9月26日

スマートライフ おいしく美しく! フルーツカッティング

りんご、柿、洋梨・・・おいしい果物がたくさん出回ってくるこれからの季節。果物を美しく見せ、おいしく食べられる切り方『フルーツカッティング』。家庭でもできるちょっとしたコツをフルーツパーラー・オーナーシェフの平野泰三さんに教えていただきます。

りんごのカッティング

基本の切り方

皮ごと食べる切り方。

  1. 皮ごと5ミリほどの厚さの輪切りにする。
  2. 輪切りを半分に切り、種のある部分を三角に切り取る。

飾り切り リーフカット

  1. 8等分のくし形切りにする。芯の部分を縦に平らに切り取る。
  2. 皮から芯の方にV字形の切り込みを3段階の大きさで入れる。
  3. V字形の大きい方から順にずらす。

飾り切り アップルボート

  1. リーフカットの2までと同じように切る。
  2. いちばん下はそのまま残し、その上にある部分を横半分に切る。
  3. 横半分に切ったものを両外側に順にずらし、舟形にする。

洋梨のカッティング

基本の切り方

  1. 縦半分に切る。包丁を種のある部分に入れ、実を回し、芯を丸く切り取る。
  2. 半分に切った実をさらに4等分のくし形に切る。
  3. 細くくびれている部分の皮に斜めに切り目を入れ、その下側の皮をむく。
    切り目の上側の皮は残しておく。

グレープフルーツのカッティング

基本の切り方

  1. 縦半分に切り、さらに4等分のくし形に切る。
  2. 芯の部分を縦に平らに切り取る。
  3. 皮を下にして、果肉との間に刃を入れ、皮の3分の2のところまでむくように切る。
  4. 皮を斜めに切り取る。

アレンジ1

  1. 基本の切り方の3までと同じように切る。
  2. 薄皮の部分を3分の1ほどむき、その部分を内側に曲げて折り込む。

アレンジ2

  1. 基本の切り方の3までと同じように切る。
  2. 薄皮の部分を3分の1ほどむき取る。残った皮の内側から4本の切り目を斜めに入れ、その部分を内側に曲げて折り込む。

専門家ゲスト:平野泰三さん(フルーツパーラーオーナーシェフ)