スマートフォン版へ

メニューへ


放送内容


1月29日(金)

印刷する


メインテーマプレミアムトーク 高橋恵子
【番組冒頭】ご注意!第三の頭痛


出演者

<プレミアムトーク 高橋恵子>
ゲスト:高橋恵子さん(女優)

<【番組冒頭】ご注意!第三の頭痛>
リポーター:石井かおるアナウンサー


去年、還暦とともにデビュー45周年を迎え、落ちついた気品漂う女優として女性雑誌の表紙を飾るなど、幅広い人気を誇る高橋惠子さん。
最新作は、舞台「そして母はキレイになった」。母と娘たちの心の葛藤を描いた家族の物語です。高橋さんは主演の母親を演じます。小さな劇団ならではの手作り感と若い劇団員との交流が刺激的という高橋さん、故郷の北海道でも各地で公演を行います。 
高橋さんは、3世代8人と10数匹の動物たちが暮らす大家族。「家庭は素の自分に戻り、エネルギーを与えてくれる場所」と語ります。しかし去年7月、高橋さんの人生に寄り添い見守り続けた母親を病で亡くしました。父親が酪農に失敗し、苦しい生活が続いた北海道での少女時代。スカウトされて15歳で映画デビューするも、刺激的な作品への出演が多かったことで、“奔放な女優”というレッテルを貼られ、作られたイメージに苦しんだ青春時代。さらに、女優人生の危機に陥ったつらい日々もありました。そんな高橋さんを支えたのが、楽天家で屈託のない笑顔で受け止めてくれた母親だったと言います。番組では、お母様への思いを、みずからの人生に重ねてじっくりと伺うとともに、年を重ねるごとに輝きを増す、高橋さんの不思議な魅力に迫りました。

高橋さんが出演する舞台

劇団ONEOR8(わんおあえいと)公演 「そして母はきれいになった」
1月27日~31日・東京(シアタートラム)
2月2日・相模原
2月6日・松本
2月9日・西宮
2月13日~3月1日・北海道9ケ所
劇団のホームページ:http://oneor8.net

番組で紹介したデビュー主演映画

「高校生ブルース」(1970年・大映)
監督・帯盛迪彦

番組で紹介した緒形拳さんと共演したドラマ

「とっておきの青春」(1988年・NHK)

※高橋さんの恵の字は旧漢字ですが、ホームページでは新漢字で表記しています。

番組冒頭ご注意!第三の頭痛

今、急増している“第三の頭痛”と呼ばれている後頭神経痛についてお伝えしました。
後頭神経痛は、後頭部の表面を走る後頭神経が刺激されることで、電気が走るような瞬間的な痛みが断続的に起きる頭痛。なぜ最近増えてきているのか、注意する点と改善方法をお伝えしました。

頭痛専門医

永関慶重医師
「ながせき頭痛クリニック」  
住所:山梨県甲斐市中下条1844-3

メカニズムを解説した医師

北川泰久医師(日本頭痛協会理事長・東海大学医学部特任教授)
「東海大学医学部付属八王子病院」 
住所:東京都八王子市石川町1838


視聴者のみなさまへ
番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません。
製品・サービスの特性や使用上の制限、契約内容・条件などについては、各自におかれまして、メーカーや販売会社に十分ご確認ください。


このページトップへ