2010年5月

もう一つの「クライマーズ・ハイ」


 「クライマーズ・ハイ」は、5月28日、「あさイチ」に出演していただいた堤真一さんが、主演した映画の題名です。この映画、1985年8月12日に、実際に起きた日航ジャンボジェツト機の墜落事故と、この事故と真正面から向き合った新聞記者たちの群像を、実に、熱く、熱く、描いています。

 実は、私にとって、この事故は、忘れることのできない出来事でした。というのも、私自身、一人の記者として、あの事故を、発生直後から、取材したからです。いわゆる夜討ち朝駆けの毎日で、私は、主に事故原因を追いかけました。確かに、新聞社とテレビ局の違いはあります。けれども、なぜか、この映画の中で描かれている記者たちの姿に、自分たちの姿を、重ね合わせてしまいます。

 実際の取材現場は、映画のように格好のいいものではありませんでした。でも、実際に、あの事故を取材した私たちから見ても、この映画は、記者の心理まで含めて、実に克明に、そして、丁寧に描いていたように思えます。とりわけ、映画の最後、乗客が、降下する機内で、絶望の淵に立たされながら、愛する家族に宛てて書き残した遺書の話のシーンでは、映画の中の堤さんたちの姿が、涙を浮かべながら遺書を原稿にした私たちの姿に、すり替わって見えました。

 そんなこともあって、事故から25年目の今年8月、当時、事故を取材した仲間たちと一緒に、墜落現場の御巣鷹の尾根に登ることを、いま、計画しています。事故を取材した私たちも、もう決して若くはありませんが、この夏は、私たちにとって、もう一つの「クライマーズ・ハイ」になりそうです。

投稿者:柳澤秀夫 | 投稿時間:16:20 | カテゴリ:柳澤秀夫 解説委員 | 固定リンク

「恋」


 思い起こせば15年前、ドラマで見たその姿に一目ぼれしてからというもの、この仕事でつらいことがあっても、失敗も多くて苦しくて辞めたいと本気で思ったときも、せっかく放送業界で働かせてもらっているんだから、もしかしたらあの方に会えるチャンスがあるかもしれない。それまではなんとかがんばろう。そう自分に言い聞かせて生きてきましたワタクシ有働。

 ついにやってきました。その日が。5月28日のプレミアムトーク。
「堤真一様生出演!!!」

 「は~。」「ふ~。」出演が決まってからというもの、その日を思うだけで心臓は高鳴り、ほかのことが手につかない。前日は緊張と興奮でまったく眠れず、(せっかくお肌の調子を整えようと思ったのにもかかわらず、ってまあ別に肌の調子がいいからって堤さんが振り向いてくれるわけではないのですが、なんなんでしょうね、恋したときのあの自意識過剰な思い込み)。

 当日も、スタジオに入ってきた堤様のお姿を見た瞬間、ほんとに心臓が口から飛び出すかと思うくらい「バクンッ」って高鳴りまして、紅白の司会もずうずうしく務めさせていただいた私ですが、初めての体験。体中が熱くなり思考がとまるほどでした。あるんですねえ、40すぎても・・・。前日に「女性ホルモン」についてお伝えしたのですが、は~堤様を目の前にした私は、ホルモン一生分出てしまったんじゃないかと思います。

 15年片思いしていた愛しの君に生で会えたよろこび。実際、彼氏いない歴がどんどん伸びている昨今も、ま、いいや真一様のビデオ(家録画のすりきれそうなやつ)みとこう♪と乗り切ってきた数々の週末。NYで一人孤独に迎えた誕生日の日も、セントラルパークのベンチに座り、堤さんが出演されていた某民放局のドラマのNYロケしていたそのことを思い出し、ここに座っていたかも・・・とひとり空想デートで幸せに浸ったあの日。
 15年です。そんな思いを重ねてきたその相手に生でお会いできるなんて。もう一生分の幸せ運つかったから、結婚できなくてもいいわ、と思えました。がんばって生きててよかった。

