2016年6月25日

特選エンタ、リニューアル


いきなりまず、写真から。
2016062501.JPG
この派手なというより、斬新な髪型。
金髪でも目立つNHKで、
金と黒の真ん中ストライプで出局するという
腹の据わりよう、ただものではございません。

そんな方に私、コントロールされています。
というより、
完全に支配されているんです。
でもそれが喜びに変わってきて・・・・・・・・。

私が担当している
金曜日の「特選エンタ」のコーナー。
半年ほど前から、
大きく変わったのはご存じ、で・す・よ・ね?

何が変わったのだ?と思っている皆さん。
悲しすぎます・・・・。
今年に入って
特選エンタは大きな歴史の分水嶺を迎えたんです。

それがこちら
2016062502.jpg
音楽コーナーの衣装・茶系ゴールド、ラメ入ってます。

そう、コーナーの衣装。
かつては、映画紹介でも
音楽紹介でも、書籍紹介でも
特選販売員として、
黄色のエプロンが私の正装でした。
廣田アナからその正装を受け継ぎ
重みを感じながらこのコーナーを担当してきました。
それはそれで良かったのですが、
黄色のエプロンから路線を変えよう!
と考えたのが、衣装担当ディレクター、
金と黒のストライプがトレードマークのIさんなんです。

それにしても、この新しい衣装。
普段の私なら絶対着ません。
初めて見たときは、
「派手シブ過ぎる・・・・。
今年48才になる自分が着るなんてこっぱずかしい。
いやいや、それよりNHKアナウンサーとして、
許されるんだろうか?」
などと考えたものです。

でもいざ、着てみると、なんとなく心地よい。
しかも何回着ても、
スタッフが、「目立つね~」と反応してくれ、
これまでになかった新鮮な気分を味わえます。
さらに先日は、あのハリウッドスター、
ジョディー・フォスターさんを 
腕を組んでエスコート。
昔の黄色のエプロンのままだったら
そんな演出ありえません。
この新衣装のおかげで
素敵な経験させてもらいました。

実はこうした衣装、
映画紹介や書籍紹介など内容により変わります。
書籍の時などは、季節や紹介する本によって、
腕につけるアームカバーの色まで変えたりしています。
そんなところにもIディレクターのこだわりがあるのです。
注目してください。

2016062503.JPG
私の衣装を支配するIディレクター、
これからも私を開発してください!

よろしくお願いします。

投稿者:中谷文彦 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:中谷文彦 アナウンサー | 固定リンク

ページの一番上へ▲

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

RSS