2016年09月30日 (金)「目指せ!ミニマルライフ」


先日、「物をもたない暮らし=ミニマルライフ」の
特集を担当した、古野晶子です。

“ソファーなどの家具を捨て、あえて狭い家に住み替えた人”、
“仕事や収入を減らし田舎に移住した人” 、
“冷蔵庫や洗濯機、掃除機などの家電を持たない人”など
様々な「ミニマリスト」を取材しました。
「家電やソファー、洋服って要るよね!」と
疑わずに生きてきた私にとって、
今回の取材は目からウロコっ!!の連続。
さらにたくさんの気づきもありました。

気づいたことその①、
「私は冷蔵庫を持たない暮らしは出来ないけれど、
掃除機の代わりに“ほうき”を使えば
気がついたときにすぐに掃除が出来る」
・・・ってことで、ほうきを求めました。

気づいたことその②、
「10年近く前から持っていて、
着ないのに“もったいないから”と持ち続けてきた洋服たち。
要らないのに部屋のスペースを占領していることが“もったいない”」
…ってことで
大きめの段ボール2箱分の洋服をリサイクルに出しました。
捨てたら0円ですが、1500円で買い取ってくれました。
ありがたや~。

ええ、わたくし、本当に本当に影響されやすいのです。
でも、家の中はすっきりしたし、
細めに掃除をするようになって
床もキレイな状態をキープできるようになりました。
ちょっとだけミニマリスト気分に浸っています。
さあ、次は何をミニマルしましょうか…?!


余談として…
スタジオでプレゼンする「パターン」
(注:分かりやすく説明するために絵や文字、数字が書かれている厚紙)
を今回は夜な夜な手書きしました。
2016093001.jpg

ハサミで切れ込みを入れて仕掛けも作りました。

(仕掛け前)
2016093002.JPG

(開くと・・・)
2016093003.JPG

一生懸命に工夫したのですが、
スタジオで自分で作ったということを言い忘れ、
せっかくパターンも「ミニマル」に合わせたのですが、
誰にも何も突っ込まれずでした。

なので、この場を借りて告白させてもらいました。

投稿者:古野晶子 | 投稿時間:17:00


ページの一番上へ▲

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

RSS