スマートフォン版へ

メニューへ


放送内容


2月16日(火)

印刷する


メインテーマスゴ技Q ラクラク!ワンランクアップ!巻き方の極意
【ミニ企画】廃棄食品の横流し 全国検査


出演者

<スゴ技Q ラクラク!ワンランクアップ!巻き方の極意>
ゲスト:水道橋博士さん(タレント)、浜島直子さん(モデル)
リポーター:宮下純一さん(タレント・元水泳選手)

<【ミニ企画】廃棄食品の横流し 全国検査>
専門家ゲスト:高橋利行さん (行政書士)
リポーター:瀬田宙大アナウンサー


今回のテーマは「巻く」。
「オムライスの貴婦人」とインターネットで絶賛された「巻いて作る」オムライスの作り方や、マフラーやストールの冬向きで暖かい巻き方、そして春向きのおしゃれな巻き方。そして、ボリュームのなくなった髪にオススメ!家庭にあるもので簡単にできる髪の巻き方や、バッグの中でぐちゃぐちゃに絡まりがちなイヤホンや携帯電話の充電器のコードの巻き方。さらにお菓子の袋を、道具を使わずに「巻いて」しめる技まで、「巻く」達人たちの技を大公開しました。

オムライスを巻く

「巻いて作る」美しいオムライスの作り方を、洋食店店主の河邉龍美さんに教えてもらいました。卵を巻いてできたひだが美しい「ドレス・ド・オムライス」です。
まずはチキンライスを作り、卵のひだがきれいに出るように高めに盛りつけます。
次に卵を焼きます。空気が入らないように卵を溶かし、フライパンに入れてひだを作ります。ひだを巻くときに使うオススメの道具は「太めの菜箸」。細い菜箸だと穴が開きがちで、うまくひだを作ることができません。菜箸とフライパンを逆に回すなどしてひだを作り、チキンライスの上に盛りつけます。さらにデミグラスソースをかけたら完成です。

材料・1人分

・卵・・・4個
・塩・・・少々
・うまみ調味料・・・少々
・サラダ油・・・小さじ3
・バター・・・10グラム

<チキンライス>
---------------
・鶏もも肉(皮をとる)・・・50グラム
・たまねぎ・・・40グラム
・たけのこ・・・20グラム
・白米・・・180グラム
・塩・・・少々
・こしょう・・・少々
・うまみ調味料・・・少々
・サラダ油・・・小さじ1
・バター・・・適量
・ケチャップ・・・大さじ3
---------------

<飾りつけ>
---------------
・トマト・・・4分の1個
・スナップえんどう・・・1個
---------------

作り方

【チキンライス】

  1. 卵は薄めに味つけするため、チキンライスはケチャップを1~2割多く入れ、濃いめの味にします。
  2. 皿に高く盛りつけます。
    ※高く盛ることによってオムライスのひだを美しく見せることができます。

【卵】

  1. 薄く味つけした卵を、空気が入らないように直線的に菜箸を往復させて混ぜます。
    ※空気が入ってしまうと切れやすくなるそうです。
  2. フッ素樹脂加工のフライパンに多めの油を入れ、バターが液体状にしっかり溶けるまで温めます。
  3. 卵を一気に流し入れたら、菜箸を直径の両端から1本ずつ入れます。そして、フライパンを時計回り、菜箸を反時計回りに動かして、ひだを作ります。
  4. 菜箸を持ち直しながらフライパンの柄を元に戻し、もう1度巻きます。
  5. フライパンを持ち上げて卵を端に寄せたら、菜箸を持ち換えながら半回転させ、ひだを整えます。

【盛りつけ】

  1. チキンライスの土台の上に滑らせるように載せ、下の卵をチキンライスに巻き込むようにします。そして、トマト、スナップえんどうを上に盛りつけます。
  2. デミグラスソースをかけたら完成です。

<取材協力>
河邉龍美さん(洋食店店主)

