2月28日

ひとふりで激ウマに!魔法の“スパイス”

スパイス

スパイスがラーメンに焼き肉、そしてスイーツにまで!?今、外食産業や食品業界で、アツい注目を集めているのが「スパイス」。今回の特集は、ひとふりで劇的に味が変わる、そんな魔法のようなスパイスの使い方を大特集。 身近なスパイスといえば「シナモン」や「こしょう」。甘い香りが特徴のシナモンは、お菓子づくりに欠かせないスパイスですが、実は日頃の料理にも効果的!うまく使うとナポリタンやしょうが焼きの味をより一層深めることができるんです。また、中国料理や洋食での必需品といえば「こしょう」。調べてみると、奈良時代から日本人にもなじみのあるスパイスであることが分かってきました。そこで、江戸時代の日本人が食べていた、こしょうを使った料理も再現。そして、世界有数のこしょう産地・ベトナムからもとっておきの使い方を学びました。
さらに番組では、沖縄県民がひそかに愛するという「謎のスパイス」から、混ぜ合わせるだけで「万能のタレ」になるというスパイスの使い方、「スパイスがもたらす健康効果」などをお伝えしました。

シナモンの使いこなし術

シナモンと言えば、お菓子づくりに欠かせないおなじみのスパイス。
しかし、NHKネットクラブアンケートに多く寄せられたのは「そんなにお菓子を作らないのであまりがち」というお悩みの声でした。
そこで、シナモンの使いこなし術をお伝えしました。
教えてくれたのは、スパイス料理家の日沼紀子さんです。
日沼さんは、5年間、食品メーカーでスパイスの商品開発を担当。
その経験を生かし、さまざまなシナモン料理を提案しています。

シナモンから揚げ

印刷用ページ

シナモンナポリタン

印刷用ページ

シナモンしょうが焼き

印刷用ページ

シナモンアメリカンドッグ

シナモンアメリカンドッグ

※市販のアメリカンドッグにお好みでパラパラっと振りかけるだけです

シナモンに美容効果が!?

シナモン

北里大学薬学部の小林義典さんによりますと、シナモンには美容効果が期待できるとのことです。
その秘密がシナモンに含まれる成分『シンナムアルデヒド』。
シンナムアルデヒドには、末しょう血管を拡張させ、血行を良くすることで体を温める働きがあります。
血行がよいと、体が温まり胃腸の働きが整い代謝が活発になります。
また、酸素や栄養分が充分供給され老廃物がしっかり除去されるようになります。
その結果、『美容にもよい』と言えるそうです。

【注意点】

シナモンの『過剰摂取』は危険です。
過剰摂取を続けていると、シナモンに含まれる『クマリン』という成分が体内に増え、肝機能障害を起こす危険性があります。
人が1日に摂取してよい量というのは、厳密にはわかっていませんが健康な方の場合でも、『一般的な食生活で食べる量』を超えないことが原則です。

石垣島で発見!謎のご当地スパイス

豆腐チャンプルーやチャーハンなどの風味づけに使われるなど、石垣島の家庭には欠かせないご当地スパイスを見つけました。それが、『ピパーチ』。地域によっては『ピパーツ』『ピイバチ』など呼び方はさまざまです。
琉球大学農学部の高橋誠さんによりますと、ピパーチはコショウの仲間。
タイやマレーシアなど東南アジアが主産地で、正式には『ヒハツモドキ』と言うそうです。
沖縄のヒハツモドキには、ピぺリンという辛み成分の含有量が多いというデータもあります。
ある論文で発表されているインド産こしょうに比べて2倍以上も含まれていました。
北里大学薬学部の小林義典さんによりますと、ピぺリンには末しょう血管を拡張させる効果があり、血行を良くすることで体を温める働きもあるとのことです。

ピパーチ

こしょうの使いこなし術

ベトナム流“万能たれ”

こしょうの生産量トップクラスなのがベトナム。そのベトナムには日常使いされているこしょうの万能だれがあるそうです。年に3回はベトナムを訪れると言うベトナム料理店の店主・足立由美子さんに教えていただきました。

【万能たれ“ムイ ティウ チャン”】

ムイが塩、ティウがこしょう、チャンはライムのようなかんきつ類のことです。
塩とこしょうを同量(1:1)混ぜ、ライムを適量しぼるだけで完成。
ベトナムの人々は、ゆで鶏やフライドポテトにつけてよく食べているそうです。

ムイ ティウ チャン

印刷用ページ

江戸時代の“こしょう使い”

江戸時代の貴重な料理書によりますと、当時は、うどんやにゅうめんの薬味としてこしょうがつきもので 豆腐料理にも多く使われていたそうです。
そこで、江戸時代から続く日本料理店の5代目・橋本亨さんにできるだけ記述に即して当時の料理を再現していただきました。

ふはふは豆腐

印刷用ページ

こしょうみそ

印刷用ページ

簡単手作り!“万能ブレンドスパイス”

スパイス料理家の日沼紀子さんのオススメが、あまりがちな『さんしょう』を活用した万能ブレンドスパイス。
作り方はとても簡単です。さんしょう・こしょう・シナモンを同量(1:1:1)混ぜるだけ。
食べる直前にひとつまみかけると野菜炒めやチャーハンが劇的に香り高くなります。
また、万能ブレンドスパイスをさらに使いこなす『万能ブレンドスパイスたれ』も提案。
キュウリやトマトにあえれば立派な一品に!
ギョーザにつければ一気に香り高くなり、まさに絶品です!

万能ブレンドスパイス

印刷用ページ

万能ブレンドスパイスたれ

印刷用ページ

ゲスト:渡辺満里奈さん、鈴木浩介さん
リポーター:佐々木彩アナウンサー