2012年03月31日 (土)ありがとうございました&これからもよろしくお願いいたします♪


本日をもちまして、あさイチを離れることになりました。
今まで本当にありがとうございました。

最後の出演は今月22日の特集「桜ものがたり」でした。
震災や、日航機の墜落事故・・・さまざまな辛いできごとを経験した方々が
桜を植え、桜に思いを託し、そして癒されるというお話でした。
皆さん、ご覧くださいました?
私、あんまり、オンエア中にうるっと来たりはしないタイプなのですが、
今回ばかりは、ナレーションしながら、危うく泣きそうになりました。

・・・桜という花は、なぜこうまで私達の心を惹きつけるのでしょうか?
その答えが、今回少し分かったような気がしました。

まず、咲く季節。
年度替わりの、出会いと別れの季節に咲きます。
出会いや別れの思い出が桜の景色と共にある、という方は、きっと多いはずです。

しかも、咲くのはほんのわずかな期間だけ。
いつも日常的に見られる花ならば、それと共にあるエピソードも多すぎて、
あまり印象に残らないでしょう。
わずか10日ほどの短い花の命だからこそ、思い出が鮮明に残るのだと思います。

もうひとつの理由、答えは、今回の取材先、能仁怜子さんの言葉にありました。
27年前の日航機墜落事故で末娘を亡くされ、
事故の犠牲者と同じ数、520本の桜を植えた方です。

「桜は人生に似ている。」

ほんのわずかな時間しか咲かないけれど、
そのために厳しい冬に耐え、乗り越え、散ってもまた咲き誇る。
そんな姿が人生に重なるというのです。

良く
「桜の散り際の潔さが武士道に通ずる。だから日本人は桜が好きなのだ。」
などと言いますが、
散る姿の美しさもさりながら、
厳しさに耐える再生の美しさに、私自身も強く共感しました。

今、まさにお花見の季節。
もう少し若い頃は(今も若いと思っている)
忙しさにかまけていると、あっという間に桜の季節が過ぎて、
「あ~、今年も桜、見られなかったな~。」
などということが良くありました。

人との出会いも、桜の花との出会いも、まさに一期一会。
去年は震災の直後でお花見どころではなく
今年の桜を、例年以上に心待ちにされている方も多いことでしょう。
私も、いろんなことを考え、感じながら、
今年は、ゆっくりと桜の花を愛でたいと思っています。
もちろん、その中には、
あさイチでお世話になった皆さんへの感謝も含まれています!
一年間、本当にありがとうございました!!!

4月2日からは、なんと!あさイチの裏番組に参ります。
ラジオ第一放送、朝の新番組「すっぴん!」という番組です。
(ホームページ→http://www.nhk.or.jp/suppin/
裏番組、と申しましたが、
あさイチより前に始まり、あさイチが終わってもやっています!
朝8時~11時50分のおよそ4時間。もちろん生放送です。
あさイチファンの皆様からの、リクエスト、ご意見、苦言も大歓迎!!
ぜひ一度聞いてみてください。

また、皆様とオンエア中に「出会え」ますことを、心から楽しみにしています。
・・・感謝!

120331.jpg

投稿者:藤井彩子 | 投稿時間:10:00


ページの一番上へ▲

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

RSS