10月5日

JAPA-NAVI 岐阜県 東濃地方

来年の朝ドラ「半分、青い。」の舞台となる、岐阜県最東部の山間地・東濃をはいだしょうこさんが訪ねました。いかにも日本の里山なのですが、日本のエジプトがあったり、日本のマチュピチュがあったり、海なし県なのに、エメラルドグリーンのビーチがあったり、電気も電話も通じない秘境の宿があったりと、、何とも不思議な魅力が満載です。

岐阜のエジプトは石マニアの聖地!楽しい石版作りも

まずは、日本のエジプト。クフ王のピラミッドの10分の1のサイズ、石積みでは日本最大のピラミッドを発見!御影石の産地の石材会社が思いつきで作ったのですが、大学の研究チームがクフ王のピラミッドの現地調査前に実地訓練を行うほど本格的。中は迷路になっていて、アドベンチャー気分が楽しめます。さらに、個性的な絵を描くはいださんが石版作りを体験しました。

ピラミッド

潜入!日本一のチコリ工場

この地域で日本一の生産量を誇るのが、ヨーロッパ原産で高級野菜の「チコリ」。実は育て方がオドロキでした。まずは畑で育てるのですが、青々とした葉は虫もつかないほど苦い!実は、葉を落として根だけを暗室に入れ、出てきた若芽を切り取っているのです。珍しいチコリ工場の様子や、地元のオリジナルチコリ料理のほか、美容健康効果が注目されているチコリの根を使った名産品なども堪能しました。

チコリ

簡単!チコリまるごと絶品料理

印刷用ページ

不便を楽しむ 秘境の温泉宿

いまどき電気も電話もない、携帯電話の電波も届かない、秘境の温泉宿。夜になるとランプの明かりだけで過ごすのですが、自分で火打ち石を使って、火を起こす体験もできます。まき割りをして沸かすドラム缶風呂など、文明から離れた野趣に富む暮らしを体験!

ランプ

恐怖のつり橋 絶景のグルメスポット

まるでビーチ!?のようなエメラルドグリーンの清流が美しい付知峡には、同時に3人までしか渡れない木製のつり橋があります。その先にある料理店は、豊富な清流を引いてイワナを養殖しています。刺し身のほか珍しいイワナの卵のしょうゆ漬けを味わいました。

付知峡ロング

モンゴルとマチュピチュ!?東濃はバラエティーいっぱい

町で作った歌がきっかけで生まれた「日本のモンゴル」や、「日本のマチュピチュ」と呼ばれる岩村城のおんな城主の物語を紹介。岩村城の城下町では“せんしょ(おせっかい)”な「おんな城主たち」が、地元の味でもてなしてくれました。

マチュピチュ

ゲスト:はいだしょうこさん、藤井隆さん
リポーター:はいだしょうこさん、岡崎太希アナウンサー(岐阜局)