2月8日

女のニュース 花粉対策・最前線

今日お伝えしたのは、まもなくシーズン到来となる「花粉」についての話題です。
花粉対策としてよく知られるのが、マスクをつけるなどの「外出時」の対策。
しかし、最近の研究で、家のなかに入り込む花粉の量が非常に多いことがわかってきました。
今日は、その「家のなかの花粉」に着目して作られたユニークな機能を持つ家電をご紹介するとともに、簡単にできる室内の花粉対策についてもお伝えしました。

“家のなかの花粉”にご用心!

家のなかに入り込む花粉のなかでも量が多いといわれるのが、「服に付着した花粉」です。「1時間外出すると、1着あたりおよそ8万個の花粉が付着する」という実験結果も出ています。
一度入り込んだ花粉は、除去しないかぎりは室内に残ってしまいます。それが目や鼻に入ると花粉症の症状を悪化させる恐れがあるため、対策の必要性が指摘されています

“家のなかの花粉”対策は?

対策法

家に入りこんでしまった花粉の対策法は二つ。一つ目は、「花粉の除去」です。室内の花粉を除去するために、花粉の特性をとらえてつくられた空気清浄機や掃除機など、最新の家電もご紹介しました。
もうひとつは、「加湿」です。花粉症治療を専門とする大久保公裕医師(日本医科大学付属病院)によると、加湿をすることで、花粉と空気中の水分が結びついて重さが増すため、花粉を除去せずとも症状を抑えられるといいます。たとえば、外出先で着た服には霧吹きや市販の消臭スプレーなどで水分を吹きかけたり、加湿器やぬれたタオルを部屋に干すことで、室内の湿度を50~60%に保つことが、症状を抑える上で有効だといいます。

ゲスト:武井壮さん、鈴木あきえさん
VTRゲスト:山縣義文さん(日用品メーカー)、斉藤祐太さん(家電量販店)
リポーター:遠藤亮アナウンサー