2010年12月

つけまつげが、目のトラブルの救世主!?


101227.jpg
★ワタクシ、西堀もつけまつげで大変身! 
(クリックで拡大)

12月24日、番組の冒頭、「目ヂカラメイクが実は危険!?」という話題をお伝えしました。
目が乾燥する、ゴロゴロする・かすむなど、目の中の違和感が、
アイシャドウなどの粉飛び、目の中に入るマスカラの繊維、アイラインのせいかも・・・
さらに、コンタクトをしている人は、コンタクトと異物がこすれあって、日常的に目に傷ができている・・・

なんて聞いたら、
「コンタクトもアイメイクも諦めなさいって言うことか~~~~!?!?」と、自分自身も思わずつっこみました。

が!!!
マスカラなしでも、アイラインなしでも、目力アップしてくれるのが「つけまつげ」なんですって。
「つけまつげ=若者の最近はやりのメイク」という認識も間違いだそうで!!!(そう思っているのは私だけ?)
年齢を重ねて下がりがちになった目元をあげてくれる効果もあるそうなんです。まさに、大人の女性こそ、取り入れるべきものなんですって!!!
ドキドキのつけまつげ初体験。

ビューラーでまつ毛をカール→つけまつげに接着剤をぬって10秒ほど待ってから装着(自分のまつ毛の上に置くようにして馴染ませる(下のまつ毛の場合は、自分のまつ毛と肌の間につけまつげが来るように置く))

以上!!!
思ったより、手間じゃない!時間がかからない!!!不器用な自分でもできる!?
そして、びっくりしたのは、アイラインやマスカラをしていたときより目が痛くない!目に違和感がない!!!(あくまで、私個人の感想です。)なんだか良いことずくめ、でしたの☆

初心者の私なりの、補足情報をお伝えしますね!
(すでにつけまづけ愛用中の方には当たり前の話かもしれませんが、初心者向けということでご容赦を。)

・「目尻専用」の短めのつけまつげから始めると、とっつきやすい。
・上まつ毛は、目尻より外側に少しはみでるようにつけると、デカ目効果も高い。
・カーブ部分(接着剤をつける部分)が細めのものを選ぶと、目に違和感を感じにくい。装着するときにはカーブ部分を曲げたり伸ばしたりして、あらかじめしなやかにすると目の動きに馴染みやすい。
・つけまつげをはずす際は、コットンに水などを染みこませると接着剤がゆるみやすい。(つけまつげをとる専用の液もあるそう)

ヘア&メイクアップアーティストの山本浩未さん曰く、「つけまつげは、『慣れ』。練習あるのみ」。

不器用ですが、がんばります!
皆さんも、2011年は「目に優しい、目ヂカラメイク」、目指してみませんか?

投稿者:西堀裕美 | 投稿時間:10:15 | カテゴリ:西堀裕美 アナウンサー | 固定リンク

ことしもお世話になりました


101224-1.jpg
★宮城県仙台市 「2010 SENDAI 光のページェント」にて (クリックで拡大)

 早いもので、今年もあとわずか。そこかしこで「良いお年を」という言葉を耳にするようになりました。みなさんにとって、今年はどんなイチ年だったでしょうか?

 わたしの担当する番組冒頭のコーナーは、スタッフの間で通称「女のニュース」と呼ばれています。(今は慣れましたが、最初の頃はなんとなく気恥ずかしさがありました。)振り返ってみると、それこそ旬の話題・ニュースを追いかけて、関東近郊はもちろん、北は北海道、西は鳥取。その他、宮城・新潟・長野・愛知・三重・大阪・兵庫などなど全国各地、いろいろなところを訪ねました。

 そうやっていろんな所を訪ねて実感するのは、あさイチを見てくださっている方がとっても増えたなぁということ。先日、東京・銀座で街頭インタビューを行った時のこと。半年前に同じ所で街行く方たちに話を聞いた時には、10人の方に話を聞くのも大変でしたが、今回は街行く方たちのほうから「あさイチだ!」と反応してくれて、わたしの質問にすすんで答えてくださったんです。あっという間に30人の方に話を聞くことができました。これもあさイチを見てくれているみなさんのおかげです。

 来年も、街に飛び出して突然みなさんにマイクを向けることがあると思いますけれども、ぜひ嫌がらないで協力してくださいね。そして、みなさんにオモシロイと思って頂ける旬の話題をご紹介していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

そしてみなさん、良いお年をお迎えください。

101224-2.jpg
★宮城県仙台市 「2010 SENDAI 光のページェント」にて (クリックで拡大)

投稿者:松田利仁亜 | 投稿時間:19:54 | カテゴリ:松田利仁亜 アナウンサー | 固定リンク

お久しぶりです!


