11月14日(火) この日の放送内容へ

四川風 混ぜごはん

陳建太郎さん(中国料理店 総料理長)

四川省の「あえそば」を、陳さんがアレンジして作った一品。基本の肉そぼろがあれば簡単に作れます。

材料・一杯分

  • 肉そぼろ40グラム
  • にら15グラム
  • ネギ20グラム
  • いりごま小さじ1
  • とうがらしの粉小さじ2分の1
  • 卵黄一個分
  • ごはん150グラム
調味料
  • 砂糖小さじ1
  • 小さじ3分の1
  • しょうゆ大さじ1
  • おろしにんにく小さじ2分の1
  • ラーユ小さじ2分の1
  • ※お好みでさんしょう適量

作り方

  1. にらとネギをみじん切りにする。調味料をボールに合わせておく。
  2. 炊いたごはんを丼に入れ、合わせた調味料を大さじ1杯分ごはんにかけて肉そぼろ、にら、ネギ、とうがらしの粉、いりゴマを盛り付ける。
  3. 油を高温に熱し、にら、ネギ、とうがらしの粉にかけて香りを出す。
  4. 真ん中に卵黄を盛り付け、お好みでさんしょうの粉をかる。