2017年04月21日 (金)はじめまして!

4月からあさイチに加わりました、佐々木彩と申します。
昨年度までの4年間は「ニュースウオッチ9」、
心機一転、朝の時間帯でがんばるぞ!
と意気込んだものの、
放送予定の変更などでなかなか出演の機会がなく…。
病気をしているんじゃないか、
いやいやオメデタじゃないか、
はたまた、アイツ何かやらかしたんじゃないか。
さまざまな心配の声を寄せてくださった皆さん。

安心してください。私はいたって元気です。

お伝えしたのは「旅行のネット予約トラブル」。
便利な反面、よくよく、契約内容を確認しないと
思わぬ落とし穴があるものです。
大型連休にお出かけの方、
予約確認書や問い合わせ先をお手元にご用意の上、
行ってらっしゃい!

sasaki.jpg
きょうの放送では女性リポーターがずらり。
貴重な機会、偶然にも色が信号みたい…

皆さま、今後ともよろしくお願いします!!!

投稿者:佐々木彩  | 投稿時間:16:00 | カテゴリ:佐々木彩 アナウンサー | 固定リンク


2017年04月14日 (金)あさイチin南阿蘇

1.jpg

瀬田です。
いや~南阿蘇って本当にいいところですね。

放送上どの程度伝わっているのかわかりませんが、
南阿蘇はいま桜が満開。

2.JPG

こちらは番組でも少しご紹介した一心行の大桜の写真です。
夜間はライトアップもしているそうです。

南阿蘇のステキは他にも!

seta3.JPG

例えば南阿蘇鉄道の各々の駅には素敵なカフェと
あたたかく迎えてくれる店主の皆さんがいらっしゃいますし、
鉄道自体も明日から漫画のキャラクター揃い踏みの
ラッピング列車が8月末まで走ることになっています。
さらに、村内各地に点在しているカフェ・レストラン、
ペンション、ドッグランなどのほか、
夜は星空が、朝は朝靄と阿蘇の山々の饗宴が楽しめるなど
自然豊かな原風景などもあって
魅力を挙げ始めるとキリがありません。
そして何より、この村で暮らす皆さんがとにかくあたたかくて、
一度来たら自然と「また来よう」という言葉が湧いてくる
本当に素晴らしい場所でした。

こうして前を向いている、
歩みを進めている人たちがいる一方で、
山あいの地域を中心に深刻な被害の爪痕が
今なお残ったままになっています。

それでも地獄温泉の河津さんは
「自分たちは現状に注目してもらえる分まだいいけど、
一緒に地域を盛り上げてきた集落の人たちには
なかなか光が当たらない。
どちらかだけが元気になっても仕方なく、
温泉も集落も、ともに立ち上がることが一番大事なんだ」
とおっしゃっていました。
放送でもお伝えした
「温泉はお湯に人が入ってこそ温泉。必ず戻す」
という河津さんの言葉にも通じる、
この地域で生きていくんだという強い覚悟を感じました。

seta4.JPG

現在はご自身の旅館の復旧を少しずつ進めつつ、
地震を契機に繋がりを結び直した
地元の観光関係の皆さんのまとめ役もされています。
実際に南阿蘇に足を運んでもらい、
多くの人に現状を見てもらって、
それに加えて自分たちの言葉でその状況や
今後どうしていきたいのかを
伝えることが重要なんだと話す河津さん。
「負けないぞ」のガッツポーズを放送直後に見せてくれました。


また、あか牛と阿蘇野菜の美味しさをご紹介してくださった
イタリアンシェフの宮本けんしんさん。
お店は熊本市内にありますが、
建物や食器に被害がありました。
事前に取材でディレクターらとお邪魔した時、
3人に出されたコーヒーのカップが全て違うものでした。
お店の再開に支障が出ないようにと、
お知り合いからお店に寄せられたものなんだそうです。
気が付きにくいところにも、地震の被害と
人と人との繋がりがあるのだということが印象に残っています。

seta6.JPG

地震の一週間後から地区の避難所で
炊き出しを始めるなどこの一年、
ふるさと熊本の再興に向けて働き続けてきたシェフが見せた、
調理を終えた後の最高の笑顔は
景色と一緒にお土産にしたいと思います。


あ、佐野さんは本当に名物ですね 笑

seta5.JPG

イノシシカレーとコーヒーのセット楽しみにしています。


最後になりますが、今回の南阿蘇からの放送に
ご協力くださった皆さん。
本当にありがとうございました。

また、会いに行きます。

投稿者:瀬田宙大 | 投稿時間:17:30 | カテゴリ:瀬田宙大 アナウンサー | 固定リンク


2017年04月07日 (金)熊本に行きます!

