9月14日

女のニュース あなたの家にも?リコール製品にご注意

企業が、欠陥のある商品の回収や交換・返金を行う、リコール。今月4日、発火事故を起こしたと見られるドライブレコーダー8万5千個が、その対象となったばかりです。消費者庁では、各企業から出されるリコール情報をウェブサイトでまとめていますが、その数はおよそ5,000件にもなり、私たち消費者が情報を網羅するのは難しい状況です。番組内では、膨大なリコール情報の中から、家庭内で要注意の商品をまとめ、啓発活動を行っている拝師徳彦(はいし・のりひこ)弁護士の取り組みと、実際に子育て中のご家庭でリコール商品を探す様子を紹介しました。

リコール情報の調べ方

リコールが心配な商品がある場合は、メーカー、年式、型番、購入時期を確認の上、下記の方法で調べることができます。

インターネットでの確認

消費者庁の「リコール情報サイト」をご参照ください。サイト内で、リコール情報を検索できます。
ホームページ:http://www.recall.go.jp/

電話での確認

消費者庁の「消費者ホットライン」をご利用ください。リコール情報を確認することができます。
電話:188

また、製造元の企業からリコール情報が発表されことがあるので、テレビCMや新聞広告、企業のホームページなどにも注意してください。

VTRのベビーチェアについて

VTRに出てきたベビーチェアは、高い台の上での誤使用という海外の事故を受け、リコールの対象となりました。メーカーは、通常使用の範囲内では問題ないとしており、対象となるベビーチェアをお持ちの方には専用のベルトを無償配布しています。

ゲスト:やしろ優さん 的場浩司さん
VTRゲスト:拝師徳彦さん(千葉マリン法律事務所 弁護士)
リポーター:遠藤亮アナウンサー