12月28日

出たトコ!村 島根県旧羽須美村

シリーズ企画「出たトコ!村」は、視聴者からいただいたメールの中から訪問地を決め、リポーターのヤスくん(古原靖久/俳優)が事前取材を一切せずに現地に飛び込み、“出たトコ”勝負で地域の“ピカピカ”な魅力を探し出す企画です。
今回は、島根県旧羽須美村でピカピカ探しに挑戦しました。

撮影場所:島根県旧羽須美村

旧羽須美村へのアクセス

●車の場合
中国自動車道 三次東IC または 高速高田IC

●電車の場合
JR三江線 口羽駅
新宿からは、およそ7時間30分。広島からは、およそ3時間です。

ピカピカ探し4日目

村のメインストリートを歩いてネタを探しているときに出会った河野博さん。
ご自身が営んでる目の前の自動車屋行ってみると、店内にはドラムやバーカウンター、果ては手作りのピザ窯まで、車に関係ない趣味のものにあふれている。なんとも多彩な人。しかし、河野さんが作ったもっとすごいものあった。それが日本初の漫画の村史。河野さんは同年代の仲間たちと村おこしに取り組んできたアツい人だったのだ。今も交流が続く仲間の小田さんも合流しお酒の飲みながらその思いを聞く。さらに、その漫画村史のなかに登場する村を代表する幻想的な絶景「霧の海」にも遭遇。そして今回のロケの初日に伺った保育所にも再訪問。年一回の大イベントの発表会にお邪魔した。地域に根づいた伝統芸能「神楽」をオリジナルで作って演じた子どもたちの姿に、思わず感動したヤスくんなのでした。

リポーター:古原靖久さん