柳澤秀夫 解説委員

2017年05月26日 (金)眼を開いて


週明けの<あさイチ>では、
“40代からの眼のメンテ”を特集するとか。
私、ヤナギーはすでに40代ではありませんが、
番組担当者から「メガネをかけて出演して欲しい」
と言われたのでメガネをかけて出演する予定です。
私は近眼+老眼。眼もとても悪く
(*「眼も」と言ったのは
悪いのは眼だけではないということです)
ふだんスタジオに入るときはコンタクトレンズを使い、
番組が終わると遠近両用のメガネに変えています。
最近、アッキーと旅した沖縄ロケでは
メガネをかけましたが、「あさイチ」のスタジオで
メガネをかけるのは今回が初めてです。
という訳で我ながらちょっと楽しみです。
ただメガネをかけると感じが
いつもと大きく変わると思うので、
きっとまた視聴者の方から、
「あの~どちら様ですか?」と
メールやファクシミリをいただくことに
なるかもしれません。
こんなことを言うと「お前なんか眼中にない」
「自意識過剰だ!」
と突っ込みがきそうですね。失礼しました。
ま、何はともかく、眼は大切です。
「目は口ほどに物を言う」ということわざもあります。
「人が感情をもっともよく表すのは目だ」
ということから、言葉にしなくても
目つきから相手の感情がわかるという意味だそうです。
逆に言えば、たとえ相手が言葉で
いろいろとりつくろって嘘を言っていても、
相手の目を見れば、嘘か本当かわかる
ということでもあります。
昨今の世の中、いったい何が本当で何が嘘なのか?
うんざりすることが多々あるように私には思えます。
みなさん、しっかり眼をメンテナンスして、
騙されないよう眼をしっかり見開いて、
嘘をしっかり見極めようではありませんか?

yanagi.jpg

投稿者:柳澤秀夫 | 投稿時間:18:00 | 固定リンク


2017年02月10日 (金)春はマンネリ?


足元から果ては世界まで、
昨今どちらを見ても不愉快なこと、
いら立つことが実に多い~!
何がって?そりゃ~諸々数え上げればきりがないし
具体的に口にすれば、
きっと角が立ち弓矢や鉄砲弾が飛んで来そうなので
ここはじっとこらえますが、
とにかくこのところ、
ヤナギーは悶々とした日々をおくっていたのであります。

立春をすぎても春はまだ名のみ。
身にしみる寒風の冷たさも手伝って身も心も委縮。
このままではいかんと自分に言い聞かせてはみたものの、
気持ちをスイッチさせるヒントすら見当たりませんでした。
去年の朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の口癖よろしく
「どうしたもんじゃろのぉ」といった感じでした。
それでも最近、ボーと空を見上げながら歩いていたら、
ちょっとばかしいいものを見つけました。

20170210.JPG

透き通った青空をバックに咲いていた梅の花です。
可憐で淡い色の梅の花は不思議と心を和ませてくれます。
あ~救われる!そんな実感がこみ上げてきました。
と、ここまで書いてきて、ふと思い出しまた。
たしか去年の今頃も
<あさイチ>のブログで梅の花のことを書いていたような?
確認したらやっぱり。「春が来た!?」というタイトルで
同じようなことを書いていました。

ヤナギーはどうも発想が貧困というか、
マンネリというか。
いけませんね。
今後、改善すべく努力はしてみますが、
あまり期待しないで下さい。
とはいえ「そもそもお前に何も期待していない!」と
鋭い突っ込みが飛んで来そうなので
今回はこのへんでお茶を濁すことにします。
ではまたごきげんよう。

投稿者:柳澤秀夫 | 投稿時間:17:30 | 固定リンク


2016年10月28日 (金)"秋"が来た!?