有働です。
まずはこの二枚の写真をご覧ください。

udo1.jpg

udo2.jpg

美しすぎるこの景色は、熊本県南阿蘇。
こんな壮大な景色を前にしたら、
国民的独身、とかそんな言われ様、
もう全然気になりません。

あさイチは、4月14日の金曜日。
この南阿蘇に番組ごと生中継でお邪魔いたします。
熊本地震から1年。
観光地、南阿蘇が今どんな様子なのか。
なんと列車に飛び乗ったり降りたりしつつ、
南阿蘇の魅力と、地震から1年の課題を探しに行きます。

そこで皆様に、メッセージ募集のお願いです。
南阿蘇に行ったことある方!
そこでの淡い思い出や楽しい思い出をお送りください。
阿蘇のどんなところがすばらしいか、素敵か、
ぜひ詳しく書いてあさイチに送ってくださいませ。
そして南阿蘇の皆さん、地元自慢をぜひ。

熊本の皆さんへのメッセージ。
熊本の皆さんから全国の皆さんへのメッセージ。
私たちに伝えさせてください。
お待ちしています。

メッセージはこちらで募集中です!
https://www1.nhk.or.jp/asaichi/form/index_170414.html

投稿者:有働由美子 | 投稿時間:18:00 | カテゴリ:有働由美子 キャスター | 固定リンク


2017年03月27日 (月)旅づいてます

blog1.jpg
瀬田です。
朝靄が幻想的な熊本県南阿蘇村。
4月14日放送の「あさイチ」のロケで伺いました。

blog2.jpg

こちらは新たな大阪名物?!諒くんポーズ。
あれ?こんなアングルで撮れる場所あったっけ?!
と思った方はぜひ放送を!

blog3.jpg

さらに病みカワイイといま人気の作品を描く
「よいこのための悪口メーカー」こと
原田ちあきさんのアトリエにも潜入しました。
女性に限らず男の私でも共感する作品が
ザクザクありました。
心が解放されるあの感じ、快感です。
4月6日放送予定のジャパナビでは
人の本性をあぶり出す彼女の魅力や
大阪らしさ爆発のディープな魅力をお届けします。

さらにさらに・・・

blog4.jpg

一枚では表現ができない
南イタリア・プーリア州サレント地方の旅。
今月29日、BSプレミアムで午後10時から放送予定の
「一本の道~太陽と海と風の大地を歩く イタリア・サレント地方~」の
ロケの思い出です。

この番組は地元の人の案内でアナウンサーが旅をするもの。

blog5.jpg

今回はサレント地方出身の
フランチェスカ・パラマさんとともに6日間歩きました。
サレント地方はアドリア海を隔てて
ギリシャやバルカン半島と向かい合い、
古くから異なる文明が交差する
歴史的にも興味深い所です。
イタリアの台所とも呼ばれる穀倉地帯で
本当に多くの農家さんと出会いました。
豊かな自然とともに生きる人々には
強い憧れを持ちました。
同時に「豊かさとは一体なんなのか」
「人として生きる喜びとは」・・・・などなど
色々考えさせられる旅でもありました。
人生の道しるべともいうべき素敵な人々が
たくさん出てきます。
よかったらこちらもご覧ください。

と、楽しいことばかりだったこの3ヶ月。
ふとカレンダーを見ていて気がついたのですが
今日までの83日中、自宅に帰ったのは47日・・・
半分近く出張先で過ごしていたんですね。
今さら気がつきました。

そんな私に先日、家族から素敵なプレゼントが。

blog6.jpg

機内持ち込み可のキャリーバッグです。
感謝感謝ですね。

さぁ、次は何処へ!

投稿者:瀬田宙大 | 投稿時間:16:00 | カテゴリ:瀬田宙大 アナウンサー | 固定リンク


2017年03月24日 (金)桜開花と共に・・・・・・・。

中谷です。
桜の季節って、別れがつきもの。
美しい桜を見ると、春が来る喜びだけじゃなく、
ちょっと切なくなるのは私だけでしょうか?

