2月28日

ぽちポチまつり ぽちポチ“チョイ得”まつり

お手元のリモコンをぽちポチ押して番組に参加する双方向企画「ぽちポチまつり」。
今回のテーマは「チョイ得」。日常で見落としている知っていれば、ちょっとお得になる“チョイ得技”を紹介しました。見ていると思わずやってみたくなる“チョイ得”や日々の生活にイライラせずにすむ“チョイ得”、時短ライフを手に入れる“チョイ得”を紹介しました。また、得はしないかもしれないが子どもと一緒にやってみたくなる技や家事のテクニックも紹介しました。

見ているだけで気持ちいいチョイ得

カップからすんなりプリンを出す方法

プリンを皿に載せ、カップの真ん中あたりを少し押しながら一回転する。
※遠心力をかけることを心がけ腕を横に振るように回ってください。
※商品によっては出にくい場合があります。

ネジ頭が潰れたネジを回す方法

潰れたネジ頭にゴムを置いて、上からドライバーを回します。
※ドライバーでゴムを押しながらゆっくり回してください。
※ネジ頭が潰れすぎていると、ゴムをしても回らない場合があります。

黄身と白身を簡単に分ける方法

  1. ペットボトルの中央部分を指で押し、へこませた形をキープする。
  2. へこました状態のペットボトルの飲み口部分を黄身に当て、ペットボトルを潰している手の力を緩める。
    ※黄身に対して注ぎ口を垂直になるようにするのがポイントです。

卵パックをペッチャンコにする方法

卵パックに熱湯をかける。
※熱湯をかけるときは、熱いので注意してください。

ペットボトルをペッチャンコにする方法

  1. ペットボトルの3分の1ほどまで熱湯を入れる。
  2. フタを締め、よく振ってからお湯を捨てる。
  3. ふたたびフタをして、置いておくと潰れます。
    ※熱湯をかけるときは、熱いので注意してください。

イライラを解消するチョイ得

こぼさずに豆乳を注ぐ方法

注ぎ口を上にして注ぐと、液体が注ぎ口をふさがないので空気の流れがスムーズになり、ボコボコせず注ぐことができる。
※注ぎ口を下にして注ぐ方法を勧めている商品もあります。その場合は、説明どおりに使用してください。

包丁でフランスパンをキレイに切る方法

フランスパンの底面の方が硬いため、上にして切るとパンが押しつぶされにくくキレイに切れる。

落ちない腕まくりの方法

服を内側に巻くと、より腕を圧迫し落ちにくくなる。

効率的に雑巾を絞る方法

雑巾を縦に持ち、手首を内側に回すと、無理なく力が入るためしっかり絞ることができる。

網戸の位置を右側にすれば虫が入りにくくなるチョイ得

換気などで窓を少しだけ開けるときに、網戸が右にあるか左にあるかで虫の入ってくる度合いが変わります。
引き違い窓の網戸で左側に網戸がある状態で使用すると、窓半開状態では隙間が大きいため、その部分から虫の侵入が起こります。一方、右側で網戸を使用する場合は、窓と網戸の隙間が少なくなるため虫が入ってきません。

※網戸が左側でも窓が全開状態で使用するのであれば問題ありません。

【撮影協力:株式会社LIXIL】

スタジオで紹介したチョイ得

包丁にキュウリがくっつかない方法

包丁のキュウリが当たる反対側に、つまようじをテープで貼りつけて切る。

吹きこぼれがなくなる方法

菜箸を鍋の真ん中に置くと、吹きこぼれが防げます。
菜箸が泡をはじいて、急速に沸騰するのを防いでくれるためです。

※完全に吹きこぼれを防止するものではありません。
※吹きこぼれないからといって、火をかけた鍋から目を離さないでください。
※強火だと箸が焦げる可能性があるので、気をつけてください。

時短のチョイ得

ラップの切れ目がすぐに見つかる方法

オクラの袋をラップにかぶせ回すと、切れ目がすぐに見つかります。
※オクラの袋ではなく、みかんの袋でも代用できます。

ドレッシングをすぐに混ぜる方法

ドッレシングのボトルの真ん中を持ち、数回左右に倒すと早く水と油が混ざります。

キウイの皮をすぐにむく方法

コップの縁に皮と実のあいだを押しあて滑らせます。
※ほかにもマンゴーやアボカドなど皮が厚く、実が柔らかい果物だと同じ方法で皮がむけます。
※あまり熟していない硬い状態ですと、うまく皮がむけない場合があります。

子どもと一緒に楽しむチョイ得

水の色を変える一発芸

ペットボトルのフタの裏に好みの水性絵の具を少量つけます。
水の入ったペットボトルに先ほどのフタをして振ると、絵の具が溶け水の色が変わります。

スルメを戻す方法

  1. スルメの両端に、数か所切り込みを入れる。
  2. 水1リットルに食品用の重曹大さじ1を入れて混ぜる。
  3. (2)に(1)を入れ数時間からひと晩漬ける。

戻しスルメの炒め物

印刷用ページ

水に絵を浮かせる方法

<用意する物>

  • ホワイトボードマーカー
  • 水(炭酸水を混ぜると成功しやすいです)

<やり方>

  1. ホワイトボードマーカーで鏡に絵を描く。
  2. 10分ほど乾かす。
  3. 水の入ったボウルに絵を書いたスライドガラスをゆっくりと入れます。

ゲスト:藤本美貴さん(タレント)、児嶋一哉さん(タレント)
プレゼンター:宮下純一さん(タレント・元水泳選手)