7月31日

旬到来!“桃”の究極の食べ方、教えます!

旬を迎えた”桃”。今回の特集では、「おいしい桃をもっとおいしく食べる方法」を徹底検証しました!スーパーなどに並ぶ桃の中から、より甘くておいしいものを見分ける“目利き”の方法や、悩む人が多い、桃を“美しく切る”方法などをプロフェッショナルたちに伝授してもらいました。さらに、香りと甘みをどちらも堪能できる“冷やし方”から、簡単デザートの作り方まで、旬の桃を味わい尽くす知恵の数々をお伝えしました。

桃農家がついに公開!甘い桃のサイン

岡山県の桃農家・秋山さんに、おいしい桃の選び方を伺いました。ポイントその一は、桃の形が左右対称で、真ん丸のもの。味にムラがなく、全体がおいしくいただけます。ポイントその2は、表面に「果点」があること。一見、傷があるように見えるため敬遠しがちですが、じつは甘くておいしいんです。ただし、果点があると甘い理由には諸説あり、また果点が出やすい品種、出にくい品種もあるそうです。

新発見!“究極”の冷やし方

桃は冷やしすぎると甘みと香りを感じにくくなります。そのため産地では、桃を食べるときは「常温で食べる」もしくは「冷蔵庫で短時間冷やして食べる」のがオススメとのこと。しかし取材をすすめると、「氷水で15分冷やす方法」が最高においしいという声が。氷水で15分冷やすと、桃の外側はよく冷えていますが、内側は温かいままに。そのため、冷たい口当たりと、甘みと香りの両方を味わうことができるのです。

夏にオススメ!桃スイーツ

老舗フルーツパーラーのシェフ、森山登美男さんに、桃を使った簡単スイーツを教わりました。

桃のサンドイッチ

印刷用ページ

桃のグラニテ

印刷用ページ

伝説の桃

一般にはあまり流通していない“伝説”の桃をご紹介しました。「西遊記」に出てくる、つぶれたような形をした「蟠桃(ばんとう)」や、桃太郎の絵本でよく見る、先のとがった「天津水蜜桃」、さらに食感がカリカリした、現在開発中の硬い桃などをご紹介しました。

専門家ゲスト:髙田大輔さん(福島大学准教授)
ゲスト:百田夏菜子さん(タレント)、大野拓朗さん(俳優)
VTRゲスト:秋山陽太郎さん(桃農家)、鈴木隆一さん(慶應大学研究員)、山下裕さん(岡山県職員)、東原和成さん(東京大学教授)、森山登美男さん(老舗フルーツパーラー・シェフ)、福田文夫さん(岡山大学准教授)、八重垣英明さん(農研機構・農学博士)
リポーター:佐々木彩アナウンサー