しかも、山形に赴任した3月21日は
東京で桜開花のニュース。

そのせいか、ちょっと「あさイチロス」気味の私です。

ちなみに、山形の桜の名所 霞城公園の桜はまだ、
こんな感じです

DSC_0159.JPG

DSC_0157.JPG

 
と、ここまでは、お別れブログなので
センチメンタルな感じで書き出してみましたが、
やっぱり、感傷にひたる文章って難しい・・・・。
普段通りに戻します。

6年間本当にありがとうございました!
何より、ありがたかったのは、
あさイチ最終出演の日、たくさんのメールを頂いたことです。
リポーターとして反省する事も多かった私でしたが、
6年間やってきて良かったと心から思えた瞬間でした。
頂いたメールは 山形に持っていき励みにしたいと思い、
引っ越しの荷造りの段ボールに大切にしまいました。

1490248969425.jpg

1490248974924.jpg

 

 

また、インスタグラムでもたくさんのメッセージを頂き、
感謝でいっぱいです。
ただ、メッセージを読んでみると、
果たしてNHKのアナウンサーが頂くものなのかというのも多く、
例えば「ピコ太郎、忘れられません。」
「フレディーマーキュリー衝撃過ぎでした」
「フレディー爆笑でした」、
さらには「コスプレ姿が一番しっくりくる中谷アナ」と、
もはやNHKアナウンサーではありえないものもあり、
ついには「中谷さんがアナウンサーって知らなかった」というものも。
あさイチの6年間で私のNHKのアナウンサーとしてのイメージは
ずいぶん変わったんだなーと実感しました。


それと共に
そんな私が山形でニュースを読んでいいのだろうか・・・・。
しかも夕方のメインニュース担当だし・・・・。
と不安もさすがにわいてきたのです。
しかし、頂いたメッセージの中には
「山形でもコスプレ頑張ってください」とか
「山形で炸裂してきて、また戻ってきてください」などが・・・・・。
いやーありがたいんですが、
山形のメインニュースでコスプレ炸裂したら、
別の意味で山形から出されちゃうんじゃないかと思います。
せめて炸裂しないくらいのコスプレには、
チャンスがあれば挑戦しようかなーとは思ってますので、
山形の皆さん注目してください。
ただし、「チャンスがあれば」です。

そういえば、山形駅を降りて歩いていると 
知らない女性から「お帰り!本当に山形来たんだね」
と声をかけられました。
山形県民も、まさかニュース担当で来るとは
信じがたかったのかもしれません。
6年ぶり3回目の山形。
あさイチの経験を生かして
(生かすのが果たしていいのだろうか・・・?とも思いつつ)
頑張ります。
全国の皆さんまた逢う日まで!
あらためて 6年間ありがとうございました

投稿者:中谷文彦 | 投稿時間:16:00 | カテゴリ:中谷文彦 アナウンサー | 固定リンク


2017年03月16日 (木)3年間、ありがとうございました!

こんにちは、リポーターの三輪秀香です。
3月15日の放送をもちまして、
あさイチを卒業することになりました!

3年間、みなさまからいただいた応援、
励まし、ご指摘のメッセージのおかげで、
私自身、とても成長できたと思っています!

あっという間でしたが、思い返すと、
雪にまみれた中継をしたり、
コスプレしたり(複数回)、
スッピンをさらしたり・・・
なかなか体を張っていたような気がします。
でも、全部良い思い出です。

3月は、昔は新しい生活が始まる♪
と思ってわくわくしていましたが、
30歳過ぎたあたりからは、自分だけでなく、
まわりが変化していくことさえ
寂しく感じてしまいます。。。
桜を見るのが切ないです。。。
いまもおびえています(重症)

大好きな仲間にも恵まれたあさイチを
離れるのは本当に寂しいですが、
この経験を糧にこれからも頑張っていきます!

またいつか、どこかで!
20170317.JPG
(放送終了後みんなと♪)

投稿者:三輪秀香 | 投稿時間:16:00 | カテゴリ:三輪秀香 アナウンサー | 固定リンク


2017年03月03日 (金)「もってる?もってない?」

どうも、『もってない男』、俊吉です。
みなさん、思い通りにいかないことって、
多いですよね?
私もそんな一人でして・・・。
先日、ひな祭り直前に
千葉県勝浦市から中継を担当しました。
びっくりするようなひな壇があるということを
お伝えしに行ったのですが、

そのひな壇がこちら!
20170303001.jpg
もう、上の方は何がなんだか(笑)
神社の60段の石段に
1600体のひな人形が並ぶ圧巻のひな壇です。

何がすごいって、祭りの間の10日間、
毎日、地元の商店会のみなさんが朝並べて、
夜にしまっているのです!
しかも、みなさんお店をやってらっしゃるので
朝8時から9時までの1時間しか
並べる時間がありません。
1段ずつの人形が入ったケースを
バケツリレーのように
上に運んでは降ろす作業を30人ほどで行います。

