3月14日(火) この日の放送内容へ

アカモクと春菊のかきあげ

橋本幹造さん(日本料理店主)

材料・2人分

  • アカモク(乾)20グラム
  • たまねぎ20グラム
  • 春菊30グラム
  • 薄力粉(打ち粉用)小さじ2
揚げ衣
  • 薄力粉大さじ2
  • 大さじ3
  • サラダ油500ミリリットル(22センチのフライパンの場合)
  • 少々

下準備

  1. 春菊は、水洗いし、ペーパータオルで水けを切っておく。
    たまねぎは、半分に切り、芯を取り除いておく。

作り方

  1. アカモク(乾)は、茎の部分を外す。
    ※茎の部分はかたく、火がとおりづらいため取り外す。
  2. 春菊は、葉と茎を手でちぎって分ける。
  3. (2)の春菊の茎を、斜め切りにする。
    ※斜めに切って繊維を断つことで、火がとおりやすくなる。
  4. たまねぎは、繊維に沿ってできる限り薄く切る。
    ※薄く切ることで、アカモク(乾)・春菊と火のとおりをそろえることができる。
  5. ボウルに、アカモク(乾)・春菊・たまねぎを入れ、軽く混ぜ合わせる。
  6. (5)のボウルに薄力粉(打ち粉用)を加え、さっと混ぜる。
    ※打ち粉をすることで、衣がまんべんなく付き、仕上がりがサクサクになる。
  7. (6)とは別のボウルで薄力粉と水を泡立て器で軽く混ぜ、揚げ衣を作る。
    ※衣に卵を使わないことで、仕上がりが軽くなり、サクサク感がアップする。
    ※薄力粉と水の割合は、2:3。これが橋本流黄金比。
  8. フライパンにサラダ油を入れ、150度まで加熱する。
    ※1.5センチの高さまで油を入れる。油の量は、フライパンの大きさに応じて変える。
    ※150度の目安は、揚げ衣を落として、底まで沈んで浮いてきたら。
  9. (8)のフライパンが150度になったら、(6)の打ち粉をした具材と、(7)の揚げ衣を混ぜ合わせてタネを作る。
    ※150度に到達してから手早くタネを作るのがポイント。
  10. (9)のフライパンの火を止めて、タネを入れ、強火で加熱。
    ※加熱時間は1分50秒ほど。目安は、泡が大きくなるまで。
  11. 火を止めてから、かき揚げのタネをひっくり返し、裏面を強火で加熱。
    ※加熱時間は50秒ほど。目安は、泡が大きくなるまで。
  12. 油をきって、適当な大きさにちぎって盛りつけ、塩を振る。