしてくるあたり、
自分が怖いです。

さて、怖さを吹き飛ばす!
年に一度のあさイチ恒例の“内輪”イベント!!
イノッチのバースデーを祝う会
今年は、ミュージカル仕立てでした。

放送終了直後暗転したスタジオに、
いきなり駒ちゃん(駒村多恵さん)が
電子ピアノを弾きながら登場、
高らかに弾き語りで歌い、

2015052101.jpg

それに合せてわたくし魔女にふんして登場、
全力のダンスを披露し、
わたしの魔法にかかってしまった
若くかわいい御姫様(フロアディレクター)が、
宮下君扮した王子様や、柳澤解説委員の導きで、
イノッチの「愛なんだ」の曲で目覚めるという、

2015052102.jpg

2015052103.jpg

2015052104.jpg

えっとまあそういうシンプルっていうか
まあそんな感じのものだったんですが、
これが、もう。森の小人A(Yプロデューサー)
小人B(佐藤俊吉アナ)小人C(三輪秀香アナ)の、
棒読みなこと、棒読みなこと、
一応あなたたちテレビ局に勤めてるのに
どんだけ棒読みなの!
とグダグダな感じで終始したミュージカル。
でもそれをみて、
イノッチは「ありがとう」と感動してくれました。

ああ、受け止めてくれるイノッチがいてこその、
毎年のグダグダの誕生日イベント。
もはやイノッチにとってお祝いになってるのかどうか、
今年もわからない感じでしたが、
いつもくれるみんなへの優しさと愛を5月17日はお返し!
40歳の節目のお誕生日、おめでとうございます!

2015052105.jpg

2015052106.jpg

2015052107.jpg






投稿者:有働由美子 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:有働由美子 キャスター | 固定リンク


2016年05月14日 (土)「しゅんきちです」

この春から
新しくあさイチのリポーターに加わりました
佐藤俊吉です!

小学校中学年ぐらいまでは
何の疑問も抱かずに育っていましたが、
ある時「おや?」っと
自分の名前が古風なことに気付きました。
それでも苗字が日本一多い分、
特殊な名前で良かったなと思っています。
どうぞ皆様、「しゅんきち」とお呼び下さい。
簡単に自己紹介しますと、
ぞろ目の33歳、おとめ座のA型。
曲がったことは大嫌い、
机の上のものがずれていると
真っすぐ直したくなる性格です。
こう見えて(?)2児の父、イクメンまっただ中です。
子育てにお悩みの女性の味方になれるよう、
より良い情報をお届けしていきますので
どうぞよろしくお願いします!

4月にあさイチに初登場した時に
「特技はどんな話も拾うレシーブ力、
当面の目標は柳澤さんのオヤジギャグを全部拾うことです」
と言ったところ、こんなFAXをいただきました。
2016051401.png

柳澤さんのこぼれ落ちるギャグを拾う私だそうです。
うまい!
鳥取市の松田さん、
素敵な絵をありがとうございました!

あさイチ班に来て気付いたことがあります。
出演者やスタッフが柳澤さんのギャグを
あえて拾わない瞬間があります。
何でも拾ってしまう私は
一人でドキドキしているのですが、
何事もなく話は進んでいきます。
あ、これも一つの優しさなんだと理解しました(笑)
そんな和気あいあいのあさイチ班です。
今後は「拾わない勇気」も身につけつつ、
頑張っていこうと思います。

さて、先日あさイチのホームページが
リニューアルされましたね。
パソコンで見ると、実は随所に遊び心が・・・。
2016051402.png

リポーター陣の色んなポーズが見られるかも!?
ぜひ、色々クリックしてみて下さい。


もう一つ。
先月の熊本地震の発生以来、
熊本に何度も取材に行っています。
初任地が福岡だったので、
九州は大好きな土地です。
熊本にも、阿蘇の高原をドライブに行ったり、
温泉に行ったり、おいしいものを食べに行ったり、
たくさんの思い出があります。

2016051403.png
地震後に撮影した阿蘇の雄大な自然。
よく見ると、山肌のあちらこちらに
茶色い筋がありました。
地元の方に聞くと、
今回の地震で崩れた部分だそうです。
大きな被害が出た阿蘇大橋の周辺だけでなく、
多くの場所でこうした被害があります。
本当に、これ以上の揺れ、
そして大雨によって
被害が広がらないことを祈るばかりです。

避難所や街中ではこんな文字が多く見られました。
2016051404.png

被害を受けた方々を励ますため、
そして地元の人が自分たちを
鼓舞するために使っている言葉です。
これを掲げて支援をしている人達に数多く出会えました。
私たちは、皆さんの苦労や頑張る姿を
伝えることしかできませんが、
それを伝えることで
次の支援につながれば、という思いです。
今後も、あさイチだからこそできることは何なのか、
何をすべきなのか、
それを考えて取材をさせていただきたいと思います。
がまだせ!熊本!大分!

投稿者:佐藤俊吉 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:佐藤俊吉 アナウンサー | 固定リンク


ページの一番上へ▲

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

RSS