9月21日

ピカピカ☆日本 旬の「漆」を余すところなく堪能!

うるしの木

茨城県は、岩手に次いで全国2位の漆の産地。その漆がいま旬を迎えている!?
というのも、6月~10月に行われる漆の収穫の中でも、「盛物(さかりもの)」と呼ばれ、特に8月は漆の木の水分が蒸発し、純度が高くなり、光合成も盛んになって、漆が樹液を多く出すことから最も品質がいいと言われるからです。
大子町には、およそ1万本の漆の木があり、いわば「漆畑」。
「漆掻き(漆の採取)」の最盛期の現場をリポート。器はもちろん、まさかの漆の活用法もお届けします!

撮影場所:茨城県大子町

番組で紹介したピカピカなモノ

「大子漆」

「シャモゲタン」「漆」のお問い合わせ先

「大子町役場 農林課」
電話:0295-72-1128

リポーター:藤原薫さん