9月26日

夢の3シェフNEO クミン

“ひとつまみ”でふだんの料理を手の込んだものに変身させるスパイス、「クミン」。最近、このクミンから「抗糖化作用」が期待できる成分が発見され注目を浴びています。「体がサビつく・酸化」ではなく、過剰な糖がタンパク質と結びつき、体内各所で老化を促進する「体が焦げ付く・糖化」。みなさんも気になる肌の老化の原因にもなることがわかってきました。そこで、あさイチが誇る3人のシェフ、日本料理・橋本幹造さん、中国料理・井桁良樹さん、フレンチ・秋本さくらさんに、毎日の献立に、今すぐに取り入れたくなる、簡単でおいしい“クミン料理”を紹介していただきました。

クミンの抗糖化作用について

体内にある過剰な糖がタンパク質と結びついて起こる「糖化」。最近の医学界で注目されている老化のメカニズムです。これが進むと、肌の老化をはじめ、認知症や骨粗しょう症、動脈硬化などの症状をすすめることもわかっています。クミンには、その糖化を抑える力があることが近年わかってきました。クミンは、余分な糖の吸収を抑えることや、糖とたんぱく質が結合するのを阻害することが実証されてきています。同志社大学生命医科学部教授の八木雅之さんによれば、クミンの抗糖化作用を期待できる摂取量の目安は、1日にクミンシード小さじ1杯以上。毎日少しずつとり続けることが大事だそうです。

クミン入りドリンク“ジャルジーラ”について

インドの伝統医学アーユルヴェーダでは、クミンは便秘解消や消化促進などの作用があると考えられてきており、クミンを水にまぜたドリンク「ジャルジーラ」が古くから飲まれてきました。それが近年、ダイエットにもいいと若い女性たちにも人気が広がっています。インド人女性のラチタ・スリヴァスタヴァさんに作り方を教わりました。

インド人美女ラチタさんのジャルジーラ

印刷用ページ

豚肉のクミン炒め

印刷用ページ

トマトと卵のスープ

印刷用ページ

秋さばと秋なすのクミンみそ焼き

印刷用ページ

クミンみそと根菜のみそ汁

印刷用ページ

クミンみその焼きおにぎり

印刷用ページ

クミンたっぷりドリア

印刷用ページ

キャロットラペ

印刷用ページ

専門家ゲスト:秋元さくらさん(フレンチ)、橋本幹造さん(日本料理)、井桁良樹さん(中国料理)
ゲスト:ミッツ・マングローブさん(タレント)