101222-1.jpg
★大平山から南方向を望む (クリックで拡大)


久しぶりにブログ投稿です。

先週末、栃木県の大平山という山に行ってきました。と言っても、仕事ではありません。趣味のアマチュア無線の実験です。110キロ離れた神奈川県の大山山頂に登った同好の士と無線で通信するためです。

「通信なら携帯電話でいいではないか?」という声も、聞こえてきそうですが、自分で作った無線機で通信するのは、携帯電話で話をするのとは、まったく違います。
通信に使う電波は、マイクロ波と呼ばれる、光の性格に近い特性を持つ電波です。興味のない方には、まったく意味のないことでしょうが、参考までに申し上げると、周波数は47GHz(47ギガヘルツ)。出力は、ごく僅かで、10ミリワット前後。

ということで、結果は、大成功!無事、通信ができ、私を含め、実験に参加した、おじさんたちは、皆、大喜び。帰りは、近くの蕎麦屋さんで、地元の珍しいキノコの入った蕎麦に舌鼓を打って、実に楽しい1日でした。

写真は、大平山から南方向を見たものと、私の作った無線機です。通信した相手のいる110キロ先の大山方向は、かすんで見えませんでしたが、この日は、最高の無線日和で、仕事への英気を養うことができました。と言っても、誰も信じてくれませんよね!きっと、こじつけにしか聞こえないでしょうが、これホントです。
その証拠に久々にブログに投稿しているのですから。

101222-2.jpg
★手製のアマチュア無線機 (クリックで拡大)

投稿者:柳澤秀夫 | 投稿時間:12:40 | カテゴリ:柳澤秀夫 解説委員 | 固定リンク

写メで性格診断?!


101220-1.jpg
★最もお気に入りの一枚。(クリックで拡大)

面倒くさがりの私は普段、カメラを持ち歩いているにも関わらず、撮ることはめったに、ない・・・。

「あ、美しい夕焼け!・・・でもま、また同じような景色見ることもあるか~。」
「みんなで楽しい飲み会!・・・でもこれ現像したり、送るの面倒くさいから最初から撮るのやめとこか。」
「結婚式の二人のケーキカット!・・・他の人がいっぱい撮ってるから、ま、いっか。」

あ、そうですそうです。こんな不精者だから独り者を貫いているんですっ。自覚してますっ。
でもそんな私でも携帯の写メは時折活用。だって、私のような一人で行動することが多い独り者は、ときどき自分が見た景色を誰かに送って共有しておかないと、なんだか意味もなくと~ってもさみし~くなってしまって、怖くなるのです。そこで、写メはときおり自己満足的に送っております。家族や親友に。

ところが!先日もつ焼き屋の隣のテーブルに座っていた二十代の女子会の会話を盗み聞き、いやっもとい、漏れ聞こえてしまったのですが、
「写メで送られてくる写真で、その相手の性格とかセンスとかしつこさとかがわかるよね~(・・・(-_-;)しつこさまで分かるのか?写真で?と聞きたくなったけど、盗み聞き、もとい、漏れ聞いてしまったことがばれるので聞けなかった)」

素直な私は、その都市伝説のような言葉を真に受けて、友人から送られてきたメールの写真を見直したのですが、どれもこれも、センスっていうか・・・子供のキャラ弁の写真とかだから、どう判断できるんだこれ?

で、ふと思ったのですが、自分の送った写メ・・・って、どう受け取られているんだろう・・・。ということで、今回は、最近送った写真を掲載してみました。
私って、性格悪い?センスない?しつこい? (もつ焼き屋で隣に座った女子会やってた方!もしこれ読んだら、教えて下さい)

101220-2.jpg
★某iキャスターがCMしていた某牛丼屋で食べ、「食べたよー」とメールしたら
 「僕宣伝していたのはハンバーグ定食です」と言われた・・・  (クリックで拡大)

101220-3.jpg
★ひとん家の軒下  (クリックで拡大)

101220-4.jpg
★気になった木の根っこの茂み  (クリックで拡大)

投稿者:有働由美子 | 投稿時間:10:38 | カテゴリ:有働由美子 キャスター | 固定リンク

私のあさイチ革命!