 お話の内容はプライベートから俳優としての考え方まで。思っていたとおりの男らしくそれでいてやさしさにあふれた方でございました。いのっちごしだけど1メートル範囲内にいる堤様、もう二度とないであろうこの瞬間をしっかり目に焼き付けておこうと、凝視しまくりました・・・。

 そして、番組終了後、せめて握手でもしていただこうと、おそばに近づこうとしたのですが、舞台の稽古があると急いで帰っていかれました。そのクールさがまた心にキュンと・・・。
”ふふっ照れ屋さんなんだな”と内心微笑みましたが、スタッフいわく、あれだけ凝視したら気持ち悪がるでしょう普通・・・。
 恋って残酷ですね。
 不肖有働、うれしかなしの人生最高の日でした。は~。
 

投稿者:有働由美子 | 投稿時間:11:42 | カテゴリ:有働由美子 キャスター | 固定リンク

「いのっち、お誕生日おめでとう!」舞台裏


5月17日、その日朝から、『あさイチ』班は、いのっちに隠密で、コソコソと動いていた。

午前6時前、まだメイク前のすっぴんの私の元へ、サトル(カリアゲモヒカン敏腕ディレクター)がやってくる。マル秘マーク入りのA4版の紙が渡される。耳元で脅すようにこうささやく。
「この扱いには気をつけてください」
そこには番組終了後の台本が書き込まれていた!

そう、この日はいのっちの誕生日。
朝から「おめでとう」では芸がない。いかにいのっちをびっくりさせるか。
スタジオの技術スタッフともリハーサル。

そしていのっち出勤。私も柳澤さんもスタッフ全員が、知らぬふり。
まずはいのっちに『俺の誕生日忘れられてる・・』と思ってもらう作戦。

そして本番、何事もなく淡々と進め、9時53分30秒。
番組終了に向けてぶうちゃんが映った瞬間。
ぶうちゃんの横には「いのっちお誕生日おめでとう」の文字!
いよいよ本番終了直後。スタジオ暗転。そこに、あの人の声で「Happy Birthday」の、
あの歌声が!
なんとマリリン・モンロー(私が変装して登場・・・・)

で、番組スタッフ全員でちょっとずつカンパして買ったBDケーキが登場。
チョコレートで作ったいのっちの顔がのったフルーツのショートケーキ!

100517.JPG
★クリックで拡大

いのっち喜んでくれて、我々も大満足。

いのっちのファーストバイト?のあと、その日番組出演してくださっていた
イタリアンの天才シェフ笹島保弘さんのケーキカットでみなでいただきました。

毎日の番組、ときにスタッフも疲れてくる朝もありますが、
毎日変わらず元気とともにスタジオに登場してくれるいのっちへの皆からのお礼でした。

これからドラマもツアーもと大忙しのいのっち、体に気をつけて34歳のりきってください!

追伸、ていうかビッグニュース!!
今週は堤真一さん生出演!(20年来のファンの有働、真一様は世界でもっとも好きな男性の1人で、当日硬直して倒れないか今から心配です)

 

投稿者:有働由美子 | 投稿時間:06:00 | カテゴリ:有働由美子 キャスター | 固定リンク

おなかが鳴った


鳴った・・・おなかが・・。しかも思いっきり大きく、本番中に。

それは『旬旅10 ~表参道~』のVTRを見ている最中でした。昔の銭湯を利用したとんかつ屋さんの紹介で、揚げたてのトンカツが出た瞬間、恥知らずの我がおなかが躊躇もなく「ぐぅ~~ぅう」っと。

隣に座っている、いのっちが聞き逃さないはずはありません。おもいっきり本番で突っ込まれました。ゲストの勝村さんには、「ぶうちゃんを見る目も獲物を狙う目になってる!」なんて言われて。(ぶうちゃん、そんなことないからね。かわいいあなたを食べたりなんてしない!)

