8月3日

9時台の企画 九州豪雨 ボランティアがまだまだ必要!

九州北部に大きな被害をもたらした水害からまもなく1か月がたちますが、現地では思うように復旧作業が進んでいません。現地の状況や、ボランティアに参加するにはどうすればいいのか詳しくお伝えしました。

ボランティアに行くには

ボランティアに行く際は、以下の4点を参考に準備をしてください。

(1)ふさわしい服装・持ち物を準備する

・泥の除去作業は乾燥した泥が舞うので、マスクが必要です。立体型がオススメです。
また、コンタクトレンズを使っている方はゴーグルを用意してください。ない場合は水泳用のゴーグルでもかまいません。あるいは、コンタクトをせずに、めがねをかけるようにしてください。
・泥の中にくぎやガラスがあることも考えられますので、暑くても長袖・長ズボン、厚めで長目のゴム手袋を用意してください。

(2)ボランティア保険に加入する

活動中の事故や熱中症に対応するために必要です。
現地で加入することもできますが、スタッフに負担がかかってしまうため、事前に、お住まいの地域の社会福祉協議会で加入してください。
1度加入すれば年度いっぱい有効で、保険料は1000円未満です。

(3)交通手段・宿泊場所を確保する

高速道路、電車、路線バスはいずれも復旧しています。
ただし、朝倉市と東峰村のボランティアセンターには公共交通機関で行くことができますが、日田市のボランティアセンターには車がないと難しいとのことです。
現地では、ボランティアに来た人の宿泊場所の紹介・あっせんはしていません。
必ず個人で宿泊場所を確保してください。

(4)現地の天気や道路状況を各ボランティアセンターのホームページで確認する

大雨が予想される場合など、ボランティアの受付を中止することもあります。
また、大雨で道路が通行止めになることもあります。
出発前にホームページを確認することを忘れないでください。

ボランティアの心得

ボランティアの服装

現在、受付しているボランティアセンター

現在、以下の市町村でボランティアの募集を行っています。
なお、4か所とも、お盆期間(8月13~15日)は受付を行いませんので、ご注意ください。

朝倉市災害ボランティアセンター (※8月から移転しました。)

 場所:旧杷木パレス
 住所:福岡県朝倉市杷木久喜宮1594-2
 受付時間:午前9時~午前11時
 電話:080-2300-3558 または 090-6569-4983

東峰村災害ボランティアセンター

 場所:小石原焼伝統産業会館
 住所:福岡県東峰村小石原730-9
 受付時間:午前9時~午前11時
 電話:090-6569-4753 または 090-8348-2864

東峰村災害ボランティアセンター 宝珠山サテライト

 場所:東峰学園
 住所:福岡県東峰村大字福井2296-4
 受付時間:午前9時~午前11時
 電話:090-8348-2899 または 090-8348-2962

日田市災害ボランティアセンター (※8月から移転しました。)

 場所:大鶴スポーツ広場
 住所:大分県日田市大肥(大鶴本町)884-1
 受付時間:午前9時~午前12時
 電話:080-5062-9434
 ※毎週水曜日はおやすみです。
 ※公共交通機関で行くことはできません。車でお越しください。

ボランティアセンター連絡先