11月27日

イライラ解消!名前のない家事

“家事”と言えば、炊事・掃除・洗濯などが思い浮かびますが、今回特集したのは“名前のない家事”。「トイレットペーパーの交換・追加」「ゴミ袋をセットする」「子どもが散らかしたものを片づける」など、生活する上で必要なのに、あまり“家事”として認識されていない作業のこと。番組では、イライラの原因やそれを解消するヒントをご紹介しました。

なぜ“名前のない家事”はあなたをイライラさせるのか

あさイチでは、名前のない家事がなぜ主婦/主夫をイライラさせるのか、ツイッターの書き込みやNHKネットクラブアンケートなどを元に独自に調査しました。
その結果たどりついた理由は3つ。1つ目は、「家族が『名前のない家事』の存在にさえ気づいていないこと」。夫がゴミ出しはするけど、新しいゴミ袋をセットするという名前のない家事には気づいていない、といったパターンです。
2つ目は「『結局やるのは私ばかり』という不公平感」。「気づいた人がやる」というと聞こえはいいけれど、名前のない家事は地味なものが多く、結局気づくのは特定の人に偏りがちです。
3つ目は「『家電のおかげで便利になったはずなのに・・・』というジレンマ」。食洗機やお掃除ロボットなどのおかげで、食器洗いや掃除といった名前のある家事は減ったけれど、その分フィルター掃除などの名前のない家事が増えるという事態が起こることも。

“名前のない家事”を少しでもラクにするには?

トイレットペーパーの在庫管理は“発注点”でスッキリ!

「名前のない家事」を家族でシェアするには「しくみ作り」が大事。例えばトイレットペーパーなどの消耗品の在庫管理。大手自動車メーカーに40年勤務し、製造現場の整理術を知り尽くした岩井俊雄さんのおすすめは「発注点」を共有すること。発注点とは「在庫がこのくらいになったら次を発注する(買う)」という基準のことです。

【発注点の決め方】※トイレットペーパーの場合

  1. 消費するペースを把握(1週間で1個など)
  2. 追加分を注文してから、届くまでの把握(宅配サービスを利用する場合など)
  3. (2)の日数の間にどれだけ使うかを、(1)を元に計算
  4. (3)で算出した数があなたの発注点。在庫がこの数になったときに次を発注するれば、買いすぎにもなりません。

【発注点を家族で共有】

  1. 注点の数のトイレットペーパーが、ちょうど入る大きさの箱を用意。
  2. 納棚にある在庫のペーパーを、箱に入れる。
  3. 箱に入りきらないものから使っていき、箱のペーパーを使うタイミングになったら次を注文。
    家族の誰が見ても在庫の状況が分かります。

調味料の「在庫切れ」「買いすぎ」を防ぐ、簡単買い物リスト

調味料の買い置きがどれくらいあるかを簡単に把握する方法、時間家事のスペシャリスト・本間朝子さんに教えてもらいました。買うのは100円ショップなどで手に入るマグネットシート。

  1. 小さく切り分けたマグネットシートに、切らすと困るものを記入。
  2. それを冷蔵庫に並べて貼る。
  3. そのとなりに、マスキングテープで四角い枠を作る。
  4. 「そろそろあの調味料を買わなきゃ!」と思ったら、枠の中にマグネットを移動させる。
    これで買い物リストの出来上がり。携帯電話で写真を撮れば、メモの手間もはぶけます。

子どもが靴をそろえたくなる“姿置き”

子どもが脱ぎ散らかした靴を片づける、という「名前のない家事」を解消したい!
そんな方におすすめなのが「姿置き」という方法です。やり方は簡単!

  1. クリアホルダーを開いてシート状にします。
  2. (1)に子どもの靴の足型を取ります。つま先とかかとの向きを分かりやすく書くことが ポイント。
  3. (2)を玄関のたたきに両面テープで貼り付けます。
    これだけで、子どもが自分で靴をそろえてくれるはず!

「自分のことは自分で」魔法の動線術

脱ぎ散らかした靴下や、置きっぱなしの本を片づけるという「名前のない家事」。子どもが自分で片づけてくれさえすれば必要ないのに・・・。
そのためには、子どもの「動線」に着目して、自然と片づけられるしくみを作りましょう。
ポイントは、収納場所に合わせて動線を変えさせるのではなく、動線にそって置き場所を作ること。棚などは、子どもの手が届きやすい高さにすることも大切です。親が勝手に決めるのではなく、子どもの意見も取り入れることが長続きのコツです。

ほかにもあります!“名前のない家事”をラクにするコツ

本間朝子さんによると、「名前のない家事」をラクにするにはこんな方法も。

●“流れをまとめて”シェア
たとえばゴミ捨てなら、「ゴミを集め→ゴミ出し→ゴミ箱に新しい袋をセット」という3つの作業をまとめて一つの流れとし、家族でシェアする際も、この流れごと分担します。
●一緒に使うものは“一緒に保管”
たとえば食器やカトラリーは、種類でなく使う場面ごとにまとめて収納します(朝食用の皿・スプーン・コップなど)。使うときはその一式をまとめて取り出せば、食卓とキッチンを行き来する手間を減らせます。
●やらない
その家事が「本当に必要か」見直して、思い切ってやらない選択をすることも有効です。
たとえば・・・
・洗濯物は干したハンガーにかけたまま収納する
・下着はたたまず、かごに入れて収納する
・会社や学校用の靴下は1種類にする→片づけるときにペアを探す必要なくなる

専門家ゲスト:本間朝子さん(知的家事プロデューサー)
ゲスト:坂下千里子さん、虻川美穂子さん
VTRゲスト:本間朝子さん(知的家事プロデューサー)、岩井俊雄さん(製造現場コンサルタント)
リポーター:遠藤亮アナウンサー