7月19日

夏こそ!ビネガー

今、お酢ブームが沸騰中!酢の健康効果は、毎日大さじ1杯とるだけで、内臓脂肪が減ったり血圧が下がったり、血糖値の上昇も抑えられたりといいことばかり。話題の『干しぶどう酢』は、食べ続けた結果、便通が改善しなんと23キロ減量した女性もいるという。酸っぱいのが苦手な人でも無理なくおいしく酢をとれる、意外な食べ合わせのコツや、日本古来の食文化に精通した伝説の料理人が教える、夏向きの極上メニュー、さらには賞味期限切れのお酢を活用した掃除&洗濯アイデアまで。酢を徹底活用するあの手この手を、ご紹介しました。

酢ムリエが教える『お酢をおいしく飲む法則』

岐阜県八百津町に「飲む酢」の第一人者、内堀光康さんがいます。
この方は14年前から『飲む酢』の開発に取り組んでいます。
工場にお邪魔してその製造過程を見せてもらったあとは、お酢を飲む場合の知っておくとお得な法則を教えていただきました。

(1)甘いものと合わさると、かえって酸っぱさが強調されてしまう

(2)酢とタンニンは合わない

(3)お酢は酸っぱいものと合わせて飲むべし

“洗濯王子”が教える『酢の洗濯活用法』

あさイチ特選の酢のスゴ技をあらためてご紹介。
水あかで曇ってしまったグラスなどガラス製品は、酢と塩を9:1で混ぜたものをキッチンペーパーに染み込ませて拭いたあと、40度のぬるま湯ですすぎ洗いするだけでピカピカに!
洗面台のフチなど水回りについた頑固な黒ズミやカビ。お酢を水で倍に薄めた『酢水』で落ちるんです。ティッシュペーパーを汚れた部分にかぶせて上から酢水をふきかけるだけ。
“洗濯王子”こと中村祐一さんは、酢を洗濯で使う際のポイントを紹介してくれました。

(1)中性洗剤の入った水に酢をたらすだけで服の色落ちを防止できる
(2)洗濯槽の掃除には、重曹を入れた水+酢。泡が発生するので、その力で汚れを落とせる

干しブドウ酢入り 甘酸っぱいソースのチキンソテー

印刷用ページ

干しぶどう酢入りひとくちロールカツ

印刷用ページ

甘夏なます

印刷用ページ

黒豚つぶし

印刷用ページ

グレープフルーツレモンビネガー

印刷用ページ

トマトアンドビネガー

印刷用ページ

専門家ゲスト:内堀光康さん(酢ムリエ)、松本栄文さん(料理人・食品学者)、中村祐一さん(洗濯家)
ゲスト:中村江里子さん、岩尾望さん
VTRゲスト:中村祥子さん(バレエダンサー)
リポーター:古野晶子アナウンサー