ちょうど「あさイチ」の放送中なので、
地元の皆さんの陰の努力を
ぜひ生中継でお伝えしよう!
そんな意気込みで行きましたが、
当日の予報はあいにくの雨・・・。
雨が降ると人形が濡れます。
人形は濡れると傷みます。
したがって雨が降ると・・・人形は並べません(涙)
なんてこったいと思っていましたが、
そこには勝浦のみなさんの秘策がありました!

それがこちら!
20170303002.png
分かります?
え?
分からない?
そう、分からないぐらいの秘策、それは・・・

この人形、実は写真なんです(笑)
20170303003.jpg

これまでも雨が降ると人形の展示がないので
観光で訪れた方に残念な思いをさせていたことに
心を痛めた地元のみなさん。
ならばと、去年からこの写真パネルを導入。
一段ずつ写真を撮り、石段に貼り付けています。
そうすると、あーら不思議。
遠くから見ると何の遜色もない!?
実際、雨の日にこの神社を通りかかった人は
本物の人形だと思っている人、
多数だそうです(笑)

勝浦のみなさんのおもてなしの心を
違った形でご紹介できたので、
これはもしや雨が降って逆に良かったのでは?

ということで、『逆にもってる男』、俊吉でした。

投稿者:佐藤俊吉 | 投稿時間:17:30 | カテゴリ:佐藤俊吉 アナウンサー | 固定リンク


2017年02月24日 (金)「斬新な食べ方」

春一番が吹きましたね~、
冬から春への移り変わりの今の時期が好きです。
花粉さえ飛んでこなければ、もっともっと 
もろ手をあげて春を歓迎できるんですけどもね…。


さて、先日、あさイチの居室で驚いたのがこちら。
20170324003.jpg
「いちご軍艦!」

そう、ご飯にマヨネーズ、
海苔がまかれた上に乗っているのが い・ち・ご。
思わず「えぇ~!!」って二度見してしまいました。

 “JAPA-NAVI”で
佐賀局の酒井アナウンサーが
佐賀県のおいしいグルメを紹介したんですが、
地元の老舗すし屋さんで出される
“さがほのか”グルメなんだとか。


先輩、どうぞ、どうぞ!
20170324002.jpg
中谷アナウンサー、すすめられてパクリ。

で、この表情・・・。
20170324001.jpg
んん?イチゴと軍艦って合うの?
合わないの?表情からは分からない~。


食べてみたら……またびっくり!
意外と合うんです。
イチゴの甘みとほのかな酸味がマヨネーズにも、
ご飯にも、海苔にも合う!!
サラダ感覚で食べられて、美味しかったです。
「外国で“すしにフルーツを入れる感覚”って
これなのかも」って妙に納得しました。

家で出したら話題になること間違いなし。
お試しあれ~。


余談ですが、
“いちご”の季語って「夏」なんですって。
ハウス栽培が当たり前になっていて
冬にもケーキにのっているのを良く見ていたので、
初春の季語かな?って思っていました…。

投稿者:古野晶子 | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:古野晶子 アナウンサー | 固定リンク


2017年02月17日 (金)支援者?プロ??寄り添い人???補助輪????

20170216001.jpg

先日の放送で災害支援を仕事として行う人たち、
番組では災害支援のプロフェッショナルと表現しましたが、
支援者の皆さんの活動の様子をお伝えしました。

東日本大震災、常総水害、東北豪雨、熊本地震など
私自身、被災地取材に行くたびに
経験・スキル・ノウハウ・責任感・行動力のある 支援者 の存在が
被災した人たちにとっていかに大きな存在なのかを痛感してきました。

しかし、
私自身もこれまでは
被災地だけでお会いする人たち、
取材対象と取材者という距離でのお付き合いだったので
恥ずかしながら「そもそもどのような人たちなのだろうか」
「普段はどうやって暮らしているのだろうか」などなど
知らないことだらけでした。


