7月13日

出たトコ!村 東京都三宅村

シリーズ企画「出たトコ!村」は、視聴者からいただいたメールの中から訪問地を決め、リポーターのヤスくん(古原靖久/俳優)が事前取材を一切せずに現地に飛び込み、“出たトコ”勝負で地域の“ピカピカ”な魅力を探し出す企画です。
今回は東京都三宅村でピカピカ探しに挑戦しました。

撮影場所:東京都三宅村

【三宅村へのアクセス】

三宅島へは船と飛行機でアクセスすることができます。
▼船・・・東京竹芝桟橋から「東海汽船」で6時間30分程度(毎日運行)
▼飛行機・・・調布飛行場から「新中央航空」で50分程度(毎日運行)
 ※番組では船便を利用しました。

ピカピカ探し3日目

快晴に恵まれたこの日、島歩きの途中で立ち寄った商店の店主・曽我部勇さんにオススメのビュースポット「伊豆岬」を教えていただきました。「伊豆岬」を目指していると、途中で木々に覆われた“自然のトンネル”が出現。ちょっと寄り道をしてみると、農作業をしていた池田やす子さんに出会いました。この時期にしか取れないという細いタケノコ、「ニガタケ」の収穫を体験させてもらいました。海を一望出来る「伊豆岬」の絶景を楽しんだあと、池田さんのお宅で「ニガタケ」の天ぷらをいただきました。そして、夕方になると、クライミング施設を教えてくれたカフェ店主の沖山雄一さんから、光るキノコが見られるという情報が。沖山さんとともに訪ねると「シイノトモシビダケ」という、八丈島で発見され、最近になって三宅島でも見つかったというキノコを発見。残念ながらビデオカメラでは捕らえられませんでしたが、沖山さんのカメラで幻想的に光るキノコを捕らえることができました。

ヤスくんが訪ねた「伊豆岬」

・場所
 三宅村伊豆地区の海岸線一帯

・交通アクセス
 三宅村営バス「伊豆岬入口」バス停下車 徒歩でおよそ30分です

※自由に立ち入れるため、営業時間や定休日などはありません。
 「伊豆岬灯台」の周辺には、休憩所とトイレが設置されています。

「ニガタケ」について

・購入について
 収穫できる時期や量が限られるため、一般に流通はしていませんが、
 旬の時期(6月~7月上旬)に、島内の商店などでまれに販売されることがあります。

「光るキノコ」について

・場所
 環境保護の観点から、見られる場所は周知されていませんが、地元の観光ガイドの案内で一般の観光客でも観賞を楽しむことができます。

・お問い合わせ
 「三宅島観光協会」
 住所:東京都三宅島三宅村阿古672-3
 電話:04994-5-1144
 ホームページ:http://www.miyakejima.gr.jp/

リポーター:古原靖久さん(俳優)