9月25日

女のニュース ホンモノそっくり 『クローン文化財』の展覧会開幕

東京・上野にある美術館で、先日、国宝&世界遺産級のお宝が一堂に会する展覧絵画始まりました。といっても実はこれ、高精細印刷や3Dプリンターなど最新のデジタル技術を使い、凹凸など細かい点まで忠実に復元した「クローン文化財」なんです。手がけたのは東京芸術大学。全36点の展示品は、国宝・法隆寺釈迦三尊像や、タリバンに破壊され今は見ることができない世界遺産・バーミヤン仏像の天井壁画、そして中国が誇る敦煌莫高窟など、本来は現地へ行かないと見られない貴重な文化財ばかり。
クローン文化財はどのように作られているのか(実は職人技も必要なんです!)、そして展覧会のみどころについてお伝えしました。

番組で紹介した展覧会について

東京芸術大学大学美術館
「素心伝心 クローン文化財 失われた刻の再生」
ホームページ:http://sosin-densin.com/

会期:2017年9月23日(土)~10月26日(木)
午前10時~午後5時(金曜は午後8時まで開館)

休館日:月曜日(10月9日は開館)

所在地:東京都台東区上野公園12-8

ゲスト:光浦靖子さん(オアシズ)、村上知子さん(森三中)
VTRゲスト:宮廻正明東京芸術大学教授
リポーター:佐々木彩アナウンサー