こんにちは!リポーターの石井かおるです。
師走も半ば、何だかやっぱり1年を振りかえってしまいますね。
皆さま、いろいろとお世話になりました。

春に「あさイチ」がスタートしてからジェットコースターのような番組制作の日々。
プライベートも何もない!なんて思っていたら実はすごーく充実していたことに気づきました。

「あさイチ」コワイ番組なのです。番組のためと言いながら、

「服作ってください」 (え~、家庭科の成績最低だったのに~)
「ダイエットしてください」 (食べるという唯一のストレス解消法奪う気!?)
「フリーマーケットでのお買い物をセルフ撮りしてください」 (プライベートでもビデオ撮ってないのにいきなり全国放送に出していいのかなぁ???)
・・・次から次へと、しかも、ある日突然言われるのです!!!

しかし、番組のためとなれば必死。

おかげさまで人様の前で着られる「チュニック」がホントに完成したときには感動で胸がジーン。高校時代、補習授業にかりだされた上、継ぎはぎになってしまったスカートしか作れなかったため決別した裁縫の世界。40も半ばでこんな感動を味わえるなんて!

おかげで気を良くして今年はお仕事以外でも「山ぶどうで編んだ籠バッグ」「トンボ玉」「とうふ作り」・・・などなどこれまで遠ざかっていた「新しいことに挑戦」する日々を送ったのです。これを私の中で「あさイチ革命!」と呼んでいます。

かつて無理だと思っていたことが出来たのには、気合いの違いもさることながら、高校時代当時にはなかった服作りの方法があみ出されていたり、インターネットの発達で、これまでなかなか手に入らなかった材料や情報が手に入ったりすることが大きいです。

ぶきっちょだけど何か一歩踏み出してやってみたい!と思っていたあなた!「あさイチ」と時代を味方につけてぜひ、いろんなことに挑戦して見てください!!
小さな「私にも出来る!」が毎日にちょっぴり幸せをあたえてくれますよ。

 

投稿者:石井かおる | 投稿時間:11:17 | カテゴリ:石井かおる アナウンサー | 固定リンク

ドライベジタブル


有働   「え?干し野菜してないの?私してるよ。」
いのっち 「え~!!??有働さんしてるの?買ってきたんじゃなくて?自分で?」
有働   「(--;)  あ~いのっち、そのくらいは私するから・・・(ちょっと怒)」
いのっち 「いや~そういうのしそうにないから・・。」

 ええ、ええ、そうですよ。どうせ私は、プチデコの特集の時にも、家庭菜園の時にも、やったことなくて、やるきもなくて「金で解決するものは金で済ませたい」といいましたっ。女の子なのになんてセリフ!とひかないでください。私だってこれまでの人生、いろんな手作りしてきたんです!リリアン、編み物、刺繍(ししゅう)、パッチワーク、七宝焼き、本棚だって作った、いや作ろうとしたことあります。でも、どんなにやっても、へたくそ。ならまだしも、これなに?と本来の目指していたものとはかけ離れたものができあがるんです。

 高校一年の時に家庭科で作った制服のベスト。人より10倍くらい時間かけて格闘し、出来たと思ったら、(しかも半分は友人にこっそり縫ってもらった)片腕が通らない。縫い付けてしまったんです、袖口を。

 だから、"こうした才能はないのだから、一生懸命やった上で哀しい思いをするよりは、いっそのこと他のことに時間を費やした方が良いのではないか?"と至極効率的な選択をし、生きてきたのです。

 おかげで『あさイチ』で肩身がせまいせまい。いのっちは手先が器用でアクセサリーとか自分で作れるし、柳澤さんはプロ並みの工具持ちで何でも自分で作っちゃうし。手作りネタの時は、借りてきた猫のようにし~んとしています。

 それがようやく、私も日の目を見ることげできる日が来た!そう、それが干し野菜。っていっても、私のは、大根の皮を長目に切って串に刺し、ガスコンロの上の換気扇のフードの角にかけておくだけ。これで1日か2日たつと、皮が良い具合に干されて、甘みが増し歯ごたえよいおつまみに大変身。

101206.jpg
★クリックで拡大

 干し野菜の特集の時には親の敵とばかりに大いに自慢。どうだ!私だって一個くらい家庭的なことしてるんだい!

 ま、使用方法は、料理しながらひょいとつまんで食事までのつなぎにしたり、焼酎のあてにしたり・・・なんですが・・・。

投稿者:有働由美子 | 投稿時間:12:14 | カテゴリ:有働由美子 キャスター | 固定リンク

ページの一番上へ▲

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

RSS