9月28日

JAPA-NAVI 富山

今回は、連続テレビ小説「ひよっこ」でかなり個性的な米屋の娘・安部米子(自称さおり)を演じる伊藤沙莉さんが、富山市・立山市のかなり個性的なスポットを訪ねました。
立山連峰のふもとでは、立山信仰の世界を表現した施設で”地獄”を体験。さらに富山県民のソウルフード「かまぼこ」の中でも、結婚式などお祝い事に欠かせないカラフルな細工かまぼこ作りに挑戦しました。さらに、富山は「薬」の街ということで、昔ながらの丸薬作りや売り出し中の「富山やくぜん(薬膳)」も体験。さらに、富山のアメイジングな鉄道喫茶やアートの魅力を堪能しました。

富山が誇る立山で“地獄”体験

日本三大霊山の一つ、立山。ふもとには「地獄」を疑似体験できる施設が!灼熱の八熱地獄を表現したという狭くて真っ赤な空間には、どこからかうめき声やわめき声が・・・。井戸の底から聞こえてくる鬼の声、さらには、地獄のニオイがする!という不思議な穴など、五感を通して地獄を体験しました。

地獄体験

富山県民のソウルフード “かまぼこ”

富山のソウルフードといえば、「かまぼこ」。わらじのように大きいものや、昆布などで巻いたカラフルな「ぐるぐるかまぼこ」が主流です。鶏肉がわりに煮物に入れたり、炒め物にしたり、さらにはグラタンにする人まで多彩な「かまぼこ料理」が食卓に並びます。また、結婚式の引き出物として欠かせないのが、極彩色の「細工かまぼこ」。富山のハンパない“かまぼこ愛”を紹介しました。

かまぼこ

かまぼこのグラタン風

印刷用ページ

薬の街を体験!

富山といえば、歴史ある薬の町。市内の薬問屋では、鹿の角から石こうの粉末まで、およそ300種もの生薬がズラリ。昔ながらの丸薬づくりも体験しました。

くすり

売り出し中 “富山やくぜん”

健康によいとされる食材を使った「富山やくぜん」も売り出し中。すしやカレー、マカロンなどのスイーツまで、市内の飲食店44軒で味わえます。サンザシやサンヤクを麺に練り込んだ「薬膳そば」をいただきました。

やくぜん

アメイジングな富山探し

さらに、店主自作の精巧な鉄道模型であふれる喫茶店や、ある言葉を逆さにすると違う言葉に読むことができる「アンビグラム」を即興でつくるアーティストも登場。「アメイジング富山」を堪能しました。

アメイジング

ゲスト:伊藤沙莉さん、泉澤祐希さん
リポーター:伊藤沙莉さん、竹野大輝アナウンサー(富山局)