2011年6月

ごめんなさい


あ、今日、メルマガ&ブログの担当週だ!

ブログの担当の週は Mプロデューサーの、"下手に出ながらも、明らかに強制的な"催促が来るんです。
その週のはじめからじわじわと、そして前日、当日とその催促は厳しさを増すのです。
理系の大学院まで出たMプロデューサーは、時に専門家よりも、理路整然と学説を説き、その無駄の無い表現たるやカミソリのよう。
だからこそ、日頃はあま~い催促でも、いざとなったら、怖い。

そして本日、締め切りは1時半なのに、私は所用で電話に出られず、夕方携帯を開けたら、、、6回も着信が入っていた。
。。。暑さもぶっ飛ぶほど、背筋がひんやり。

すみません。書けてません。ごめんなさい。
来週、たくさん書きます。
許して。
読んでくださっている皆様。そしてMプロデューサー。。。ごめんなさい。

あ~この緊張で、ワタクシ有働、また脇汗出てます。。。(最近このオチばかり使ってます。。。というか街中で会う方々!「気にしないでがんばって」って、あ~た、言われるたびにわき汗よけい出るんですって。で、最近では自分でもこれをオチに使うようになってしまいました。。。)

来週。。。必ず。。。ブログ。書きます。

投稿者:有働由美子 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:有働由美子 キャスター | 固定リンク

特選エンタ、廣田アナ最後の放送


突然ですが、17日の「特選エンタ」が私の最後の担当となりました。

今、引っ越しの準備をしています。

あれ?坂上二郎さんの出身地はどこでしたっけ?

正式な発令はまだです。

 

いやあ、この日の放送は自分で言うのもなんですが、面白かった!!

グッチ裕三さんが絶好調で、引っ張られながら心地よく進みました。

いつも通り、ギャグを挟みつつ、音楽の歴史をひもとく。

抱腹絶倒の中で、女性ポップスグループに関する知識が深まる贅沢な12分間。

 

今日は最後なので、グッチ裕三さんの影の努力についてお伝えします。

ご本人は嫌がるかもしれませんがお伝えします。 


110618-1.jpg
(★クリックで拡大)
この写真は、本番の朝の楽屋。

急に指名されたスタッフの二人に、真剣な顔で振りを付けるグッチ裕三さん。

 

「身体の芯はずらさない!」

「流さないで、動きの最後はピタッと止める!」

 

と、ポイントを具体的に指摘しながらの練習で皆汗だくでした。

 

「面白いのが一番。見苦しいのが最低」

 

と、経験のない二人にも手を抜かずプロの指導をしたおかげで、本番は見事に決まりました。

さすが!!
 

大物シンガーと、以前に共演したことがある、などという貴重な経験。

膨大なコレクションの中から「今度のテーマはこれでどうかな?」とチョイスしてくる、
抜群の音楽センス。

ステージで鍛えた、作りこむ笑いの数々。

 

すぐそばで見て、プロのエンターテイナーの凄さを痛感しています。

 

このコーナーを1年2カ月も担当できて、私にとっても楽しい時間でした。

ありがとうございました。

 

あ、勢いでこのメンバーも紹介します。

110618-2.jpg
呉ディレクター、私=廣田、臼井ディレクター

村上AD、野田AD
(★クリックで拡大)

 

「特選エンタ」の主力メンバーです。

今後もますます面白いコーナーになるよう、頑張ってくれます。

 

110618-3.jpg  

(★クリックで拡大)
24
日からの担当は中谷アナウンサーです。

 

楽しんでください。

楽しませてください。

 

またどこかで。

 

投稿者:廣田直敬 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:廣田直敬 アナウンサー | 固定リンク

ワキアセと涙


いや、あの、まず、お騒がせしました。ワキアセ。

こここんな大げさなことになるとは思いもよらず。。。

反省しつつ、一方で我が身に返れば、一応まだ自分では嫁入り前のつもりでおりますので、今後出会うであろう、いや絶対出会うはずの"王子様"が、ワキアセ嫌いな人だったらどうしよう、、と心病んでおります。(もう遅いか)

がしかし、番組中には、いのっちが、週刊誌に怒ってくれたんです。ぶっちゃけ今回のワキアセ騒動、家族でさえ嘲笑だったのに、まるで家族をかばうかのような言動に、「いのっち~」と、*涙*あふれそうになりました。。。いのっちありがとう。。。

*涙*
と言えば、、、。朝ドラ。いつも本番前、いのっち、柳澤さんと、「あ~今日やばいね、泣かせるシーンだね」などといいつつ、泣かせシーンは半目で見るか、別のことを考えるようにするというのが暗黙の了解になっているのに、9日木曜日の、陽子と和さんと出征前の最後のシーン。不覚にも見入ってしまいました。

110611.jpg

だ、だ、だめなんです。

普段、自分のことでは泣けなくなっていて、(泣いても誰も涙を拭いてくれないので、より一層自分が惨めになるため、泣かなくなってきた・・・(-_-;)) その分、映画やドラマ、小説、他人の話には、おいおいそこがボーダーかよっ!というくらい涙腺の基準値がvery低くなっています。最近では、電車の中で新聞のコラム読んでポタポタしたり、歩きながらイヤホンから聞こえる音楽に、オイオイしたりして、おかしいおばちゃんと思われているに違いない。

やっぱりテレビ人の端くれですから、素材でみなさんに心動かしてほしいと思っておりますので、自分の感情を顕わにするなんて、言語道断と思っております。反省しております。

これはもう、より一層警戒を強め、朝ドラをもう見ないか、もしくはプライベートで思いっきり泣ける胸を作るしかないです。でも、朝ドラ見ないなんて出来ない!というわけで、プライベートで思いっきり泣ける胸を作ることにしよう!と思いましたが、今度はその人のワキアセが気になって、素直に泣けないかも、、、とスパイラルに入っている今日この頃です。

投稿者:有働由美子 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:有働由美子 キャスター | 固定リンク

密かに念願でした


私、番組出演に当たり、これまでさまざまな衣装を着てまいりました。
(平たく言うと"コスプレ"ですね)

時にはサッカー日本代表のユニフォーム、そしてある時は30歳を越えているのに学生服。
またある時はタイガーマスクを被って覆面レスラー風に。
個人的に嫌いではないというかむしろ好きなので、
なんでもござれでどんどん積極的にチャレンジしてきたんですけれど、
そんな私でも、どうしても着たいのに、唯一願いが叶わない衣装がありました。

それは、金曜エンタのコーナーで廣田アナウンサーが付ける『黄色いエプロン』。
(ちなみにエプロン姿の廣田アナを、本屋の店長みたいなので店長と呼んでいます)
それを着けること自体にそんなに意味はないのかもしれませんが、
でもどうしても着けてみたかったんです。
でも、担当の廣田アナからは「お前が着けるのは20年早い。オレがこのエプロンを手に入れるまでどれだけ努力してきたと思ってるんだ」と一蹴され続けてきて、実現せずにおりました。

ですがですが、つい先日ついにその機会がやってきました!
先日、廣田アナの席に置いてあったエプロンを鬼のいぬ間に、こそっと拝借し着けてみました。
いやぁ、なんだか嬉しかったですねぇ。
110604-1.jpg


ま、その後すぐに取り返されてしまったんですけどね。

110604-2.jpg

でも、柳澤さんが着ける分には文句は全く出ておりませんでした。

110604-3.jpg

いつか私も"店長"になれるよう励んで参ります!

投稿者:松田利仁亜 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:松田利仁亜 アナウンサー | 固定リンク

ページの一番上へ▲

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

RSS