9月12日

スゴ技Q 魔法の調味料 マヨネーズ

今回のスゴ技Qは「マヨネーズ」。ただの調味料ではなく、料理に加えることで仕上がりを格段にアップさせる“マジックフード”でもあるんです。マヨネーズを使ってパラパラのチャーハンを作ったり、マヨネーズを油代わりに使って、面倒な揚げ物を揚げ油いらずで手軽かつ低カロリーに仕上げたり。マヨネーズ料理の専門店では、自家製マヨネーズをおいしく作る秘けつを教えてもらいました。
さらに、マヨネーズ発祥の地と言われるスペインの、あっと驚く家庭料理も紹介しました。

味だけじゃない!料理を格段においしくするマヨネーズマジック

料理を格段においしくする裏技を教えてくれたのは、食品メーカー研究員の大石紗佑里さん。
ホットケーキは生地100グラムに対して大さじ1のマヨネーズを混ぜるだけで、見違えるほどふっくら!パサパサしがちな鶏むね肉も、10分間マヨネーズに漬けるだけでもも肉並みにジューシーに!(しかも、マヨネーズの味はしないのです!)
そして、マヨネーズを使ったパラパラのチャーハンの作り方もご紹介しました。あらかじめ、ごはんにマヨネーズを混ぜてそのまま炒めると、ごはんの粒がマヨネーズに含まれる乳化した油でコーティングされ、パラッとしたチャーハンが作れます。

ふわふわ卵焼き

印刷用ページ

ふわふわホットケーキ

印刷用ページ

鶏むね肉のみそマヨ焼き

印刷用ページ

パラッとチャーハン

印刷用ページ

揚げずにえびフライ

印刷用ページ

なめらかプリン

印刷用ページ

ヘルシーでおいしい自家製マヨネーズを作るコツ

自家製マヨネーズの作り方を教えてくれたのは、大阪にあるマヨネーズ料理専門店のオーナーシェフ泉川さん。
卵は多め、油は少なめにしたヘルシーな自家製マヨネーズです。うまみやコクを出すため、はちみつや白みそ、めんつゆを加えます。
そして、1番のポイントは室温に戻した卵を使うこと。低温の卵だと、うまく乳化せず、油っぽいマヨネーズになってしまいます。

自家製マヨネーズ

印刷用ページ

世界の衝撃マヨネーズコレクション!

世界38か国のマヨネーズを食べ歩いた、マヨマニアのスーさんこと鈴木さんに、世界38か国で買い集めたマヨネーズの容器と、日本のマヨネーズ215種類のパッケージのコレクションを見せてもらいました。
いちご入りや激甘などさまざまなマヨネーズを遍歴してきたスーさんが出会った衝撃のマヨネーズは、「マヨネーズのヘアパック」。
副島リポーターが試してみたところ、アフロがふわふわになりました。

マヨラーシェフ直伝!斬新スペイン料理

マヨネーズが大好きで、マヨネーズを使った料理を極めているスペイン料理店シェフのジョセップ・バラオナ・ビニェスさん。
まず教えてくれたのは、「お米のサラダ」。入れる具材はなんでもOK。さいの目切りにした野菜や肉、魚などを使い、マヨネーズであえます。
スペインの伝統料理「ガスパチュエロ」は、お米、じゃがいも、魚介類を入れたマヨネーズ味のスープです。マヨネーズを加えるタイミングが重要。鍋の中の温度を60度以下まで冷ますこと。温度が高い状態でマヨネーズを加えると分離してしまうからです。

お米のサラダ

印刷用ページ

ガスパチュエロ

印刷用ページ

ハム玉子ピンチョス

印刷用ページ

えびかにマヨネーズピンチョス

印刷用ページ

たこのガリシア風ピンチョス

印刷用ページ

ゲスト:ヤマザキマリさん(漫画家)、浜野謙太さん(ミュージシャン・俳優)
専門家ゲスト:丸山知丈さん(スペイン料理店シェフ)
プレゼンター:副島淳さん(タレント)