7月21日

プレミアムトーク 佐々木蔵之介

朝ドラ「ひよっこ」で、ヒロイン・みね子を優しく見守り続ける「すずふり亭」の料理長・省吾を演じる、佐々木蔵之介さん。
今回は佐々木さんの案内で、イノッチと有働アナウンサーが「すずふり亭」のドラマセットに潜入します!
省吾が厨房で腕を振るうハヤシライスにビーフコロッケなど、昭和の“夢”が詰まったおいしそうな洋食はもちろん、そのテキパキと手際よく調理する姿も魅力的!「 料理長として立派に見えるポイントは、いかにむだなく動くかを意識して演技をした」という佐々木さん。厨房にあるこだわりの道具やセットの秘密を生中継で教えてもらいます!
佐々木さんは、京都の造り酒屋の次男として生まれてみずから後継ぎを宣言するも、大学生のとき出会った「演劇」に熱中。演じることをやめられずに30歳で上京し、17年前の朝ドラ「オードリー」で一気にブレークします。新人ながら“時代劇の大スター”という役を存在感たっぷりに演じました。佐々木さんは「朝ドラの現場は芝居を勉強させてもらった学校のような場所。今度は、僕が若い人たちに対してしっかりしていかなければ・・・身の引き締まる思いです」と語ります。
そんな朝ドラへの思いとともに、舞台で培われた確かな演技力で、どんな役柄でもはまり役にしてしまう名優にして“独身俳優最後の大物”とも称される、“生”の佐々木蔵之介さんを堪能しちゃいます!