3月15日

バスで!列車で!アッキーがゆく“復興の地”2018 福島 浪江町・富岡町

東日本大震災から7年。毎年、被災地を訪問してきたアッキーこと篠山輝信さんが、ことしもバスや列車を乗り継いで岩手・宮城・福島の3県を回りました。
今回は、福島第一原発事故の被害を受けた福島県浪江町と富岡町を訪問。去年の春に一部地域の避難指示が解除された2つの町では、自宅に戻って再び生活を始めた人がいる一方、離れた土地から町に通い、ふるさとのために仕事を続けている人も多くいます。アッキーが出会った富岡町の消防団のメンバーたちは行政からパトロールの仕事を請け負い、まだ帰ることはできない帰還困難区域を含めた町内全域を回っています。
避難指示の解除をめぐって線が引かれた町で、今なお続く厳しい状況に向き合う人々の思いを見つめました。

リポーター:篠山輝信さん