ストールを巻く

寒さと暖かさが行き来するこれからの季節。1つのストールでできる、目的別のアレンジを、スタイリストの福田麻琴さんに教えてもらいました。
1枚だけ使うとしたら、福田さんのオススメは、薄くて大きめのストール。それを使ってまず、教えてもらった巻き方は、外れにくさナンバーワンの「ミラノ巻き」と、首にボリュームを出す「ネックレス巻き」でした。
首元をしっかりと覆うこの2つの巻き方のうち、どちらがあたたかいかを、日本女子大学教授の多屋淑子さんの協力で検証しました。
実験方法は、体の10か所にセンサーをつけ、20度に保った部屋で、皮膚温の変化を計測するというもの。計測結果は「ミラノ巻き」をしていた方が「ネックレス巻き」をしていたときに比べ、平均皮膚温が高くなりました。多屋さんは、その理由として、胸の部分を覆っていることで体幹が温められ、それが手足の先の部分まで皮膚温を高くしたと考えられると指摘しました。
最後に、春先にオススメの「アフガン巻き」も教えていただきました。

ミラノ巻き

イタリアで行われるファッションショーの関係者がしていたことが名前の由来と言われています。

  1. 首に1周巻きます。
  2. 少しずらして、片方を長くします。
  3. (2)でできた長い方を、輪の部分の下から少し出します。
  4. (3)でできた穴の間に、短い方を入れて完成。

ネックレス巻き

  1. 左右の長さが均等になるように首にかけます。
  2. 両端を後ろに持っていき、後ろで結びます。
  3. 結び目が見えないように、首に巻きつけた中に結び目をしまいます。
  4. 顎と首の間に少し隙間を持たせて完成。
    ※ストールを長くして使いたい場合、角を持って、もう片方の手を滑らせて対角線上に使うように形作るのがオススメです。

アフガン巻き

アフガニスタンの男性が、砂漠の砂をよけるためにストールを頭に巻いた形が名前の由来だと言われています。

  1. 3対2の長さになるようにストールを肩にかけます。
  2. 長い方を反対の肩に回します。
  3. 短い方の端を反対に回し、胸元で三角形を作り、端を首に巻いている部分にしまいます。
  4. 後ろにあった長い方の端を、前に垂らして完成です。

<取材協力>
福田麻琴さん(スタイリスト)
多屋淑子さん(日本女子大学 家政学部 教授)

お菓子袋を巻く

きれいに閉じられないため、ついつい食べ過ぎてしまったり、外出時に余ってカバンの中に散乱してしまったりする、袋入りのお菓子。そんなときに便利な、道具を使わずに「巻いて」閉じる方法を紹介しました。
最初のポイントは、端を重ねるように三角形を作って折ることです。次に、開け口からなるべく細く巻いていき、最初に折った三角形の交点まで巻きます。最後に左右に残った部分を、反対に折り返して完成です。
※スパゲッティの袋のように巻き込む余裕がなかったり、厚手ですべりやすい素材の場合、しっかり閉じられなかったりすることがあります。

お菓子袋の巻き方

  1. 両端を三角形に折ります。
    ※重なるように折るのがポイント。
  2. 開け口からなるべく細く、最初に折った三角形が重なるところまで巻きます。
  3. 左右に残った部分を反対側に折り返して完成です。

<取材協力>
小川知希さん(山芳製菓 マーケティング部)

コードを巻く

バッグの中で絡まってしまう、充電器やイヤホンのコード。そのコードが絡まなくなるスゴ技をあさイチのスタジオカメラマン、小口久代さんに教わりました。紹介してくれた巻き方は「8の字巻き」という巻き方。カメラのコードなどに使う方法ですが、ふだんの持ち物にも使うことのできる巻き方です。太くて長いコードは、床に8の字を描くように巻きますが、短く細いコードは手に巻きつけて、8の字を描いていきます。
この方法は絡まないだけでなく、コードのねじれも防ぐことができるので、断線防止にもつながります。

