2013年12月

「夢の」9連休


2013年もあとわずかになりました。あさイチの放送も12月27日まで。
それが終わったら、1月6日まで放送なし!という事は
夢の9連休~~~!!!!!!!

と思っているリポーター陣は、あさイチ班には一人もいないでしょう。
なぜなら、皆、放送人になって年月も重ねてきてますから。
「夢」の9連休というくらいですから、年末年始の9連休は「夢」でしかないのです。

さて、有働アナが紅白総合司会というのは皆さんご存じだと思いますが、
その他、あさイチのリポーター陣、皆 年末年始 働くのでございます。
もちろんイヤだなんて言葉は、リポーターデスクの私の耳には一切
聞こえておりません。皆、仕事ができる喜びとやる気に満ちていると聞いています。

中村アナと山田アナ、この二人は新年1週目の企画に向け、 
1月6日のあさイチ放送再開日より前に準備のため仕事に入ります。

次に近藤アナ。
何と紅白の現場にいるのです。紅白歌合戦のラジオ実況のサイドというお仕事。
ラジオ実況者の横で、色々な情報を渡してあげたり指示を出したりというお仕事です。

実況者にとって、いなくちゃこまる役割を果たします。
あさイチファンの皆さん。紅白を見る時は、
有働アナだけでなく、近藤アナにも注目して下さい。
紅白歌合戦。ラジオ実況席の紹介が毎年必ずありますが、
その席の中に一瞬、“ねずみ男”にも似た近藤アナが見えるはず!
その姿を探すのも、紅白のもう一つのマニアックな楽しみ方でしょう!
  
塚原アナは、なんと年始の期間BSニュースを担当する予定です。
正月休み中ちょっとNHKのBSを見てください。
塚原アナのスーツ姿のニュース読みを見られるかもしれません。
あさイチとは違った味を楽しめるはずです。
  
そして私と寺門アナは・・・
131228.JPG

1月1日ラジオ第一放送「おめでとう日本列島」を担当します。
1日の朝8時5分からの放送予定。紅白を見て、
そんな早起き出来ないよ~という皆さん、ご安心ください。
この放送、午後1時45分までの長時間放送です。
番組途中から、聞いてくださっても、いっこうにかまいません。
さらに番組では、
年末年始の想い出、面白エピソード 今年の決意など、あさイチのように
メール、ファックスも募集していますので番組HPからお寄せいただければ
嬉しく思います。
あさイチファンの方からのメールは、積極的に読ませて頂こうと思っています。
というか、番組プロデューサーに、そうお願いしておきます。
あさイチも見てますとか書いて下さると判断基準になるかもしれません。

今年最後のブログ、なんだか年末年始の番組宣伝になってしまいました。
ここまで来たらさらに番組宣伝。
12月29日(日)午後7時30分~総合TV 「国民総参加クイズShow QB47」
12月30日(月)午前9時~Eテレ「なわとびかっとび王選手権2013」
いずれも元スポーツアナとして、実況で参加しますのでご覧下さい。
  
それではみなさん良いお年を!

投稿者:中谷文彦 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:中谷文彦 アナウンサー | 固定リンク

寒い冬の 新・あったか術


あっという間に今年もあとわずか!
みなさんいかがお過ごしですか?
毎日寒くてもうイヤになっちゃう!というみなさんに、
今日は心がぽっと温まる、とっておきの写真、ご紹介しちゃいます。

まるで陽だまりのような…
13122101.jpg

屈託のない…
13122102.jpg

最高の笑顔!
13122103.jpg

日も暮れかけた公園で、さぞかし大好きな人と楽しい時間を過ごしたのかと…
思い…ません、よね。
はい、放送をご覧になった方ならご存知の通り、これいわゆる“自分撮り”です。
「あー、聞いたとたんもっと寒くなってきた」とか言わないでください。

