2016年8月

夏は満喫できましたか?


 2016082601.jpg


セタチューです。
みなさん今年の夏はどのように過ごしたましたか?
私事ですが去年引っ越しをしまして、
我が家から奇跡的に見える地元の花火大会がこの夏もあり、
とにかく楽しみにしていた、その花火を、

なんと!!

 

山形出張に出ており見られず、
替わりに?!


2016082602.jpg


愛犬が楽しみました。。。
引っ越した理由がこの子なので、いいといえばいいのですが、
来年こそは見たいなと涙を流した夏でした。

 

 


さて、大いに盛り上がったオリンピックも終わり、
まもなくパラリンピック。
あさイチもレギュラー放送が再開しました。

本来、この流れで書くことではないとお叱りを受けるかもしれませんが、
この夏開かれた「私たちは”買われた”展」の取材は深く心に刻まれました。


2016082603.jpg


いわゆる援助交際や売春の経験がある14歳から26歳の女性が、
なぜ”買われた”のか、その経緯や当時の気持ちを丁寧に綴り、
写真とともに展示しました。
私はその企画展の主催者である少女や女性、
企画展をサポートした私と同世代の人たちが教えてくれた現実に
ただただ衝撃を受けました。

実際に展示期間中に会場にも何度かお邪魔したのですが、
多くの人が1時間以上をかけて24人の女性の手記などに向き合い、
身を守るように、身体をしめるぐらいに強く腕組みをしていたり、
思わず口元に手を当てたり、
手に持っていたハンカチを強く握りしめたりする人など
様々な姿を目にしました。
時折会場内に響く深いため息が
全てを表しているように感じました。

先日の放送まで、自分には何ができるのか大いに悩みましたが、
主催した女性たちを支援し、
企画展の開催もサポートした一般社団法人Colaboの代表・仁藤さんが、
ご自身の体験を踏まえて教えてくれた
「おはよう、寒いわね。風邪ひかないようにね」という一言。
この言葉が後になって涙になり、
今も忘れられない言葉として心に刻まれているという事実は重く、
一方で私が取材中に抱いた悩みを少し軽くしてくれました。


私自身も様々な地域に仕事でお邪魔しますが、確かに
その地域の小学生を中心に
子供達から「こんにちは」と声をかけられると嬉しくなりますし、
そこから話が盛り上がり、
地域についてその子供達に教えてもらうことが多々あります。
簡単に一緒にしてはならないとは思いますが、
会話や心のやり取りの糸口は特別なことではなく、
一緒なんですよね。きっと。

知ることからしか始められないこの問題。
何ができるのか、
関わったひとりとして今後も考えていきたいと思います。

投稿者:瀬田宙大 | 投稿時間:18:00 | カテゴリ:瀬田宙大 アナウンサー | 固定リンク

ページの一番上へ▲

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

RSS