2月8日

JAPA-NAVI 千葉・松戸

松戸

今回は東京のすぐ隣、千葉県松戸市を訪ねました。映画「寅さん」で有名な葛飾・柴又から「矢切の渡し」で松戸へ。今が旬の太くて甘い「矢切ねぎ」を堪能。一方、松戸の中心部では、放置された空き家が、リノベーションによって次々と再生。若者たちが次々と移り住んでいました。なんとアイドルの拠点となったラブホテルも!そして、幻の将軍といわれる徳川昭武の愛したグルメや、「松戸のスター」こと市立第四中学校吹奏楽部の皆さんの演奏を見せていただきました。

演歌で有名な「矢切の渡し」で松戸へ

演歌でも歌われた「矢切の渡し」。江戸時代に操業を始め、いまも松戸と東京・柴又を15分ほどで結んでいます。ちなみに地元の方は「やきり」と読みます。

取材協力:矢切渡船

矢切の渡し

松戸特産・太くて甘い!「矢切ねぎ」

松戸市の矢切地区周辺でつくられる「矢切ねぎ」。10~11度という高い糖度と、その太さが特徴です。農家伝統の「一本焼き」や、葉の部分を粉末にした「矢切ねぎパウダー」を取材。スタジオでは、農家の近藤さんおすすめの「ねぎたっぷり鍋」をご紹介しました。矢切地区では複数の農家が直売所を開いています。

取材協力:
矢切ねぎ栽培 「近藤農園」
ねぎパウダー 「深山農園」

矢切ねぎ

簡単!「ねぎたっぷり鍋」

印刷用ページ

松戸で流行! 空き家のリノベーション!?

松戸市内には1,600の空き家があるとされています。それを「リノベーション自由」「原状回復不要」という条件で貸し出したところ、若いクリエーターなどが次々に入居。古民家からラブホテルまで、さまざまな空き家が生まれ変わっています。
※リノベーションは建築士や大工さんなどが建物の安全性を確認し、建物のオーナーや管理会社の承認を受けて行っています。

取材協力:
観光案内所 「松戸探検隊ひみつ堂」
空き家賃貸 「まちづクリエイティブ(MAD City)」
アイドルグループ 「エコ怪獣軍団」
アパレル会社 「株式会社クラボ」

ひみつ堂

幻の将軍が愛したグルメ!

徳川最後の将軍・慶喜の弟、徳川昭武。幻の将軍とも呼ばれる彼が過ごした「戸定邸」をご紹介しました。昭武は海外留学経験もあり、洋食通。そのため、松戸ではその料理を再現しようというプロジェクトが行われています。今回は明治時代の「アイスクリーム」を再現。スタジオでは昭武ゆかりのモカ・コーヒーも紹介しました。

取材協力:「松戸市戸定歴史館」
フレンチシェフ 田島加寿央さん

アイスは販売していませんが、コーヒーは上記の観光案内所「ひみつ堂」で販売予定。

徳川昭武の「アイスクリーム」

印刷用ページ

松戸のスター! 四中吹奏楽部!

「松戸市立第四中学校吹奏楽部」は全国大会金賞の常連。をご紹介。楽器の演奏だけでなく、踊りや歌のパフォーマンスを取り混ぜたステージが人気を呼び、全国から公演の依頼が舞い込んでいます。中学のとき吹奏楽部だったという鈴木あきえさんが、四中吹奏楽部とのコラボに挑戦しました。

取材協力:「松戸市立第四中学校」

四中吹奏楽部

ゲスト:鈴木あきえさん、武井壮さん
リポーター:田中洋行アナウンサー