6月20日

スゴ技Q 部屋干しのお悩み スッキリ解消術

梅雨のお困りと言えば、部屋いっぱいに広がる「部屋干し」の洗濯物。みなさんのお部屋にも、たくさんの洗濯物がぶら下がっていませんか?今回は、そんな邪魔な部屋干しからさようなら!厚手のジーンズや大形のバスタオルなど、“乾きにくい強敵”を早く乾かす技や、ほとんどのご家庭にある「あるもの」を使って“時間を大幅に短縮”させる方法などご紹介。
さらに、部屋干しで発生するあのニオイもなんとかしたい!原因となる皮脂汚れを、こちらもほとんどのご家庭にある「あるもの」を使って“キレイに落とす”技もお届けしました。

部屋干しの難敵をはやく乾かす!針金ハンガークネクネ術

わざわざお金をかけずに、ご家庭にある“針金ハンガー”を使って「はやく乾かす方法」を教えてくれたのは、家事アドバイザーの毎田祥子さん。意外に乾きずらい「綿のTシャツ」や、乾きずらい代表選手「ジーンズ」、さらに「子どもの上履き」を針金ハンガーをクネクネさせて、はやく乾かします。

取材協力:毎田祥子さん(家事アドバイザー)

ジーンズをはやく乾かす針金ハンガークネクネ術

乾きずらいジーンズは、裏返しにして針金ハンガーをポケットに差し込むことがポイント!

  1. 針金ハンガー2本用意して、2本とも、横長につぶします。
  2. 1本目の針金ハンガーはベルト通しに通します。2本目は、両方のポケットに差し込み、ハンガー上部をファスナーから出します。こうすることで、ポケットに風が当たりやすく、ウエスト部分は筒状になり空気が入りやすくなります。ちょっとした一工夫で乾き方に差が出るそうです。

Tシャツの場合は、

  1. 針金ハンガー1本用意します。
  2. 針金ハンガーを横にして、手前に軽く折り曲げます。
  3. 下の部分を手前に引っ張り、三角形にします。
  4. Tシャツに通し、三角形の頂点を前身ごろに当てるようにします。

上履きの場合は、

  1. 針金ハンガー1本用意します。
  2. 横長につぶして、両側を上に折り曲げます。
  3. 折り曲げた部分に上履きを指します。

半分の時間で乾かす技!ご家庭にあるアレが大活躍

部屋干しで多くの人のお悩みが、「いつまでも洗濯物が乾かない!」。そんなお悩みを解決してくれたのは、洗濯の達人・山縣義文さん。山縣さんのおススメの干し方は“アーチ干し”。アーチ干しは、角ハンガーの外側に長い衣類を干し、内側に短い衣類を干す方法。ほかの干し方を比較実験をしたところ、乾くまで4時間30分かかっていたのが4時間に短縮。さらに今回は、扇風機を使い半分の2時間で乾く技を紹介しました。

扇風機の使い方(1)「首は振る?振らない?」

アーチ干しの洗濯物を扇風機を使って半分の時間で乾かす方法。山縣さんによると、扇風機の首は、振らなくても振っても同じということです。ただし、たくさんの角ハンガーを乾かしたい場合は、首を振ってまんべんなく風を当てた方がよいそうです。

扇風機の使い方(2)「どこを狙う?」

扇風機を向けるのは、直接洗濯物に当てるのではなく、アーチ型の真ん中を狙います。洗濯物のまわりの湿った空気を飛ばしてあげるのが重要なんだそうです。

扇風機の使い方(3)「強さは?」

気になるのが扇風機の強さ。今回、「弱」「中」「強」の3つを比較実験したところ、「中」と「強」は2時間で乾き、少し遅れて「弱」でした。強い風を当てればはやく乾くというのは大間違い。洗濯物が揺れる程度(風速2メートル)あれば十分。ちなみに、「中」と「強」の電気代を比較したところ、「中」は2.16円、「強」は2.43円という結果に。ほんの少し「中」がお得でした。

干し方で違い!乾きずらい大物「バスタオル」速乾術

乾きずらい大物「バスタオル」が、干し方ひとつで乾く時間が変わります。今回は、「U字干し」「蛇腹干し」「囲み干し」「縦長干し」の4つで実験しました。角ハンガーにバスタオル2枚を干し、扇風機の「中」の風を当て実験開始。1時間後には、「U字干し」以外は70%以上乾燥。1時間30分後、「囲み干し」が大きくリードし、1時間45分後に「囲み干し」が一足はやく乾きました。なぜ、「囲み干し」がはやく乾くかというと・・・。
ポイント(1)洗濯物は上から乾いていくので、縦長に干すより横長に干した方がはやく乾く。
ポイント(2)隙間を開けて、空気の出入り口を作るとはやく乾く。
限られたスペースの中で、はやく乾かすには囲み干しがいいという結果になりました。

部屋干しのイヤ~なニオイ撃退法!

部屋干しで気になるのが、あのイヤなニオイ。その原因の一つが皮脂汚れ。夫のワイシャツの汚れとニオイが気になる・・・そんなお悩みを解決してくれたのが、家庭の洗濯を研究して41年の藤居眞理子さん。ワイシャツの襟汚れをスッキリとって部屋干し臭をなくすには、どのご家庭にもある「固形せっけん」を使います。

襟汚れの落とし方

  1. 40度ぐらいのお湯に襟をつけます。
  2. タオルなどの上にワイシャツを置き、襟に固形せっけんをたっぷりこすりつけます。
  3. 歯ブラシで汚れ部分をゴシゴシこすります。
    ※ワイシャツの素材に注意してください。綿、ポリエステル、麻はこの方法が使えますが、シルクは生地を傷めますので、行わないでください。
  4. お湯でしっかりせっけんを落とし、通常どおり、洗濯機で洗って部屋干しをします。

専門家ゲスト:山縣義文さん(洗剤メーカー研究員/工学博士)、藤居眞理子さん(東京家政学院大学 元教授)
ゲスト:的場浩司さん、佐藤仁美さん
VTRゲスト:毎田祥子さん(家事アドバイザー)
プレゼンター:副島淳さん(タレント)