8月24日

出たトコ!村 長野県阿智村

シリーズ企画「出たトコ!村」は、視聴者からいただいたメールの中から訪問地を決め、リポーターのヤスくん(古原靖久/俳優)が事前取材を一切せずに現地に飛び込み、“出たトコ”勝負で地域の“ピカピカ”な魅力を探し出す企画です。
今回は、長野県阿智村でピカピカ探しに挑戦しました。

撮影場所:長野県阿智村

阿智村へのアクセス

●車の場合
中央自動車道 園原ICまたは飯田山本IC

●バスの場合
東京(新宿)や愛知(名古屋)から高速バスが出ています。
新宿からは、およそ4時間。名古屋からは、およそ2時間です。

ピカピカ探し4日目

「朝市」という“のぼり”を発見したヤスくん。地元で朝とれた新鮮な野菜や果物、加工品が売られていました。そこで見つけたのが、いまが旬のとうもろこし。一度に40本買う人もいるほどの人気ぶり。絶品のとうもろこしを作っているのは、佐藤愛子さん、隆寛さん夫婦。佐藤さんによると、とうもろこしは朝早い時間帯、水分をいちばん含んでいるときに食べるのがいちばんおいしいとのこと。翌朝、佐藤さんのとうもろこし畑を訪ね、収穫の手伝いをさせてもらいました。収穫後には、絶品のとうもろこしをいただきました。
さらに佐藤さんに“幻の和牛”を育てている、村澤勲さんを紹介してもらいました。村澤さんは、子牛を2年以上かけて大きく育てる「肥育」をしています。畜舎を案内してもらうと、1頭1頭体調を見ながらエサの分量を変えたり、ハエを徹底的に退治したりと、手間をかけて育てていることがわかりました。

昼神温泉 朝市について

阿智村の温泉街・昼神温泉で35年つづく朝市。もとは若手農家10人で始めたところ、人気となり、いまでは40人以上が出店しています。

場所:昼神温泉郷 (長野県下伊那郡阿智村昼神)
時間:4月1日~10月31日 午前6時~午前8時
11月1日~3月31日 午前6時30分~午前8時
※年中無休、毎朝開催しています。

リポーター:古原靖久さん