2013年09月14日 (土)「夏の思い出」


どうも。
リポーターの塚原です。
これからはどこに行っても、有働センパイのことを問われたら、
「有働センパイは素晴らしい先輩で、尊敬している」としか
言わないようにしようと思っているきょうこの頃です。
あと、そのコメントが棒読みにならないように気をつけようと
思っているきょうこの頃です。
なんでそんなことを考えているかと言うと、身から出たサビということなんですが。
詳しくは、尊敬する有働センパイのブログをご覧ください。

さて、9月です。
今年の日焼けは、いかがですか。

日焼け止めを塗っていても、焼けるときは焼けるんですね。
7月、8月、屋外でのロケが続き、
焦げかけたトーストのような状態だったりしました。

いくつか使っている日焼け止めの一つを見たら、
「ウォータープルーフでない」と書いてありました。
汗かいてたしな。
はぁ。
まあ、そんな夏もあります。

日焼け。
私が生まれた時に、母は「ああ、地黒だな」とまず思ったらしい。
小学生の時には、9月になって、学校で「夏休みどこに行ったか自慢」が
繰り広げられる中でも、学校のプールくらいにしか行ってなかった私が、
ずば抜けて濃い色をしていたこともしばしばでした。

日焼けあと、というものも、あまりつかないようで。
いまの私。腕時計をはずしてみても、
1309141.png


ほら。
1309142.png

なんとも、はっきりしない感じ。

そうか、だから今回のブログは、
何が言いたいのか、なんともはっきりしない内容なのか。

ということで、蛇足。
東京にオリンピックとパラリンピックがやってくることに
なりましたよね。
公式キャラクターがどんなものになるのか、
いまから妄想がとまりません。

投稿者:塚原泰介 | 投稿時間:10:00


ページの一番上へ▲

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

RSS