9月11日

女のニュース 終活が狙われる!

年配の女性を中心に広がる終活や断捨離。「いろいろなものを捨てて身軽になりたい!」そんな気持ちに巧みにつけこんで今、増え続けているトラブルがあります。訪問購入トラブル、いわゆる”押し買い”トラブルです。その代表的な手口は、まず「不用品を買い取る」と電話などで勧誘を行い、ターゲットを油断させて玄関に入ると「不用品でなく貴金属を買い取りたい」という本当の目的を明かし、不当に安い価格で貴金属を買い取ってしまうというものです。強引なものになると、相手の家の押入れや棚を勝手に開けて貴金属を探して買い取ってしまうというケースも起きています。国民生活センターによると2013年以降、押し買い(訪問購入)トラブルの報告件数は増え続けており、昨年は8,648件、ことしも過去最悪に近いペースで報告件数が増え続けているということです。このトラブルの対策としてぜひ知って欲しいことは、”押し買い(訪問購入)”は、「クーリングオフの対象になる」ということです。もし押し買いにあった場合、8日以内に相手の業者に申し出れば売買を無効にできることをぜひ覚えておいてください。相手の連絡先や領収書もしっかり取っておくようにしましょう。国民生活センターでは9月14日・15日に、訪問購入トラブルの被害実態を把握するための「被害110番ダイヤル」を設けます。番号は03-5793-4110です。(14、15日以外にトラブルの相談をしたい場合は消費者ホットライン188におかけください)

リポーター:遠藤亮アナウンサー