2014年7月12日

「中村ちゃんへ」


有働ですが、
14071201.JPG 

先週のブログの件、
え?
このバナナ、一番美味しい頃合いだよ。
見た目は旬を過ぎて、クロいシミももう取り返しがつかないくらいに濃くなり、
皮だってしわが目立ち、
実も弾力が無くなって柔らかいというか、肉が流れるというか、
しかも周りが目を細めるほどの異臭さえ漂い、
でも実は甘みを増して独特の味わいを醸し出す。
ちょっと苦みとかピリッと感じることもあって、
それはそれでそのリスクを背負って食べてみるドキドキ感、
スキャンダラスでやみつきになる。
そう!まるで熟女とおんなじ!
中村ちゃんには、もうちょっと時間が必要ね。

というわけで、なんでも腐る前が美味しいっていうじゃないですか。

ここからは、良い子の皆さんと言うか、
どこのどなたも真似しないでほしいのですが、
一人暮らしをしていると、だいたいのものが賞味期限切れになるのですよ。
旅先で買ってしまったお徳用のお菓子。
お徳用じゃなければ人様にも差し上げられようものだけど、それも叶わず、
ラスクなんて半年ぐらいの賞味期限切れは平気。
塩辛だって今も冷蔵庫に8種類くらいあるけど、今数えたら5つが賞味期限切れてました。
 
14071202.JPG

消費期限は、消費する限界だから厳密だけど、
賞味は、味が悪くなるってだけだと理解しているので、個人にその判断を任されると信じて、
昭和生まれの、割と忍耐強く我慢強い私は、もったいない精神でぎりぎりまで保持し、
ときどきリスクを冒しながらいただいております。

ときどき困ることもあって、
先日同級生女子がお泊まりに来たとき、
焼きたてのパンとやらを近くに買いに行き、しゃれおつな朝食を作って出来る女を演じたのに、
いただきものの外国製のジャムをここぞとばかりに出そうと張り切って瓶ごと並べたら
(瓶のラベルを見てもらえば高価なものだと認識してもらえるからという計算も働き)
それにカビが生えていました。
保存料が入っていないオーガニックのものだったのです。
賞味期限は1か月しか過ぎてなかったのに。
まあ、賞味期限は未開封だったらの話で、開封してたから当たり前なんですが。

あと今とっても困っていることがあって、
どの賞味期限切れか分からないのですが、
それを食べてから、体中に湿疹ができ、皮膚がぼこぼこになりました。
本番中は集中しているからいいのですが、その他は痒い痒い掻き掻きの一日です。
今、ひとつずつ賞味期限切れの食材を食べるのをやめていて、
いったいどいつが犯人か捜索中です。こればかりは九係にも頼めません。
でもこうやってきちんと自分の体に向きあい、
体に訊ねながら賞味期限切れの食品の限界を知る、私なりの生きる努力です。

あと、髪切りました。
14071203.JPG
いのっちより、えり足短くなりました。。。
えり足の処理をしてくださいと言われましたが、
一人暮らしで、どうやってえり足を剃るのか、、、思案中です。
一人暮らしは刈り上げもできないのか。。。

投稿者:有働由美子 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:有働由美子 キャスター | 固定リンク

ページの一番上へ▲

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

RSS