ヤナギーです。まずはこの写真、ご覧下さい!
20161028.JPG
東京・代々木公園のイチョウです。

色づき始めました。
朝晩の空気もヒンヤリしてきて、
東京にもやっと“秋”が来たようです。

電車の中ではあちこちから「コンコン」と咳も聞こえてきます。
この季節、ちょっと油断をすると風邪をひいてしまいますが、
みなさん、体調は如何ですか?
ヤナギーは「早寝早起き」「健康第一」がモットー。
おかげさまで今のところ体調は大丈夫(タイチョウブ?)です。
こんなくだらないダジャレをかましていると
「何とかは風邪をひかないかなら!」と
突っ込みが聞こえてきそうですね。
とは言え、“秋”が来ていいのは季節だけ!
「あさイチ」をご覧のみなさんに
“飽き”がきてもらっては困ります。

番組スタッフも日々是精進。
知恵を絞り、手を変え品を変え、
みなさんの関心にジャストミートできるような番組を目指し、
便秘している訳ではありませんが、
みんな踏ん張っています。

まずい!これ以上書くと、
とんでもないことになりそう。
間違いなくみなさんが“あき”れ返ってしまうでしょうね。
「いい加減にしろ!」と怒鳴られ、
「あさイチ」で私の座るところも
“空き”になってしまいそうです。
ということで、
きょうはこの辺でお茶を濁して失礼します。
みなさんお元気で!

追伸
「あさイチ」ブログの担当者様へ。
「またくだらない雑文を書きやがって!」とお怒りでしたら
ホームページに掲載しなくても大丈夫です。
このところ番組内で
なかなかダジャレが出なくて悶々としていたもので、
きょうはその反動でついつい悪乗りしてしまいました。
ごめんない。

投稿者:柳澤秀夫 | 投稿時間:18:00 | 固定リンク


2016年07月29日 (金)「あさイチ in 東北」


ヤナギーです。「あさイチ in 東北」の旅から
東京に戻ってきたばかりです。
まだ荷物の片付けもすんでいませんが、
今回のブログを仰せつかっていたのであわてて書いています。

今年の“あさイチ、東北の旅”は7月27日から29日まで。
岩手、宮城、福島の3県にお邪魔しました。
これをヤナギー流にふり返ると、
「うまい!」「楽しい!」「気持ちいい!」でしょうか。
初日岩手県陸前高田市では、震災から5年たって
豊かさを取り戻しつつある海を紹介しました。

その象徴が「イシカゲ貝」です。
2016072901.JPG2016072902.JPG
数が限られているので地元では幻の貝とも呼ばれています。
この貝が実に「うまい!」。
ちょっと見るとトリ貝に似ていますが、
味はホタテ、うま味はアサリ。
タウリン、グリシン、アルギニンもたっぷりで
疲労回復にもってこいです。
にぎり寿司と炙りでいただきましたが、
まさに海の豊かさを実感しました。


次は「楽しい!」これは写真をみて頂ければ一目瞭然でしょう。
宮城県仙台市の水族館でヤナギーは本番前にアシカの仲間、
オタリアとガラス越しに2ショット。
2016072903.jpg
2016072904.jpg
なんとも愛くるしい表情で近寄ってきてくれたので、
年甲斐もなくはしゃいでしまいました。
2016072905.jpg

それだけではありません。
砂浜でのスイカ割りでは童心に帰って
「楽しい!」思い出をつくることができました。
2016072906.jpg



そして最後は「気持ちいい!」。
福島市郊外のこけしの町としても知られる
土湯温泉はマイナスイオンたっぷり。
2016072907.JPG

2016072908.JPG

露天風呂に身を沈め、渓流の音に耳を澄ませば、
これぞ正真正銘の至福のひと時。
身も心も癒され「あ~気持ちいい!」とつぶやいてしまいました。

東北も梅雨が明ければ本格的な夏です。
どうですか、みなさん。
この夏、東北で「うまい!」「楽しい!」そして「気持ちいい!」を体感し、
いい思い出をつくりませんか!

