2011年04月18日 (月)震災と携帯電話


先週は3回出演。震災時の大都市での「買いだめや帰宅困難者」についてお伝えし、次の日に「肩こり」、金曜日には「震災後に売れている本」についてお伝えしました。

以前、有働キャスターも書いているように、何をどう伝えたらいいのか、毎日悩みながらの放送です。被災地の方、被災されていない方、誰かの役に立ってほしいと思いながらスタジオにいます。
 
突然ですが、家族の携帯電話の番号を覚えていますか?

震災直後に宮城県、岩手県に行きました。自分の携帯電話が流されたり、バッテリーが充電できずに使えなくなっている人たちが大勢いらっしゃいました。

何日か経って、衛星電話などが避難所に届けられるようになります。短い時間ですが、親戚や知人に連絡をとることができる環境になっても、電話をかけられずに困っている方が何人もいました。普段は電話本体のメモリに登録してかけているので、電話番号が分からないのです。

買いだめに走る前に、携帯電話の番号を覚えてみませんか。
今すぐできることで、確実に役立つことだと思います。

110418.jpg
★乾電池などが使える充電器もあると便利です。

投稿者:廣田直敬 | 投稿時間:10:00


ページの一番上へ▲

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

RSS