私たちキャスター陣、だいたい5時起き。で、
本番が始まる頃は、すでに3時間がたっている。ということは、その間の食事の調整を間違えると、鳴るんです。柳澤さんは、なぜか松坂慶子さんがゲストの時に鳴った・・・。
NHKのマイク精度いいし!

対策を考えないと、と思っているんですが、嫁入り前に全国に生放送でおなかの音をお届けすることになるとは。くうっ。情けない。起きてすぐ朝ご飯食べると鳴るし、食べなくても鳴るし。
いま私の最大の課題です。鳴りそうなおなかの音を止めるなにかいい方法ありますか???

投稿者:有働由美子 | 投稿時間:17:48 | カテゴリ:有働由美子 キャスター | 固定リンク

気を引き締めて!


大型連休もあっという間に終わりました。季節は、すでに、春から初夏に、変わりつつあるような感じです。関東地方では、日中の最高気温が摂氏25度をこす、夏日を記録したところもあり、半袖シャツでも、おかしくない天気が続いています。

ところが、電車の中では、なぜか、マスク姿や咳き込む人を、けっこう見かけます。季節の変わり目で、体調を崩す人が多いと言うことでしょうか?かく言う私も、実は、先日、風邪をひき、2週間ほど、薬のご厄介になりました。

おかげさまで、今は、すっかり回復していますが、この文章を書いていたら、料理コーナーを担当する西ヤンこと、西堀アナウンサーが、数メートル離れたところで、「クシュン」と、かわいい、くしゃみをしています。大丈夫かな?

5月も半ば。4月から始まった新しい生活にも、そろそろ馴れてくるころ。同時に、緊張も、少々ゆるんで、心身ともに疲れも出てくる、そんな時期なのかもしれません。皆さんも、健康には、くれぐれも、ご注意下さい。スタジオの私たちも、「気を引き締めてがんばらねば!」と、我が身に言い聞かせています。


投稿者:柳澤秀夫 | 投稿時間:16:39 | カテゴリ:柳澤秀夫 解説委員 | 固定リンク

大型連休いかがでしたか?


みなさ~ん、大型連休いかがでしたか?

え?わたし?

30日の金曜日には、いのっちの応援にV6のコンサートに柳澤さんと伺いました。
とっても楽しかった。 
(が、会場に来ていた方から、あさイチ宛にファックスをいただき、
ちょっとはしゃぎすぎ・・・とのご指摘を受けるほどもりあがってしまったので・・・反省して、
この話は封印。)

でも正直、もしあのコンサートでのかっこよすぎるいのっちを見ていたら、
緊張して、いまみたいに「いのっち。それどうよ」とか、
簡単につっこめなかったかも。というくらいかっこよかったです。

で、そのほかは主には家で大掃除、でした。

ようやく以前勤務していたNYから船便が届き、ガラクタがいっぱい到着。
なかには、セントラルパークの枯れ葉とか、なぜそれを持ち帰りたいと思ったのか
今になっては全く不明、の不可解なものがたくさん。

で、いちいちそれを、なんでだったっけ・・・と考える時間がかかり、全然片付かない。
まさに我が家は今、ワンダーランドになっております。
一人ですとそれでもなんとか生活はできるもので、この際、一年かけて片付けるか
・・・という結論に至りました。(←あきらかに放棄、あきらめ、逃避)

こんな地味な連休、私だけかと思ったら、
今週のゲスト、パパイヤ鈴木さんも、
お片付け連休だったそうで、
すべてを半分に減らす!と決めたそうです。すごい!
私なんかそうじしていると、なせか1.2倍くらいにものがふくれあがっている気がする・・・。

というわけで、今週末も片付けを、ちびちびやります。

さあ来週はまた新たなネタが続々。どうぞお楽しみに!

投稿者:有働由美子 | 投稿時間:00:01 | カテゴリ:有働由美子 キャスター | 固定リンク

ページの一番上へ▲

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

RSS