投稿者:柳澤秀夫 | 投稿時間:18:30 | 固定リンク


2016年05月28日 (土)「そんなバナナ!」という近況報告


お久しぶりです。ヤナギーです。
前回、ブログを担当した時、
最後に「次回のブログは桜が満開の頃かな?」と書きました。
ところがどっこい、
時はめぐって、そろそろ梅雨入りかな?
という季節になってしまいました。
ヤナギーはこの間、
ちょうど大型連休が始まる直前でしたが、
かぜをひいてダウンしてしまいました。
しかし今はすっかり回復。
相も変わらず切れの悪い駄洒落を連発し、
イノッチや有働さんをはじめ
みなさんのひんしゅくをかうという、
いつも通りの日常を取り戻しています。
こんなことを書くと
「かぜが治らないほうがよかったのでは!」
という悪口も聞こえてきそうですが、
安心して下さい!私は大丈夫です。
年をとると、いわゆる「老人力」もついて、
ちょっとやそっとの罵詈雑言には
まったくめげなくなりました。
しかも物忘れも“順調”に進んで、
いやなことはすぐに忘れてしまい、
翌日に持ち越すこともなくなりました。
おかげでストレスも減って実に健康そのものです。

そんな訳で、
5月26日の「どうなのヤナギー」のコーナーでは、
いわゆる「パナマ文書」に
端を発した税金逃れの問題を取り上げ、
ヤナギーはやりたい放題、言いたい放題でした。
パナマを身近に感じて頂こうと「パナマ帽」をかぶって登場。
「似合うよ!」というイノッチや
ゲストのみなさんの掛け声で図にのり、
金持ちだけが得をして、
つつましく暮らす正直者がバカをみる、
「そんなバナナ!」ことがあってはならな~い!と絶叫。
納得がいかないことには、みんなで「ずる~い!」「せこ~い!」と
声をあげ続けよう!と檄を飛ばしで
コーナーを締めくくりました。
我ながら「困ったもんじゃの~!」と
度し難い自らのバカさ加減に呆れていますが、
みなさん!これがヤナギーなんです。
どうか諦めて下さい!
季節は鬱陶しい梅雨、
そして猛暑?の夏へと向かいます。
バナナでも食べて元気に厳しい季節を乗り切りましょう。
近況報告でした。
ではまた。

2016052801.JPG

投稿者:柳澤秀夫 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク


2016年02月13日 (土)春が来た!?


こんにちは。ヤナギーです。

春を見つけました!
20160213.JPG
☆クリックで拡大

NHK近くの代々木公園で撮影した梅の花です。

青空をバックに淡いピンクの花が実にきれいでした。
暖冬だと言われたものの、結構、寒さが身にしみる日が続いていたので、
梅の花を見てヤナギーはホッとしました。
やっぱり春はいいですね。とにかくウキウキしてきます。
「お前は年中ウキウキ。ノー天気!」と突っ込みが飛んできそうですが、
アメリカからは「重力波を観測した!」という
「歴史的な快挙」のニュースも飛び込んできて、
理科大好きのヤナギーはますます大興奮。
でも春は別れの季節でもあります。
これまで親しくしてきた仲間との「さよなら」もこの時期。
学校で、職場で、それぞれの春を迎え、さまざまな思いが交錯します。
柄にもなく、ちょぴり、しんみりムードになってしまいましたが、
もちろん春は、出会いの季節でもあります。
猫も夜な夜な妙な声で泣きわめき、出会いの春を実感させてくれます。
人と猫をごっちゃにするな!と、またまた怒られそうですが、
何はともかく季節は間違いなくめぐっています。
この<あさイチ>ブログの担当、次回はいつか?わかりませんが、
桜が満開の頃かもしれません。それまでみなさん、お元気で。

追伸
前回の有働さんのブログで最後の写真に私が写っています。
美味しそうにお弁当を食べる有働さんの奥のほうで、
にやけた表情で指を立てています。
遠くでよく見えないかもしれませんが、
立てている指は右手の人差指です。
ゆめゆめ「不適切!」と怒られる「あの指」ではありませんので念のため。
ヤナギーでした。

投稿者:柳澤秀夫 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク


2015年12月05日 (土)年賀状


ヤナギーです。12月3日(木)の「あさイチ」“どうなの?ヤナギー”
見ていただけましたでしょうか?