今回、頼政さんのご自宅でご家族ともお話をしたり
事務所で活動全般について教えてもらったり、
放送前にNHK=被災した地域ではない場所で
一緒に過ごしたりしたことで
誤解を恐れずにいうと
「普通に、自分と同じ時代を生きてきた人なのだな」と
安心をしました。
もちろんアンテナの張り方や感性は
皆さんの素の部分に触れれば触れるほど
勉強にもなりますし、
リスペクトはしていますよ。
そういった前提はありながらも
今回より身近に感じられたことで、
自分にもきっと、
もっとできることがあるのだなと
背中を押してもらったような感じがしました。


番組では十分にお伝えする時間がありませんでしたが、
皆さんはいまの活動と真剣に向き合いながら
10年後、20年後、30年後…
次の世代が「こういう生き方もあるよね」と
当たり前に選択肢に入ってくるような時代を目指している、
先輩達が築いた土台にどのような”家”を建てるのかは
自分たち次第だと語る姿が印象的でした。
表現はそれぞれでしたが気持ちはきっと一つなんだと思います。

20170216002.jpg

災害NGO結 代表の前原土武さん
石巻復興きずな新聞舎 代表の岩元暁子さん
被災地NGO恊働センター 代表の頼政良太さん
皆さんを応援する様々な書き込みが
放送後、SNSやブログに出てきていることは
私もうれしいです。


番組中にご紹介しきれなかったことがもう一つ。
皆さんに呼びかけた「呼び名」の案です。
放送中だけでおよそ800件のFAX・メールを頂きました。
年齢層も幅広く
「カタカナだとよくわからない」とか
「あえてイマっぽい方が馴染みやすい」などなど
世代によっても考え方は様々。

一部ですが、ご紹介します。


助け隊(タスケ隊)
災害支援のサポーター
災害ヘルパー
リリーバー(reliever)
救済者
支援サポーター
絆サポーター
JSS(Japan Saport Specialist)
復興コーディネーター
復興コンダクター
災害支援ワーカー
災害支援士
被災支援士
リリーフ(relief)
助け人
災害支援マネージャー
SGS(Sai Gai Shien)
支援員
ディザスターセイバー
ヘルピスト
災害ケアマネ
支援ワーカー
復興支援コンダクター
支援屋
災害支援マスター
災害支援仕事人
プロンティア
シエンティア
DAPJ(Disaster Assistance Professional Japan)
リフォーマー
復興カウンセラー
災害オーガナイザー
災害コーディネーター
リスタートポインター
災害復旧のシェルパ
職業支援者
ボランティアプロデューサー
支援レンジャー


この場を借りても紹介しきれないほどのご提案、
本当に本当にありがとうございました。

20170216003.jpg

最後は通称トムポーズで。
この指とまれで人の輪がもっともっと出来ますように。

投稿者:瀬田宙大 | 投稿時間:16:00 | カテゴリ:瀬田宙大 アナウンサー | 固定リンク


2017年02月10日 (金)春はマンネリ?

足元から果ては世界まで、
昨今どちらを見ても不愉快なこと、
いら立つことが実に多い~!
何がって?そりゃ~諸々数え上げればきりがないし
具体的に口にすれば、
きっと角が立ち弓矢や鉄砲弾が飛んで来そうなので
ここはじっとこらえますが、
とにかくこのところ、
ヤナギーは悶々とした日々をおくっていたのであります。

立春をすぎても春はまだ名のみ。
身にしみる寒風の冷たさも手伝って身も心も委縮。
このままではいかんと自分に言い聞かせてはみたものの、
気持ちをスイッチさせるヒントすら見当たりませんでした。
去年の朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の口癖よろしく
「どうしたもんじゃろのぉ」といった感じでした。
それでも最近、ボーと空を見上げながら歩いていたら、
ちょっとばかしいいものを見つけました。

20170210.JPG

透き通った青空をバックに咲いていた梅の花です。
可憐で淡い色の梅の花は不思議と心を和ませてくれます。
あ~救われる!そんな実感がこみ上げてきました。
と、ここまで書いてきて、ふと思い出しまた。
たしか去年の今頃も
<あさイチ>のブログで梅の花のことを書いていたような?
確認したらやっぱり。「春が来た!?」というタイトルで
同じようなことを書いていました。

ヤナギーはどうも発想が貧困というか、
マンネリというか。
いけませんね。
今後、改善すべく努力はしてみますが、
あまり期待しないで下さい。
とはいえ「そもそもお前に何も期待していない!」と
鋭い突っ込みが飛んで来そうなので
今回はこのへんでお茶を濁すことにします。
ではまたごきげんよう。

投稿者:柳澤秀夫 | 投稿時間:17:30 | カテゴリ:柳澤秀夫 解説委員 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

RSS