6月6日

スマートライフ ストレスに負けない!心のトレーニング

「怒らせたかもしれない」「嫌われているかもしれない」と思うことで不安が高まり、大きなストレスになることがあります。しかしそれは妄想であって、実際に相手がどう思っているのかはわかりません。マイナスな思考から抜け出せず人間関係に悩んでしまうときは自分を客観的に見て、妄想と現実の区別をはっきりさせることが必要です。思い込みや取り越し苦労などのモヤモヤした思考から抜け出すための簡単なトレーニングを教えていただきます。

あなたのモヤモヤをチェック!

次の5つの中で当てはまるものがいくつありますか?

1.自分の考えが心の悩みの原因になっている
2.考えていることにとらわれすぎていちばんしたいことができない
3.自分自身の考えと苦闘する
4.特定のことを考えると自分に動揺する
5.よくないとわかっていてもマイナスな考えに執着してしまう

4、5つ当てはまるという方は要注意!自分の考えにのみこまれやすいタイプかもしれません。

妄想の中から抜け出すためには

妄想にとらわれそうなときにはどう対処したらよいのか、その方法を教えていただきました。
○ネガティブな考えのあとに「・・・と考えた」という言葉をつけ足してつぶやく
 ⇒「自分が考えているだけで現実ではない」ということが明確になると気持ちが軽くなります。
○1音づつ区切りながらゆっくりしゃべる
 ⇒ 言葉があまり意味を持たなくなり深刻度が軽減されます。
○歌にしてみる
 ⇒でたらめに歌ってみると心配な気持ちが軽くなる。ふだんしないことなので笑えてきます。
○キャラクターの声でしゃべる
 ⇒ 「きっとできないニャー」など声まねで大げさに言うことで大した悩みではないことに気づきます。

よけいなことに気をとられない!音探しストレッチ

テレビの音、電車の音、犬の鳴き声、時計の音、波の音など、どんな音がいくつ聞こえてくるかを数えて、その中からひとつの音を意識して聞ききます。これを続けると不安な気持ちが浮かんでもパッと切り替えられるようになります。

専門家ゲスト:熊野宏昭さん(早稲田大学教授)