12月19日

女のニュース 海外旅行 お土産が持ち帰れない!?

海外旅行に行ったら、お土産を買うのも楽しみのひとつ。
でもせっかく買ったお土産が日本に持ち込めなかったらどうしますか?
今回、羽田空港の税関を取材、持ち込めないお土産の種類とその理由を紹介し、海外旅行でお土産を買うときに、気をつけておきたいポイントをお伝えしました。

『大量購入』『コピー商品』『ワシントン条約』に注意!

  1. 個人で化粧品のお土産を買う場合、1品につき24点までしか日本には持ち込めません。
    それ以上持ち込むと販売目的とみなされ許可証が必要になります。
  2. にせのブランド品は1品でも持ち込むことができません。本物か偽物か判断が難しい場合でも確認のため税関で預かることになります。
  3. ワシントン条約の規制対象になっている商品の場合は原則持ち込めません。買った国の輸出許可証があるときのみ持ち込みが許されます。

税関の監視官が海外でのお土産を買う際に注意するポイントを教えてくれました。
持ち込めるかどうかの相談窓口は全国の税関にある『税関相談官』に相談。

VTRゲスト:田端克政さん(東京税関 監視官)、西野亮子さん(NGOトラフィック広報)
リポーター:雨宮萌果アナウンサー