手で8の字巻きをする方法

  1. コードの端を上に向けて持ち、外向きに巻きます。
  2. 次に逆手でコードを持ち、手のひらを返してねじります。
  3. (2)でねじって出来た輪を、コードを巻きつけている手にかけます。
  4. (1)~(3)の作業を繰り返して完成です。
    ※イヤホンコードは、二股に分かれているところがバラバラになると絡まってしまうので、まとめて留めておきます。
    ※両端を持って伸ばすと絡みません。
    ※巻いた状態で通電させず、コードをまっすぐに伸ばしてから使用してください。

<取材協力>
小口久代さん(あさイチ スタジオカメラマン)

髪を巻く

年齢とともに、ボリュームがなくなる髪。ヘアメーキャップアーティストの山本浩未さんに、特別な器具を使わずに、髪を巻いてボリュームアップさせる方法を教えてもらいました。
使用する道具は、ドライヤー、霧吹き、アルミホイル、キッチンペーパーです。

巻き方

  1. ボリュームを出したい頭頂部に霧吹きで水を吹きかけ、シャンプーをするように手を動かしながらドライヤーをかけ、根元を立たせます。
  2. 巻く毛先にも霧吹きで水をかけ、湿らせます。
  3. 髪を分けます。頭頂部と両サイド、後ろは左右、合計5ブロックです。
  4. アルミホイルを巻く髪の3分の2ぐらいの長さで切り、(3)で分けた髪を包みます。
  5. 細長く折ったキッチンペーパーに、髪を包んだアルミホイルを巻いていきます。
    ※キッチンペーパーはしっかりしているので引っ張っても切れにくく、折る幅を変えれば、カールの大きさも調整可能です。
  6. 頭頂部は根元が立つよう、髪を前に持って行き、後ろに向けて巻いていきます。
  7. すべてを巻き終えたら、ドライヤーで温めてカールをつけます。
  8. アルミホイルが冷めたらほどきます。
    熱があるうちにほどいてしまうと、カールがとれてしまいます。
  9. 髪のカールをキープするため、ヘアスプレーをかけます。
    ボリュームのない根元は、髪を一度下にして根元からかけて立ち上げ、毛先は巻いた部分をキープするようにかけます。
  10. 毛先は、「くしゅくしゅ」ともみ込むようにすることで、髪の中に空気を入れ、ボリュームを出すことができます。

ヘアアレンジ

さらに巻き髪のワンランクアップ、ヘアアレンジ術を教えてもらいました。それは、ハーフアップです。頭頂部の髪の毛をまとめることで、ゴージャスな印象になるため、これからの卒業式や入学式にオススメです。

ハーフアップのやり方

  1. 後頭部にボリュームを出すため、2段に分けて逆毛を立てます。
  2. 左右の頭頂部の髪を後ろに集めます。
    ※このとき、(1)でボリュームを出した頭頂部の毛がつぶれないようにします。
  3. 集めた毛をヘアクリップでとめます。
    ※その後、(1)で逆毛を立ち上げた頭頂部の髪を軽く引っ張り出すと、
    ぺたんこ感がなくなり、華やかになります。

<取材協力>
山本浩未さん(ヘアメーキャップアーティスト)

【ミニ企画】廃棄食品の横流し 全国検査

愛知県で、廃棄食品の横流しが発覚して1か月。環境省は、きのう、全国の産業廃棄物処理業者に対して各自治体が行った立ち入り検査の結果、全1798施設で「転売の事実は確認されなかった」と発表しました。あさイチは、先月26日に埼玉県が行った立ち入り検査に密着。横流しの事実は見つかりませんでしたが、県の担当者からは、検査の限界を指摘する声があがりました。
番組では、今回の立ち入り検査で十分だと言えるのか、廃棄すべき食品が食卓にのぼらないようにするためにはどんな対策が必要かお伝えしました。

※高橋さんの高の字は旧漢字ですが、ホームページでは新漢字で表記しています。


視聴者のみなさまへ
番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません。
製品・サービスの特性や使用上の制限、契約内容・条件などについては、各自におかれまして、メーカーや販売会社に十分ご確認ください。


このページトップへ