8月28日

なんとかしたい!「げっぷ」大研究

ビールや炭酸飲料をゴクゴク・・・なんてとき、思わず出ちゃう「げっぷ」。たかが「げっぷ」と思いきや、意外に気にしている方が多いんです。あさイチでアンケートをしたところ「自分のけっぷが気になる」と答えた方は、およそ4割。「回数が多い」「音が大きい」「最近増えつつある」など、お悩みはさまざまでした。
そこで「げっぷ」を大研究!「ある特定の食べ物を食べるとげっぷがよくでる・・・」という都市伝説の検証や、出過ぎて困る方への対処法、げっぷの背後に隠れているかもしれない病気についてもお伝えしました。

「げっぷ」はなぜ出る?

私たちは、食事や飲み物をとると、知らず知らずのうちに空気も一緒に飲み込んでいます。胃の中に食べ物が増えて、空気のスペースが少なくなると、胃の上部が広がります。すると「下部食道括約筋」という食道と胃のつなぎ目の筋肉が開き、余分な空気が押し出されます。これが「げっぷ」。誰にでもある生理現象です。

「げっぷ」をおさえるには

なるべく空気を入れないようにするのが、げっぷをおさえる近道。「早食い」は、空気を多く吸い込みがちな一方、鼻から空気を逃す暇がないので、げっぷが出やすくなります。「テレビを見ながら食べ」もNG。あごがずっと上がった状態で食べると、空気が入りやすくなります。
また、「ここいちばんのときにげっぷを出したくない!」という人は、横になった状態でごろごろ転がるのが効果的なのだとか。胃を圧迫することで、空気が出ていくからです。(食後すぐは食べ物を戻しやすいので控えてください!)

その「げっぷ」 要注意!

「げっぷ」の回数や音が気になる!という女性たちを内視鏡で検査したところ、なんと全員に「逆流性食道炎」が見つかりました。胃の中で食べ物を消化するために分泌される胃酸が食道に逆流し、炎症を起こす病気です。主な症状は、胸焼けや、胃液がこみ上げる呑酸(どんさん)。たかがげっぷ、されどげっぷ、だったのです。

ストレスが原因となって出る「げっぷ」も

ストレスや緊張から、嚥下反射を起こし、飲み込む空気が多くなることがあります。中には日常生活に支障がでるほどげっぷが出るケースも。「吞気(どんき)症」と呼ばれる症状です。
番組では、中学生の頃、友達関係の悩みが引き金となって吞気症を発症した女性のケースを紹介しました。カウンセリングを受け、心のストレスが軽減していくと、徐々にげっぷは減っていったといいます。

ゲスト:野間口徹さん、豊田エリーさん
専門家ゲスト:鈴木秀和さん(慶應義塾大学医学部 教授)
リポーター:佐藤俊吉アナウンサー