5月19日

プレミアムトーク 和久井映見

朝ドラ「ひよっこ」で、ヒロイン・みね子が働く向島電機、乙女寮の舎監・永井愛子を演じる和久井映見さん。
愛子は、地方から上京してきた女子工員たちに優しく接し、母や先生のような存在ですが、すっとぼけていてマイペース。時にはその天然ぶりに、工員達から「ちょっとめんどくさい・・・」と思われてしまう愛されキャラクター。和久井さんご自身は、「一方で、人生の重みや生きていく上で大切なことを知っている。説得力を持たせなければならない重みもある、とても難しい役です」と語りました。
その「ひよっこ」の見どころの一つが、昭和の時代を忠実に再現したセットや小道具です。乙女寮の愛子の部屋は“昭和の乙女ルーム”。和久井さんも思わず「懐かしい!」と声を上げてしまった、こだわりのセットを紹介しました。
和久井さんは高校生の時にスカウトされて芸能界デビュー。20歳を過ぎた頃から相次いで主演に抜てきされ、ドラマ「ピュア」などが立て続けに大ヒット。清そでかれんでいながら、芯の強い女性のイメージで人気となり、正統派女優の地位を確立しました。
番組では、30年に渡る女優人生を振り返りながら、デビュー以来、凜として輝き続ける和久井映見さんの魅力に迫りました。

●連続テレビ小説「ひよっこ」
ホームページ:http://www.nhk.or.jp/hiyokko/

ゲスト:和久井映見さん(俳優)
VTRゲスト:有村架純さん(俳優)