3月15日

断り上手でハッピーライフ

春といえば、心躍る出会いの季節。でもちょっと面倒なのが、いろいろなお誘いやお願いも増えることですよね。ママ友やご近所とのつきあい、PTAの役員などなど。できないものははっきり断りたい、でもそんなことなかなか言えない・・・。そんなお悩みを解決してくれるプロたちをお招きしました。精神科医、心理学者、コールセンターの担当者、シナリオ学校の講師から銀座のママまで。それぞれの専門分野から、人間関係を損なわない「断り方」を教えてもらいました。これで、あなたも「断り上手」!

エキスパートの断り表現

日頃、断ることが多い断りのエキスパートたちに、断りにくいシチュエーションの答え方を教えていただきました。

<ご出演いただいたエキスパート>
内藤誼人さん(心理学者)
伊藤由美さん(銀座クラブママ)
竹内幸子さん(コールセンタースペシャリスト)

お世話になっている人から共同購入に誘われて

いつもお世話になっている近所の方から、「グループで買うと通販が安く買えるの。あなたも入会して」と誘われました。
別に買いたいものがあるわけじゃないし、本当は断りたいです。
でもつきあいもあるから、断ったら角が立ちそう。
どうしたらいいでしょうか?

【エキスパートの答え】
心理学者:「加入はできないけど 代わりに○○するね」
銀座クラブママ:「私もネットワークビジネス始めたの こちらもおつきあいいただけませんか?」
コールセンタースペシャリスト:「義母の関係で別の通販しているの ごめんなさい~」

ママ友に夜の食事に誘われて

保育園の仲よしママグループ。
ある日、平日の夜にディナー会をしようという話になりました。
仕事をしている私には翌日のことを考えると夜の集まりはとっても負担。
でも行かないと、子どもが仲間はずれになったり、次から誘ってもらえなくなるのではないかと心配です。どうしたらよいんでしょう。

【エキスパートの答え】
心理学者:「最初の30分で失礼するけど 喜んで」
銀座クラブママ:「ランチに誘ってください 今回はワインを差し入れます」
コールセンタースペシャリスト:「ごめんなさい 今回はお休みするわ また誘ってね」

精神科医オススメ 関係を悪くしない断りテクニック

関係を悪くするのは、相手が「拒絶された」という気持ちを持つため。
それを回避するために大事なのが、相手の考えを尊重しているという意思表示。
最初に「尊重する」言葉を言うことで、断っても、相手との関係が悪くなることを回避できます。
そこで、精神科医が推奨する「相手との関係性を悪くしない断り方」は、

まず最初に「尊重する」言葉を。その後に事情を説明(このときの話す事情は、自分のだめな部分を出すとより効果的)。そのあとに、断ってしまうことに対しての謝罪をいれて、必要ならば、フォローするという順番。
このとき大切なのが、「自分のことだけ」を話すこと。むやみに相手の気持ちにたって話すことは逆効果です。

<ご出演>
水島広子さん(精神科医)

シナリオライター流 “断ってモヤモヤ”解消法

断ってしまったあと、「相手に悪かったな」「嫌われてしまったかな」とモヤモヤ悩むことありますよね。そんなモヤモヤを解消するのに効果的なのが、シナリオです。
ドラマや映画の設計図になるシナリオは、登場人物の背景や事情をせりふや行動にして書いていきます。モヤモヤを解消したいときは、この逆の作業をします。断ったときの状況、発言や行動を書き出しシナリオにします。そのシナリオを見ながら、それぞれの人がどういう事情でどういう背景を持っていたのかを考えます。こうすることで、状況を客観的に見ることができ、状況の整理ができます。そのときどうすべきだったか、相手はどう思っているのかを冷静に考えられるんです。

<ご出演>
新井一樹さん(シナリオ学校講師)

タイプ別診断

コールセンタースペシャリストの竹内さんの極意は、相手のタイプがどのタイプかを見極め、それに合わせて断る、断り方法です。
タイプはライオン、オオカミ、タヌキ、ウサギの4タイプです。

●ライオンの特徴:リーダーシップもあるが少し強引。
きっぱり断ることが大切。返事の引き延ばしはNG。

●オオカミの特徴:論理的ですが、冷淡な面もある人。
根拠を明確に話し、あいまいな表現はNG。

●タヌキの特徴:社交的ですが、おおざっぱ。
感情表現豊かに断ることが大切で、否定や批判はNG。

●ウサギの特徴:穏やかですが、主張がない人。
経緯を長く説明しましょう。フォローなしはNG。

また、自分がどのタイプかを知ることで、注意すべき点がわかります。
画像の対角線にあるタイプに断る場合に失敗しがちなので、特に注意しましょう。

自分のタイプをチェックしよう!

【チェックリスト(診断編)】
チェックしたポイントを、以下のグループごとに合計してください。
()の中に2倍と書かれている問は、ポイントを2倍にして計算。
合計ポイントがいちばん多いのが、あなたが分類される動物です。
同点になった場合は、より強い方の動物になります。(ライオン、オオカミ、タヌキ、ウサギの順)。

●ウサギ
問1
問3
問11(2倍)

●タヌキ
問2(2倍)
問7
問9

●オオカミ
問5(2倍)
問6
問12

●ライオン
問4(2倍)
問8
問10

専門家ゲスト:内藤誼人さん(心理学者)、伊藤由美さん(銀座クラブのママ)、竹内幸子さん(コールセンター指導員)、水島広子さん(精神科医)、新井一樹さん(シナリオ学校講師)
ゲスト:壇蜜さん、玉ちゃん
リポーター:三輪秀香アナウンサー