2015年08月22日 (土)遊んでもらっているのは、わたし?


「あさイチ」でよく使われる私のプロフィール「2児の父」。
私自身も普通の父親を自覚してきました。
しかし、子供とこんな会話があったんです。

私「おーい 今日天気いいから、多摩川でも遊びに行こうか?」
子供「そうだね。でもやらなきゃいけない宿題とかあるから、ちょっと待ってて
もう少ししたら遊んであげる!」
私「・・・・・爆笑」

おおいに笑わせてはもらいました。お腹も抱えるくらい。
でも、でも、でも、消せない感情が~~~。

「父親の威厳は一体どこへ?自分は果たして普通の父親なのか?」

子供と遊んで来たのには理由があります。
「あさイチ」で子育てに関する特集をたくさん担当してきた中、
取材でよく聞いた言葉が「子供と一緒に過ごせる時間は、
実はあっという間」という一言。
だからこそ時間が空いたら、なるべく子供と遊んできたんです。
言わせて頂ければ、時間を工面する大変さだってあったんです。
一人船でタイ釣りに行きたい日も、子供と行ける多摩川の小物釣りにしてきたんです!
それなのに、遊んでもらっていたのは私・・・・・?

しかし妻は「遊んであげる」発言に納得の様子。
「確かに一番楽しんでいるもんね」と冷静な一言。
そこで子供たちと遊んだ過去を振り返ってみました。
キャンプで川遊びをした時、子供が流されないよう注意するのが親の役目。
しかし、我が家のホームビデオを見ると、
水中メガネで川魚を夢中で追っているのが私で、
子供2人は心配そうに私を見つめていた。
近くの多摩川に出かける時は、子供用の魚とり網と共に、
大人用の釣り道具&投網まで持っていく(投網も漁業権購入済み)。

20150822.JPG
(ちなみにこれが投網で採れた鮎です。)

数年前の夏はセミの脱皮を子供と観察。
子供が寝てしまった後も夢中になって
一人ビールを飲みながら観察を続けていた・・・・・・。

「遊んであげる」発言、間違いではないのかも・・・・・。
あさイチの特集では「子供の話をちゃんと聞こう」と伝えてきた。
今度、遊んでもらっているのはどっちかちゃんと聞いてみようかな?


PS 遊んであげたか。もらったかは別として、
この夏、アウトドアで日に焼けすぎました。スイマセン

投稿者:中谷文彦 | 投稿時間:10:00


ページの一番上へ▲

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

RSS