2011年01月17日 (月)○○○アップで気分上々↑ (^^)/


 新しい年になりました。
 あさイチをご覧いただいているみなさま、今年もどうぞよろしくお願い致します!

 昨年暮れから、ワタクシ、妙に「階段」に反応しています。
 通勤中の駅の階段はもちろん、道すがらエスカレーターと階段、両方あれば、もちろん率先して階段です。
 時には無理して階段を一段飛び。ヒーヒー言いながら駆け上っています。
 特に駅構内ではほとんどの人がエスカレーター利用のため「どうしてこんなに必死になって登っているのかしら?」と不思議な目で見られることもしばしばです。

 でも大丈夫。がんばれるんです。ヒップのためなら!!

 そう、去年の年末から「ヒップアップ」について取材を続けてきた私は、ヒップアップに目覚めてしまいました。
   
 年齢とともにお尻が下がってしまう変化を、1月12日に「30代から始まる!たれ尻 徹底対策」でお伝えしました。
 取材をして驚愕したのは、おしりの垂れが始まるのはなんと30代から。
 ただし、大手下着メーカーの研究所の調査によれば、一方で20代から50代にわたってお尻の形がほとんど変化しない方もいらっしゃるんです。

 その違いは日常力。
①規則正しい食生活
②サイズがあった下着選び
③運動(姿勢や歩き方、階段をよく使う)
が左右するそうです。

 今回取材でお世話になった東京大学大学院教授の石井直方さんも、日常力の重要性を説いていらっしゃいました。
 階段があったら、エクササイズマシーンと思って積極的にのぼる。歩くときは歩幅を大きく、後ろ足を伸ばすことを意識する。積極的にお尻の筋肉を使うことが大切だと分かりました。
 ただし、続けないとだめなんですねぇ。
 「継続は力なり」と信じて、今は階段をコツコツ上る毎日です。

110117.jpg
★東京大学の石井直方さんとともに。スタッフ全員、女子でした。 (クリックで拡大)

投稿者:内藤裕子 | 投稿時間:10:42


ページの一番上へ▲

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

RSS