毎年、師走のこの時期、何かと話題になる年賀状がテーマでした。
平安時代から始まったと言われる年賀状。
その歴史をたどり昨今の「出す?出さない?」という悩みまで
スタジオのみなさんとワイワイ、ガヤガヤ、井戸端会議風にやりました。
時節柄、みなさんの関心は高いとは思ったのですが、
放送時間中にたくさんのメールやファクシミリが寄せられ、
改めて関心の高さに驚かされました。
出すのは面倒?でも受け取るとうれしい!みなさんの中にも、迷った末に
「定年退職を期に年賀状を“卒業”します」と決心した方もいらっしゃったようです。

いっぽう、毎年、同じ人から「今年で年賀状は最後」という
年賀状をいただくという方もおられました。
差出人は御高齢の方で、年賀状を出したことも、さらには文面さえも
すっかり忘れてしまい、毎年、同じことを繰り返しているのだそうです。
実になんとも言えないエピソードです。

かく言うヤナギーも年賀葉書を買ってはいるものの、
文面をどうするか?手書きにするか印刷にするか?いろいろ迷っています。
とにかく言葉を大切にする日本人。
出す出さないも含めいろいろな悩みはさて置いて、
何らかの形で1年に一度は心のこもった方法で近況を知らせあいたいものですね。

という訳で、少々気が早いのですが、みなさん、よいお年を!
そして来年も「あさイチ」をよろしくお願い致します。

20151205.JPG
よいお年を!来年もよろしく!

投稿者:柳澤秀夫 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク


2015年10月10日 (土)「大興奮のヤナギー」


ヤナギーです。
年甲斐もなくこのところ大興奮が続いています。

なぜかって?日本人の相次ぐノーベル賞受賞です。
きっとみなさんも同じだとは思いますが、
科学大好きヤナギーは嬉しさもひとしおです。
興奮のあまり「あさイチ」メンバーに「万歳」の歓喜メールを一斉に送りつけてしまいました。
メールの内容を後でよく読み返してみると、気持ちが先走っていて
意味不明のところが多々あり、みなさんに迷惑をかけてしまいました。

それにしても、どうしてそこまで興奮したのか?それには理由があります。
医学・生理学賞の大村さん、物理学賞の梶田さん、
共にその謙虚な人柄に胸を打たれました。
しかも、ひたすら、そしてひたむきに研究に励んでこられた姿が
ほんとうに際立っているからです。
お二人とも私があこがれる研究者像にぴったりなのです。

最近の世の中、成果主義とやらですぐに結果を出さないと評価されない!
そんな空気が支配的になりつつあるのでは!と、ちょっと気になります。
でもみなさん、科学の世界はそんなに甘くはありませんよね。
自然、さらには大宇宙に目を向ければすぐに判ることですが、
我々人類は実にちっぽけな、そして儚い存在です。
そのことに気付いた時はじめて我々は、
知の探究という大いなる旅路に一歩を踏み出すことができるのです。
そして地道にコツコツ、失敗をおそれず、人種や国籍、さらには世代をも超えて、
無限に広がる科学の世界に羽ばたくことができるのです。
みなさん、これってなんと素晴らしいことでしょうか!

ムム、やばい!今度はどうやら自己陶酔に陥ったようです。
意味不明のブログで今度は読者のみなさんに迷惑をかけそうです。
なので今回はこの辺でピリオド。
ではまたお会いしましょう。大興奮のヤナギーでした。

201510010.JPG


 

投稿者:柳澤秀夫 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク


2015年07月18日 (土)福島は暑かった!