確かに私も初めにディレクターから「今回のテーマは自撮りです!」と聞いた時、
いやータレントさんや若い子がブログやSNSでやってるのは知っているけど、
私は特にそういう類のものはしてないし、
何より「自分大好き!」みたいで恥ずかしいでしょ…。
と、いささか冷めた考えをしておりました。

太陽の光をうまく利用すれば、目がキラッとして、肌もツヤッとして、
いい感じになるんですよー☆と、教えられても…
13122104.jpg

うーん。やはり自分で一生懸命腕伸ばして、そのカメラに向かって笑うという行為に
どうしても照れが隠せず。
どこかぎこちない、“作った感”がぬぐえない笑顔。

そんな自撮り初心者に勧められたのが、冒頭の“歩き自撮り”なんです。

13122105.jpg

私も撮った写真を見てびっくり!なんて自然な笑顔!
まるで並んで歩いている誰かに向って笑いかけているかの様じゃないですか。
自分でもみたことのないようなはしゃいだ笑顔に、違う意味で恥ずかしくなるくらい。
いいな…楽しそう…ニヤニヤ。
ってこれ自分で必死にスキップしながら撮った写真だから!
と思わず心の中で自分に突っ込んだり。

でも自分自身でもあまり見たことないような満面の笑顔を見て、
ちょっとだけ幸せな気分になったのは事実なんですよね。
さらに周りから大丈夫か?みたいな視線を浴びながら必死にスキップした自分を思い出したら、
また笑えてきたりして。

「あ、自撮りって別に誰かに発信するものじゃなくてもいいんだ。
自分一人でくすっと笑ったり、(妄想して)楽しんだりしてもいいんだ。」
新たな“自撮り”の楽しみ方を発見したのでした。

…ほんとのほんとは実際に大好きな人に撮ってもらえればいいんでしょうけどね。
でも世の中そう上手いこと行かないじゃないですか。
仕事に家事に毎日頑張っているあなた。
最近心の底から笑っている自分の顔を見てないなー。というあなた。
私みたいに単純なあなた。
ぜひ、おすすめです。

あれからもたまにこの写真を見ては一人ニヤニヤしているのはナイショ…です。

投稿者:寺門亜衣子 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:寺門亜衣子 アナウンサー | 固定リンク

今回タイトルをつけるのは、難しいです。だから、タイトルなしで。


みなさん、こんにちは。
リポーターのツカハラです。
38歳独身、趣味は鉄道です、と言ってきましたが、
もうすぐ、39歳独身、趣味は鉄道です。となる予定です。
一つくらいの年の差なんて、あってないようなものなんですよ。
こんどーくん。
若く見えたところで、それは幼いというものです。
なにしろ、しっかりパパをしているこんどーくんに比べたら、
ワタクシなんて、所詮、もうすぐ39歳独身、趣味は鉄道、という身の上ですから。

ブログ担当のプロデューサーが
「塚原君のブログは、なんだか自虐ポエムって感じだね♪」と言ってきたのですが、
自分では、自虐でもポエムでもないと思っている今日この頃です。
ですので、今回も、自虐でもポエムでもない(と本人は考えている)内容を綴っていきます。

都内ではあちこちでイルミネーションがきらめく季節になりました。
皆さん楽しんでますよね。携帯とかで写真撮ったり。
楽しいんだろうと思います。
恋人同士だとか、若者グループだとか、
いろんな人がイルミネーションのあたりを歩いていますが、
たいてい、自分は1人で歩いています。
寂しくなんかありません。
強がってもいません。
だって、本人がそう言ってるんですから。
だから、あくまで、自虐でもポエムでもありません(と本人は考えている)。

では、なぜ、イルミネーションの下を1人で歩いていても寂しくなんかないもん、
と言っていられるのかといいますと、
いつのころからか、ああしたイルミネーションは、自分を祝福してくれてるんだ、
と考えるようになったからですね。
考える、というのが大事で、妄想している、ではありません。
なぜなら、この文が、自虐でもポエムでもないから(と本人は考えている)。

