2016年1月30日

毎日が"気づき"の連続!


2016年は、「あさイチ」初日の4日からリポートを担当、
身が引き締まる1年のスタートでした。
テーマは「オトナ女子の着物術」。
今年は、しっとりと着物を着こなせる女性を目指します!

2016013001.jpg
(着物スタイリストの大久保信子さんと)

さて、今年も新鮮なネタを求めて全国を飛び回るぞー!と
決意を新たにしたわけですが、リポーターと言うこの仕事、
本当に毎日が“気づき”の連続でやめられません。
身近なところに発見がいっぱい!

先日も最近人気上昇中の「豆皿」を番組で取り上げました。
そう、あの直径10センチに満たない小さな器のことです。
雑誌で特集が組まれたり、「豆皿」を専門に取り上げた本まで出ています。
取材を進める中で、そんなにみんな使っているのかしらと思って、
ふと我が家の食器棚をのぞいたところ、
あれれれれ・・・こんなにあった。私も人気に一役買っていた!?

2016013002.jpg
(食器棚からひょいと見つけた豆皿アラカルト)

これもごく一部。勢いのまま、
引っ越し用のダンボール箱に入ったままのものを探ってみると、
ゆうに100個は超えていたではないですか!!

2016013003.jpg
(くらげのようなガラス製豆皿・東京勤務の20代の頃)

2016013004.jpg
(郷土の八幡起き上がりが描かれた豆皿・金沢勤務時代)

2016013005.jpg
(今年の正月、初売りで手に入れたひとめぼれの豆皿)

まさか自分がこんなに「豆皿」にお世話になっていたとは!
日々の食卓でなにげなく使っていましたが、よくよく考えてみると、
転勤で暮らした土地の焼き物、旅の思い出、
取材したことのある陶芸家の方の作品・・・などなど、
1点1点に物語がぎゅっと詰まっていたのです。
小さいけれど、大事な大事な宝物です。
手抜きで作ったおかずやおつまみも、豆皿のおかげで、
それなりのご馳走にランクアップ。
しかも、いろいろな形や色の豆皿がならぶだけで食卓が華やぎます。
個食の夜もこの豆皿に励まされて食べてきたのだと思うと、
なんだかとっても愛おしくなってきます。

リポート(1月6日放送)では、豆皿使いのプロから、
豆皿の組み合わせ方や料理の盛りつけ術、花活け、
アクセサリー入れなどとしての利用法を教えていただきましたが、
私自身、この豆皿たちとの付き合い方、
さらに探して行きたいと思ったのでした。
さあ、今日はどれを使おうかな!

投稿者:石井かおる | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:石井かおる アナウンサー | 固定リンク

ページの一番上へ▲

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

RSS