11月21日

夢の3シェフNEO もち麦

ダイエット効果などで、今、大人気の『もち麦』。実は最新研究で「腸の環境を整えるパワーはもっとすごい!」ことが判明し、さらに熱い注目を浴びているんです。便秘がちな現代女性の多くは、腸のぜんどう運動が鈍く、その機能をほとんど果たせていない「停滞腸」に陥っていると言われています。善玉菌も少なく、腸内フローラはガタガタ・・・肌荒れや冷え性などさまざまな悩みの原因にもなります。この「停滞腸」を解消する救世主として期待されているのが『もち麦』なんです。今回、日本料理・橋本幹造さん、中国料理・井桁良樹さん、フレンチ・秋本さくらさんの3シェフが、「ごはんに混ぜて炊くぐらいしか思いつかない・・・」という皆さんのために、ビックリ&簡単&超おいしいレシピをご紹介しました!

停滞腸について

本来は、常に動き続けているはずの腸が、ほとんど動かなくなってしまう「停滞腸」。「たかが便秘」と放っておいている人に多いと言われています。腸内に便がたまり、腐敗、有毒なガスが血液にのって全身に回るため、ニキビや肌荒れなどの肌トラブル、アレルギー、さらには、がんなどの生活習慣病のリスクにもなると言われています。チェックリストで、3つ以上当てはまった人は、停滞腸の可能性があります。

オススメの停滞腸対策

腸の専門医・小林暁子医師によると

  1. 起床後すぐ、コップ1杯の水を飲むことを習慣化する
  2. おへそを中心に、おなか全体を指のはらでたたく「タッピング」を30秒から1分ほどする
  3. おへそから両側、指3本分のところにある「天枢(てんすう)」というツボを1~2分マッサージする
  4. 食物繊維、特に水溶性食物繊維を豊富にとる

秋元さくらさんの「もち麦と彩り野菜のタブレ」

印刷用ページ

秋元さくらさんの「ミネストローネ風スープ」

印刷用ページ

井桁良樹さんの「もち麦カオマンガイ」

印刷用ページ

井桁良樹さんの「豆乳もち麦」

印刷用ページ

橋本幹造さんの「もち麦とぶりのおろし煮」

印刷用ページ

橋本幹造さんの「もち麦の茶がゆ」

印刷用ページ

専門家ゲスト:秋元さくらさん(フレンチ)、橋本幹造さん(日本料理)、井桁良樹さん(中国料理)
ゲスト:大竹まことさん(俳優)、田中将大さん(アメリカ大リーグ ニューヨークヤンキース投手)
VTRゲスト:小林暁子さん(医師)、青江誠一郎さん(大妻女子大学教授)