7月12日

9時台の企画 九州北部豪雨 今求められるボランティアの心得

九州北部に大きな被害をもたらした水害。被災地では今、次々と災害ボランティアセンターが立ち上がり、活動を始めています。今、現地で求められていることやボランティアに参加する際の心得などをお伝えしました。

現在開設している災害ボランティアセンター

7月12日現在、以下の市町村で、ボランティアの募集を行っています。

日田市災害ボランティアセンター

「総合保険福祉センター」
住所:大分県日田市上城内町1-8
電話:080-5074-9103/080-5079-9420
受付時間:午前9時~午後12時
ホームページ:http://hitavc.jp/
※「道の駅うきは」駐車場を宿営地として使うことができます。

朝倉市災害ボランティアセンター

「朝倉球場」
住所:福岡県朝倉市宮野2003-1
電話:080-2300-3558
受付時間:午前9時~午前11時(活動は午後4時まで)
ホームページ:http://asakuravc.jp/
※朝倉球場を駐車場として開放しています。

添田町災害ボランティアセンター

「そえだジョイ2階」
住所:福岡県田川郡添田町大字添田1573番地
電話:0947-82-5861
受付時間:午前8時30分~午後12時
ホームページ:https://soedasaigaivc.jimdo.com/
※近くの添田公園駐車場をご利用ください。

ボランティアで心がけること

ボランティアへ行く際の服装は下の絵を参考にしてください。
泥の除去作業は、乾燥した泥が舞うので、マスクが必要です。立体型がオススメです。
また、コンタクトレンズを使っている方はゴーグルを用意してください。
ない場合は水泳用のゴーグルでも大丈夫ですし、あるいは、コンタクトをせずにめがねをかけるようにしてください。
泥の中に、くぎやガラスがあることも考えられますので、暑くても長袖長ズボン、そして、厚めで長目のゴム手袋を用意してください。
また、各ボランティアセンターでは、スコップなどの資材を貸し出ししていますが、数が足りなくなる場合もありますので、持ってこられる人は持参しましょう。

ゲスト:柴田理恵さん、藤井隆さん
リポーター:瀬田宙大アナウンサー