7月13日から3日間、「あさイチ」は、まるごと福島にお邪魔しました。
梅雨時なので雨対策はしていましたが、暑さはノーマークでした。
まさか連日晴天で35度を超える猛烈な暑さが続くとは、
福島・会津出身の私も正直、想像していませんでした。
でも「あさイチ」は「雨」というジンクスを
見事に打ち砕いてくれたことはいいことでした。


初日の裏磐梯。オラが福島のシンボル、会津磐梯山もあまりの強烈な日差しで、
まぶしそうな表情に見えませんか?

P1010789.JPG

 

二日目、エゴマの話題で伺った田村市船引町のお隣、三春町には日本の三大桜の一つ、
樹齢1000年を超えると言われる「滝桜」があります。
春、満開になると滝が流れ落ちるような見事な姿を見せてくれます。
この季節も夏の太陽をしっかりと浴びて力強く緑の枝を広げ
パワーをみなぎらせていました。

P1010800.JPG

 

三日目の南相馬市小高区。この日も肌を突き刺すような猛烈な太陽の光で全身丸焼き状態。

でも「解決!ゴハン」の駒村さんは元気ハツラツ。
カメラを向けると満面に笑みを浮かべポーズをとってくれました。

P1010807.JPG

3日間、天気に恵まれた今回の福島キャラバン。
お世話になった福島のみなさん、ありがとうございました。
本当にありがとなし!(会津弁)ということで、
連日、脇汗ならぬ滝汗をかいて、
うまいこと減量に成功したヤナギーの福島キャラバン番外報告でした。


有働さん!日頃のご苦労、よ~くわかりました。
 

投稿者:柳澤秀夫 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク


2015年06月06日 (土)「試練の季節、幕開け!」


始まりました。私、ヤナギーにとって「試練の季節」が始まりました。

そうです。あれが出たんです。
夏、出た!と言えば、お化けと相場が決まっていますが、私の場合は違います。
夏の香味野菜の代表選手、みょうがです。

6月2日の<あさイチ>解決!ゴハン。
この日は「新しょうがとみょうがの甘酢漬け」でした。
15060601.JPG

しょうがとみょうが、「し」と「み」が違うだけですが、私にとっては天と地の違いです。
子供の頃、食卓に並んだみょうがを何気なく口に含み一口噛んだ瞬間、
全身をビビッと走った電撃ショックがいまも忘れられません。
歯と歯の間をにゅるっとすり抜けた食感とその時鼻に抜けた強烈なにおい。
一瞬、身震いしたことを今でも覚えています。
以来、みょうがと聞くだけで、条件反射的に身構えてしまうのです。
みょうがさん、みょうが農家さん、ごめんなさい。
恨みがあるわけではないのですが、こればっかりは、どうしてもだめようです。
去年9月、この「あさイチブログ」でみょうがを克服できるかな?!と書きましたが、
やっぱり錯覚だったようです!

そうは言っても、夏は、みょうががしばしばゴハンコーナーに登場します。
そのたびに、皆さんから「子供みたい!」「大人になりなさい!」と怒られています。
でも<あさイチ>のゴハンコーナーのスタッフのみなさんは実に優しい!
試食の時に、みょうがをそっと外してくれます。2日もそうでした。
私のお皿だけは、みょうがはまったくなし。しょうがの甘酢漬けだけでした。
これを見たゲストの室井佑月さんが
「あまやかしちゃだめ!」と言いたそうな目をしてくすくす笑っていました。

15060602.JPG 

最後になりますが、みなさんは、みょうがを食べると物忘れがひどくなるという話を
聞いたことがありますか?根拠のある話ではなくいわゆる俗説だそうですが、
私にはまんざら嘘ではないようにも思えるのです。
というのも実は私の母はみょうがが大好きでした。
母はすでに他界していますが、
戦前戦後のとても辛い時代を懸命に生き抜きました。
そう思うと、母がうまいうまいと言いながらみょうがを食べていたのは、
きっとい辛いことを忘れるためだったのに違いない!そう思えてくるのです。

夏、みょうがの季節がやってくると、ヤナギーは、そんなことも思っているのです。

投稿者:柳澤秀夫 | 投稿時間:10:00 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

RSS