ワタクシの誕生日は、12月24日。
そう。あの日です。
ワタクシの誕生日に仕事をしていても、
その周りがいかに浮かれたカップルたちであふれていようとも、
そんな街中を1人家路についていたとしても、
ああ、これは自分を祝福してくれてるんだな、と思えば、
なんてことはありません。
自分にとっても、皆さんにとっても、幸せな日に早変わりです。

時々、12月24日が誕生日で、しかも1人で過ごすってどうなんですかぁ?
と聞いてくる人もいますが、ワタクシが上記のようなことを笑顔で話すと、
皆、ワタクシのことを祝福しようとする言葉が恥ずかしくて言えないのか、
口を半開きにして、伏し目がちに、ワタクシのもとを去っていきます。
それはどん引きしている、ということなのではないですか?という声は
ワタクシには聞こえないものです。どうしてでしょうね。不思議です。

いつのころからそんな風に考えるようになったのか、と言いますと、
自分の誕生日祝いのケーキを自分で焼くようになったころからでしょうかね。
あんたが作ったほうが上手いし、と言って僕の背中を押してくれたのは、
誰でしたっけね。

そんなこんなで、今年もまた自分の誕生日を迎えます。
あ。そうだ。親にも感謝の気持ちを伝えよう。

ということで今回のブログ、いかがでしたでしょうか。
最後の「あ、そうだ」の行がとってつけた感じなのでは、
という指摘は、確かにそうかもしれません。そこは素直に聞きいれます。
が、自虐でもポエムでもなかったですよね(と本人は思っている)。

来週は、本当に自虐でもポエムでもない(と周りの人は思っている)
別の人のブログをお楽しみください。

それではみなさん、よいお年を。

投稿者:塚原泰介 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:塚原泰介 アナウンサー | 固定リンク

「後輩」


どーも、ねずみ先輩…ではなく、チュー太郎…でもなく、近藤たいろーです。
って、ヒドイですよね、あの言われよう。
(注(チュー))何のことかわからない方は、
ひとつ前の中村慶子のブログ記事をお読みください

なぜあのような内容になったのか、中村慶子に問いただすと
「先輩に親しみを持っている証拠じゃないですか~♪」とか
「紹介が2番目で、オチになったからオイシかったんじゃないですか~♪」とか
まったく悪びれる様子もなく、むしろ、したり顔。
入局が5つも下の後輩なのに、完全にバカにされていますよね、ワタクシ…。

後輩といえば、先日、上野動物園のロケに行った時のこと。
パンダ舎の前で撮影していたところ、ベビーカーを押す2人のママが
遠くから大きく手を振ってくるので、誰かと思ったら、なんと大学時代のクラブの後輩!
いやー、あまりの偶然にびっくり!!10数年振りの再会でした。
子どもを連れてすっかりママになっている2人の姿に
あたかも父親かの如く感慨深くなっていたら、2人から
「たいろーさん、学生時代から全然、変わらないですね!」と嬉しいひと言。
『あさイチ』を見ている視聴者のみなさまからは
やれ「有働さんより先輩かと思っていました!」だの
やれ「朝から私より年下だと知ってショックを受けています…」だの言われてきただけに、
「なーんだ、学生時代と変わらず若いんじゃん、オレ!」とすっかり気を良くしたワタクシ。
後輩は後輩でもこういった後輩は大歓迎です♪
あ、言っておきますが
「それって学生時代から老けていたってことじゃない?
40,50代みたいな顔した大学生ってどうなのよ?」といった突っ込みは一切受け付けません。

ちなみに「あさイチ」リポーターの塚原泰介さんですが、
塚原さんは入局年次も実年齢も1つ上。
よく逆だと思われていますが、ワタクシ、塚原「先輩」のれっきとした「後輩」だということを
最後に付け加え、今回のブログの締めとさせて頂きます。

 
13120701.png
パンダと同じ柄のネクタイではしゃぐ、
先月で38歳になったばかりのワタクシ

投稿者:近藤泰郎 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:近藤泰郎 アナウンサー | 固定リンク

ページの一番上へ▲

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

RSS